トップ調べ方案内社会・労働・教育・スポーツ教育を調べる>教育に関する統計

教育に関する統計

教育に関する統計には、以下のようなものがあります。保健・体育・スポーツに関する統計は、保健・体育・スポーツに関する統計をご覧ください。
【 】内は当館請求記号です。請求記号が記載されていないものは、版によって請求記号が異なります。NDL-OPACでタイトルを入力して検索してください。

目次

1.公的統計
1-1. 基幹統計
1-2. その他の公的統計
2.民間統計
3. 海外の統計

 

1. 公的統計

国の機関や地方公共団体などが作成する統計のことを公的統計といいます。大規模な調査が多く、客観性・信頼性が高いことが特徴です。調査結果は、政府統計の総合窓口(e-Stat)外部サイトへのリンク文部科学省外部サイトへのリンク国立教育政策研究所外部サイトへのリンク、各地方公共団体等のホームページで公開されています。

教育に関する総合的な統計書には、以下のようなものがあります。

  • 『文部科学統計要覧』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(文部科学省 年刊)
    教育、科学技術、学術、スポーツ、文化に関する統計が掲載されています。巻末に諸外国の学校教育統計も掲載されています。文部科学省ホームページ内文部科学統計要覧・文部統計要覧外部サイトへのリンクに平成4年以降のデータが掲載されています。

1-1. 基幹統計

国の行政機関が作成する統計のうち、特に重要な統計は総務大臣によって「基幹統計」に指定されています。この基幹統計を中心として公的統計の体系的整備が図られています。
教育に関する基幹統計には、以下のようなものがあります。

  • 学校基本調査外部サイトへのリンク(文部科学省)
    概要:学校数、在学者数、教職員数、学校施設、学校経費、卒業後の進路状況などを調査しています。

    調査対象:学校教育法で規定されている学校,市町村教育委員会を対象とする全数調査です。

    調査頻度:昭和23(1948)年に調査が開始され、毎年実施しています。

    報告書:初等中等教育機関・専修学校・各種学校と高等教育機関の2つに分かれています。冊子体の報告書は、NDL-OPACで「学校基本調査」と「文部科学省」、「文部省」をキーワードにして検索することができます。
  • 学校教員統計調査外部サイトへのリンク(文部科学省)
    概要:学校の教員構成ならびに教員の個人属性,職務態様および異動状況などを明らかにするための調査です。学校調査(性別・年齢別・職名別の本務教員数)、教員個人調査(勤務年数区分別・職名別・学歴区分別・年齢区分別の教員構成等)、教員異動調査(採用・転入・離職の教員数等)から構成されています。

    調査対象: 幼稚園、小学校、中学校、高等学校、中等教育学校、特別支援学校、大学、高等専門学校、専修学校および各種学校の本務教員が対象です。

    調査頻度:昭和22(1947)年度から実施していた学校教員調査と昭和28(1953)年度から実施していた学校教員需給調査を昭和43(1968)年度に統合し、昭和46(1971)年度から学校教員統計調査として3年ごとに実施しています。

    報告書:冊子体の報告書は、NDL-OPACで「学校教員統計調査」と「文部科学省」、「文部省」をキーワードにして検索することができます。
  • 社会教育調査外部サイトへのリンク(文部科学省)
    概要:社会教育に関する基本的事項を明らかにすることを目的として、社会教育行政調査、公民館調査、図書館調査、博物館調査、青少年教育施設調査、女性教育施設調査などを行っています。

    調査対象:都道府県・市町村教育委員会、都道府県・市町村首長部局、公民館、図書館、博物館、博物館類似施設、青少年教育施設、女性教育施設、社会体育施設、民間体育施設、文化会館、生涯学習センターを対象とする全数調査です。

    調査頻度:昭和30(1955)年に調査を開始し、同年度以降3年から5年ごと、昭和50(1975)年度からは3年ごとに実施しています。

    報告書:冊子体の報告書は、NDL-OPACで「社会教育調査」と「文部科学省」、「文部省」をキーワードにして検索することができます。

1-2. その他の公的統計

基幹統計のほか、教育に関する公的統計には、以下のようなものがあります。調査結果は、政府統計の総合窓口(e-Stat)外部サイトへのリンク文部科学省外部サイトへのリンクのホームページで公開されています。

  • 全国学力・学習状況調査外部サイトへのリンク(文部科学省)
    概要:義務教育の機会均等とその水準の維持向上の観点から、全国的な児童生徒の学力や学習状況を把握・分析し、教育施策の成果と課題を検証し、その改善を図るための調査です。小学校第6学年と中学校第3学年を対象に、教科に関する調査(国語、算数・数学)と生活習慣や学校環境に関する質問紙調査を行っています。

    報告書:冊子体の報告書は、NDL-OPACで「全国学力・学習状況調査」と「文部科学省」、「文部省」をキーワードにして検索することができます。

 

2.民間統計

公的統計のほか、民間団体が作成する代表的な統計には、以下のようなものがあります。

  • 『戦後30年学校教育統計総覧』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(ぎょうせい 1980 【FB14-210】)
    戦後30年間の教育関係の統計をまとめています。全国編と都道府県別編に分かれており、学校数、在学者数、教職員数、進学率・就職率、学校教育費等に関する統計を掲載しています。
  • 『学校保健の動向』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(日本学校保健会 年刊 【Z7-B895】)(目次
    児童生徒の発育、感染症、栄養状態等の健康管理、メンタルヘルス、事故・災害のほか、教職員の健康管理、学校環境の衛生、健康教育等が扱われています。学校保健をめぐる動向や年表も掲載されています。
  • 『学校の管理下の災害』(日本スポーツ振興センター 年刊)
    負傷・疾病の概況と帳票から成る基本統計が掲載されています。日本スポーツ振興センターホームページ内学校安全WEB外部サイトへのリンクの「刊行物」のページに最新版とバックナンバーが掲載されています。
  • 『全国公私立高等学校海外修学旅行・海外研修 (修学旅行外) 実施状況調査報告』(全国修学旅行研究協会 年刊)
    全国修学旅行研究協会外部サイトへのリンクのホームページの「調査・研究活動」のページに掲載されています。(目次例:平成24年度

このほか、教育に関する民間統計には以下のようなものがあります

  • 『データで読む教育』(時事通信社 年刊)(目次例:2013-2014

 

3. 海外の統計

  • 『図表でみる教育 OECDインディケータ』(明石書店 年刊)(邦訳版)(目次例:2014
    経済協力開発機構(OECD)加盟国を中心に、教育状況に関する統計をまとめています。学歴分布、教育支出、教育機会、生徒数、標準授業時間数、卒業後の進路等の在学・進学・就業の状況、PISA(学習到達度調査)の結果、教員の給与、勤務時間等について、各国の統計が収録されています。英語版(Education at a Glance)は、文部科学省ホームページ内図表でみる教育(Education at a Glance)OECDインディケータ外部サイトへのリンクに掲載されています。
  • 統計情報(文部科学省)外部サイトへのリンク
    その他の統計データに、諸外国の教育統計、PISA(OECD生徒の学習到達度調査)に関する資料等が掲載されています。
  • 国立教育政策研究所外部サイトへのリンク
    OECDが実施する国際成人力調査(PIAAC)・学習到達度調査(PISA)・国際教員指導環境調査(TALIS)、IEA(国際教育到達度評価学会)が実施する国際数学・理科教育動向調査(TIMSS)等に関する資料が掲載されています。

 

関連する「調べ方案内」へのリンク

 

関連する「調べ方案内」へのリンク

  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡