「リサーチ・ナビ」に関するアンケートを実施しています。 皆さまのご意見をお聞かせください。アンケートに答える

環境について調べるための統計資料には以下のものがあります。【】内は当館請求記号です。請求記号が記載されていないものは、版によって請求記号が異なります。NDL-OPACでお調べください。

目次

1.環境全般
2.地球環境
3.廃棄物
4.大気
5.水・水質
6.化学物質
7.海外の環境統計

1.環境全般

  • 『環境年表. 第2冊(平成23・24年) 』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(丸善 2011 【E2-J198】)
    大気、水、廃棄物、有害化学物質、自然環境などに関する各種統計が掲載されています。国内だけでなく、地球全体や各国のデータなども掲載されています。巻末に索引が付いています。
  • 『地球温暖化統計データ集』(三冬社 不定期刊)
    官庁統計に加えて、企業や団体が行ったアンケート調査、意識調査等のデータも掲載されています。
  • 『環境自治体白書』(生活社 年刊 【Z71-P256】)
    年により、各自治体の指標(生活排水処理率、緑地化率等)実績やCO2発生量推計、節電量推計など、環境に関する全市区町村別データが掲載されています。
  • 環境GIS外部サイトへのリンク
    国立環境研究所が運営するサイトです。全国の大気、水質の状況に関する測定結果を、地図、グラフ、表等の形で入手できます。

2.地球環境


  • 各種データ・資料外部サイトへのリンク(気象庁)
    世界の気候や地球温暖化、オゾン層・紫外線、黄砂、酸性雨、南極基地の気象、ヒートアイランド現象などに関する数値が掲載されています。

3.廃棄物


  • 『廃棄物年鑑』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(環境産業新聞社 年刊 【Z41-1029】)
    環境関係団体の名簿が大半を占めている資料ですが、「統計資料篇」中に、一般廃棄物と産業廃棄物に関する統計などが掲載されています。
  • 一般廃棄物処理実態調査結果外部サイトへのリンク (環境省)
    ごみ処理量・状況の推移、資源化の状況、ごみ焼却施設の整備状況、し尿処理の状況、し尿処理施設の整備状況等、ごみ処理事業の推移、及びし尿処理事業の推移等についてまとめた報告書や全国の一般廃棄物(ごみ及びし尿)の排出及び処理状況等について調査し、その結果を取りまとめた報告書を掲載しています。
  • 産業廃棄物の排出及び処理状況等外部サイトへのリンク (環境省)
    産業廃棄物の総排出量、業種別排出量、種類別排出量、産業廃棄物の処理状況、及び最終処分場の残存容量等についてまとめた報告書を掲載しています。
  • 産業廃棄物の不法投棄の状況外部サイトへのリンク (環境省)
    全国の都道府県及び保健所設置市について、不法投棄の件数及び投棄量の推移、不法投棄の実行者、不法投棄廃棄物の種類、原状回復の状況をまとめた報告書を掲載しています。

4.大気


  • 『大気汚染状況報告書』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(環境省水・大気環境局 年刊 【Z74-C443】)
    一般環境大気測定局と自動車排出ガス測定局による測定結果を収録していて、第1部では全国値を、第2部では全国の各地点での値を掲載しています。主要大気汚染物質の現状を把握するための基礎資料となります。国立環境研究所HP内の環境数値データベース外部サイトへのリンクで結果が公開されています。また、環境省HP内の大気汚染状況外部サイトへのリンクで、二酸化窒素、浮遊粒子状物質等5種類の物質についての測定結果が掲載されています。
  • 大気汚染物質広域監視システム外部サイトへのリンク
    環境省が運営する、全国の大気汚染状況について、24時間、情報提供するサイトです。二酸化硫黄、一酸化窒素等の大気汚染物質の測定局ごと・一時間ごとの測定値を参照できます。
  • 『地方公共団体等における有害大気汚染物質モニタリング調査結果について』(環境省環境管理局大気環境課 年刊)
    環境基準が設定されている19の物質(ベンゼン、トリクロロエチレン等)について、環境基準値超過地点数、平均濃度、大気環境中濃度分布、濃度の推移等の調査を行い、結果をまとめた資料です。平成16年で廃刊となっています。
    環境省HP内の有害大気汚染物質モニタリング調査結果外部サイトへのリンクで最新の情報を見ることができます。

5.水・水質


  • 『日本河川水質年鑑』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(日本河川協会 年刊 【Z43-454】)
    全国の一級河川について、国土交通省が定期的に実施した水質調査の結果と、関連情報を掲載しています。第1章では全国の概況を、第2章では地方別の現況を、第3章では、1・2章の内容の数値データを資料編として掲載しています。
  • 水道水質データベース外部サイトへのリンク(日本水道協会)
    日本水道協会が、全国の水道事業者が行った原水・浄水の水質検査の結果を公開しています。平成20年度以降のデータが見られるようになっています。
  • 『全国公共用水域水質年鑑』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(富士総合研究所 年刊 【Z43-114】)
    各都道府県で公共用水域水質を測定した結果を集計・取りまとめた資料です。河川、湖沼、海域の計測地点別の調査結果を掲載しています。冊子体は2000年版で刊行を終了しましたが、その後は環境省ホームページ内公共用水域の水質測定結果外部サイトへのリンクに測定結果が掲載されています。
  • 『水質汚濁物質排出量総合調査:調査結果報告書』(環境省環境管理局水環境部 年刊)
    特定施設からの水質汚濁物質の排出量や処理状況について調査した結果をまとめた資料です。e-Stat(政府統計の総合窓口)外部サイトへのリンク で過去数年分の調査結果を見ることができます。
  • 『水浴場水質調査結果』(環境省環境管理局水環境部 年刊)
    遊泳人口がおおむね1万人以上の海水浴場、及び5千人以上の湖沼・河川の水浴場を対象として、大腸菌群数、油膜の有無、化学的酸素要求量(COD)、等に関して行った水質調査の結果をまとめたものです。環境省ホームページ内水浴場の水質調査結果外部サイトへのリンクにも掲載されています。
  • 『地下水質測定結果』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(環境省水・大気環境局 年刊 【Z16-2738】)
    1万本以上の井戸の水質に関して行われる調査の結果をまとめた資料です。環境省ホームページ内の地下水質測定結果外部サイトへのリンクにも掲載されています。

6.化学物質


  • PRTRインフォメーション広場 グラフでデータを見る外部サイトへのリンク
    PRTR とは、「環境汚染物質排出移動登録」の略称であり、有害性化学物質の排出に関する情報を公表することにより、社会全体で化学物質を管理することを目指した制度のことです。環境省が運営するこのサイトでは、PRTR制度により得られた化学物質の環境中への排出量などのデータを入手できます。
  • 『化学物質と環境』(環境省総合環境政策局環境保健部 年刊)
    一般環境中における化学物質の残留状況に関する調査の結果をまとめたものです。環境省ホームページ内化学物質と環境外部サイトへのリンクにも掲載されています。

7.海外の環境統計


  • UNEP year book(国連環境計画)
    国連環境計画(United Nations Environment Programme)が刊行する、地球環境の現状を調査しまとめた資料の、最新版を入手できます。環境統計に関する図表を多数収載しています。UNAPサイトの刊行物のページ外部サイトへのリンクに本文が掲載されています。
  • OECD Data 外部サイトへのリンク(OECD)
    OECDが公表する各種環境統計を入手することができます。
  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡