トップ調べ方案内経済・産業経済・金融>過去の貨幣価値を調べる(明治以降)

過去の貨幣価値を調べる(明治以降)


【目次】
1. 過去の貨幣価値について
2. 日本国内
2-1. 企業物価指数を用いた調べ方
2-2. 消費者物価指数を用いた調べ方
3. 外国

【本文】
1. 過去の貨幣価値について
「昔の○円は現在の何円に相当するのか」「昔の外国の貨幣は日本円でいくらになるのか」というような過去の貨幣価値を調べる資料をご紹介します。過去の貨幣の価値を現在に換算することは、当時との価値基準の違いなどにより難しく、正確な値を出すことはできません。ただし、ここでご紹介するような物価指数(ある年の物価の大きさを基準とし、それに対しての上昇・下落の比率をみる指標)などを参照することでおおよその値を出すことは可能です。つまり貨幣価値を物価水準に置き換えて比較するもので、現在の物価水準が過去の何倍になるかを計算し、それを昔の価格に乗じて現在の価格を算出します。

2. 日本国内
物価指数には各種ありますが、企業物価指数(卸売物価指数)と消費者物価指数が基本的かつ戦前あるいは戦後直後から継続して作成されています。企業物価指数(卸売物価指数)は企業同士で取引される卸売段階の商品価格を、消費者物価指数は小売段階の商品とサービスの価格を、それぞれ対象とします。なお、江戸期については貨幣制度などが異なるため、基準となるものの物価(米、工賃など)を調べ、そこから換算する方法が挙げられます。例えば1両で買える米の量を計算し、現在の米相場と比較するとおおよその値が算出できます。
(参考)「江戸時代の一両の現在価値はどのくらいですか?」外部サイトへのリンク「お金の歴史に関するFAQ」外部サイトへのリンク(日本銀行金融研究所貨幣博物館HP内))

2-1. 企業物価指数(卸売物価指数)による換算
「企業物価指数」は明治期から現在まで継続して日本銀行が作成しています。明治30(1900)年に「東京卸売物価指数」として始まり、「卸売物価指数」(昭和27年〜)、「企業物価指数」(平成12年〜)と改称されました。戦後・戦前の物価水準を一貫して比較できるようにするため、昭和9〜11年を基準時(昭和9〜11年平均=1)として換算された指数が「戦前基準企業物価指数」です。ただし、企業物価指数と異なり輸入品・輸出品も含まれています。戦前基準指数を用いた計算例は次のとおりです。

(例)大正5年の1,000円は現在の何円に相当するか?
698.4(平成18年の指数)÷0.756(大正5年の指数)=923.8倍
1,000円(大正5年)×923.8=92万3,800円(平成18年)

※「戦前基準企業物価指数」のおもな収載資料と対象期間は次のとおりです。

●『明治以降卸売物価指数統計』(日本銀行 1987 【DT792-E1】)
「総合卸売物価戦前基準指数 (1)月別総平均指数」(pp.24-25):明治20(1887)〜昭和61年
●『日本長期統計総覧』第4巻(日本統計協会 1988 【DT31-E1】)
「17-1 戦前基準総合卸売物価基準指数−総平均」(pp.330-333):明治33(1900)〜昭和60年
●『日本長期統計総覧』第4巻 新版(日本統計協会 2006 【YU7-H4814】)
「22-9 戦前基準国内企業物価指数」(pp.492-495):昭和21〜平成17年
●『完結昭和国勢総覧』第2巻(東洋経済新報社 1991 【DT31-E7】)
「13-1 総合卸売物価戦前基準指数(総平均、月別)」(p.473):大正15〜昭和63年
●『貨幣年表』(日本銀行金融研究局 1981 【D2-608】)
「明治以降物価推移」(pp.54-55)で明治元年〜昭和30年の卸売物価指数、米価、賃金を一覧できます。この卸売物価指数は昭和9〜11年平均=1として、朝日新聞社調の明治元年基準指数(明治1〜19年)、日本銀行調の明治20年1月基準指数(明治20〜30年)を戦前基準企業物価指数(明治34年〜)と一貫して比較できるよう換算したものです。なお、pp37-53に「米、金・銀・銭貨の相場推移」(対象は711〜1867年、単位は銀(匁)・銭(文))を収載しています。

2-2. 消費者物価指数による換算
戦後の物価水準は「消費者物価指数」でも調べることができます。この指数は昭和21年8月に内閣統計局(現総務省統計局)が開始しました。昭和23、26、30年およびそれ以降5年ごとに基準時を改正しています。ただし開始時から現在まで一貫して比較できる統計表が見当たらないため、比較する時期によっては2段階で換算する必要があります。東京都区部における「持ち家の帰属家賃を除く総合」の物価水準であれば、昭和22年から現在までを「戦前基準消費者物価(東京都区部)」(基準時は昭和9〜11年平均(=1))で一貫して比較できます。

(例)昭和25年の1,000円は現在のいくらに相当するか?
(1)消費者物価指数による換算
『消費者物価指数年報』(総務省統計局 年刊 【Z41-620】)による各年の指数:
・昭和60年版より 昭和25年=16.14  昭和60年=114.4
・平成19年版より 昭和60年=88.1  平成19年=100.3

114.4(昭和60年)÷16.14(昭和25年)=7.0倍
100.3(平成19年)÷88.1(昭和60年)=1.1倍
1.000円(昭和25年)×7.0×1.1=7,700円(平成19年)

(2)戦前基準消費者物価(東京都区部)による換算
1767.6(平成19年の指数)÷219.9(昭和25年の指数)=8.0倍
1,000円(昭和25年)×8.0=8,000円(平成19年)

※「消費者物価指数」「戦前基準消費者物価(東京都区部)」のおもな収載資料と対象期間は次のとおりです。
●『完結昭和国勢総覧』第2巻(東洋経済新報社 1991 【DT31-E7】)
「13-19 消費者物価指数(全国、月別)」(p.476):昭和21年8月〜昭和63年
●『日本長期統計総覧』第4巻(日本統計協会 1988 【DT31-E1】)
「17-10 消費者物価指数(全国、総合)」(pp.352-353):昭和21年8月〜昭和60年
「17-9 戦前基準消費者物価指数−東京都区部」:昭和22年〜60年
●『日本長期統計総覧』第4巻 新版(日本統計協会 2006 【YU7-H4814】)
「22-13 消費者物価指数(全国、中分類)」(pp.501-515):昭和30年〜平成17年(平成17年=100)
「戦前基準5大費目−東京都区部」(p.541):昭和22〜平成17年
●『消費者物価指数年報』(総務省統計局 年刊 【Z41-620】)
平成19年版では「主要指標」(p.30)に昭和45〜平成19年の消費者物価指数を、pp.66-457に「第23表 戦前基準5大費目指数(東京都区部)」を収載しています。

(参考)「教えて!にちぎん」(日本銀行HP内)外部サイトへのリンク「Q.昭和40年の1万円を、今のお金に換算するとどの位になりますか?」外部サイトへのリンクに換算方法と戦前基準指数が掲載されています。

3. 外国
過去の外国の貨幣価値を調べるには、以下のように3つのパターンで考えます。
(1)まず当時の貨幣が日本円でいくらに相当したかを調べる必要があります。それには為替レートで換算する方法が挙げられます。
(2)次に「現在の日本円で何円に相当するのか」については、上述2のように物価指数で換算します。
(3)適当な対日為替レートが見当たらない場合は他の貨幣レートを経由して換算します。

(例1)大正9(1920)年のフランスの1フランは現在の日本円のいくらに相当するのか?
(1)まず、当時のフランスの1フランが当時の日本円でいくらに相当したかを調べるために、当時の為替レートで換算します。
1920年における1円は6.32フラン(『明治以降本邦主要経済統計』(復刻版 並木書房 1999 【DT321-G3】)の「外国為替相場」(pp.121-323)より)なので、
1円÷6.32フラン=0.1582(円/1フラン当たり) となります。

なお、過去の為替レートの収載資料は過去の為替レートの調べ方を参照してください。

(2)次に現在の日本円で何円に相当するのかについては、戦前基準企業物価指数で換算します。
1920年の戦前基準企業物価指数による指数:大正9年=1.678  平成18年=698.4
698.4(平成18年)÷1.678(大正9年)=416.2倍
0.1582円(大正9年)×416.2=65.8円(平成18年) 

(例2)明治26年のロシアの1ルーブルは日本円のいくらに相当するのか?
(1)まず、当時のロシアの1ルーブルが当時の日本円でいくらに相当したかを調べるために、当時の為替レートで換算します。
『世界新図』(六盟館 明27 【YDM27109】)の「内外貨幣度量衡比較表」p.12(国立国会図書館デジタルコレクション)より、1ルーブル=700銭=7円

(2)次に現在の日本円で何円に相当するのかについては、戦前基準企業物価指数、「明治以降物価推移」で換算します。

明治26年の指数=0.319  平成18年の指数=698.4 
698.4(平成18年)÷0.319(明治2年)=2189.3倍
7円(明治26年)×2189.3=15,325円(平成18年)

(例3)1929年のイタリアリラは当時の日本円のいくらに相当するのか?
「(3)適当な対日為替レートが見当たらない場合」にあたるため、他の貨幣のレートを経由して換算します。
『世界統計年鑑』1952(東京教育研究所 1953 【350.9-Se122-KM】)の「為替レート」(pp.415-418)による為替レート:1リラ=5.238米セント  1円=46.06米セント
5.238÷46.06=0.11(円/1リラ当たり) 

★当館作成「テーマ別調べ方案内」関連コンテンツへのリンク
物価・貨幣価値の変遷を調べる(前近代)
物価に関する統計
過去の為替レートの調べ方

 

  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡