トップ調べ方案内経済・産業統計を調べる>統計の調べ方:基礎編

統計の調べ方:基礎編

人口の変動、ものの生産量や消費実態、労働者の賃金事情など、経済・社会を知るためには様々な数値のデータが必要です。市場分析や論文執筆の基礎となるこれらの数値は、統計を見ることで手に入れることができます。このページでは、基礎的な統計の探し方を紹介します。

目次

1. 統計の基本
1-1. 統計の種類
1-2. 統計使用の際の注意事項
1-3. インターネット上での公開
2. 統計の探し方
2-1. 総合統計から探す
2-2. e-Statから探す
2-3. 国立国会図書館作成のツールから探す
3. 国立国会図書館の所蔵を探す

 

1. 統計の基本

1-1. 統計の種類

国内の統計は実施する機関により、公的統計とそれ以外の統計とに大別できます。

  • 公的統計
    国の機関や地方公共団体などの公的機関が作成する統計のことを指します。大規模な調査が多く、信頼性が高いことが特徴です。調査実施機関の統計ページで公開されるほか、冊子体として刊行されるものもあります。 特に、国が基幹統計外部サイトへのリンクとして指定しているものは重要度が高い統計です。詳細は、総務省の統計制度外部サイトへのリンクのページおよび総務省統計局外部サイトへのリンクのページに掲載されています。
  • 公的統計以外の統計
    各種業界団体や民間調査会社などが行う統計調査には、公的機関が実施する統計では扱わない分野の調査や細かい調査項目が含まれていることがあります。実施機関のホームページや刊行する冊子、各調査会社が刊行するレポートなどで見ることができます。

1-2. 統計使用の際の注意事項

調査実施機関、調査目的、調査対象、調査期間などの沿革を確認し、目的にあった統計を選びます。それぞれの統計の特徴を把握した上で数値を利用することが重要です。 統計の沿革を読むと、その統計の前身の統計や関連する統計を知ることができ、調査を広げられます。

1-3. インターネット上での公開

現在、多くの統計がインターネット上で公開されており、図書館に来館しなくても簡単にデータを手に入れることができます。
国レベルの数値であれば、関連分野を統括する各府省などの統計ページで、都道府県・市区町村レベルの数値であれば、該当の地方公共団体の統計ページで、多くの統計が確認できます。
公的統計以外の統計も、関連する分野の業界団体のホームページなどにデータが公開されていることがあります。
探したい統計に関するキーワードと「統計」で、検索エンジンから統計や調査実施機関を探すこともできます。

 

2. 統計の探し方

自分が知りたい数値が掲載されている統計を探すには、以下の手順で調査を行うのが効率的です。冊子体の資料だけでなくインターネット上の情報源もあり、それぞれ特徴があります。一つの手順で見つからない統計も他の手順を用いると見つかることがありますので、色々な方法を試してみてください。

2-1. 総合統計から探す

様々な一次統計を編集して一つにまとめたものを総合統計と呼びます。主要な統計を系統的に一括して見ることができ、目次や索引から目的に合う統計を探します。自分が求める統計をどこから探してよいかわからない時には最初に確認するといいでしょう。それぞれの掲載統計には出典となる統計名が記されています。原典統計には、地域、品目などさらに詳細な情報が掲載されていることもあります。
代表的な総合統計に、総務省統計局刊行の日本統計年鑑外部サイトへのリンクがあります。ここでは日本の国土、人口、経済、社会、文化など様々な分野の公的統計・民間統計が掲載されています。索引もあり、関連するキーワードから統計を探すこともできます。
同じく総務省統計局が刊行する世界の統計外部サイトへのリンクには、世界各国の人口、経済、社会、環境などに関する統計が掲載されており、世界各国の数値を比較できます。
このほか、農林水産省統計表外部サイトへのリンクのように特定の分野を扱う総合統計、東京都統計年鑑外部サイトへのリンクのように対象地域を限定した総合統計があります。
具体的な総合統計名は、調べ方案内「総合統計」、「地域に関する統計」、「海外の統計」、経済・社会・教育分野内の「○○に関する統計」や産業情報ガイドで紹介しています。

2-2. e-Statから探す

  • 政府統計の総合窓口(e-Stat)外部サイトへのリンク
    e-Statは、総務省統計局による公的統計のポータルサイトです。これを使って各府省などが行う政府統計を関連キーワードや作成機関から検索・閲覧することができます。詳しい使い方はリサーチ・ナビ「統計の調べ方:応用編」で紹介しています。

2-3. 国立国会図書館作成のツールから探す

国立国会図書館が作成するツールから統計を探すこともできます。それぞれの詳しい使い方はリサーチ・ナビ「統計の調べ方:応用編」で紹介しています。

  • リサーチ・ナビ
    国立国会図書館が調べものに有用な情報源を紹介しています。「統計を調べる」、「産業情報ガイド」経済・社会・教育分野内の「○○に関する統計」などのコンテンツがあり、分野別に総合系資料、代表的な一次統計の他、統計が掲載された雑誌や専門新聞、インターネット情報源などを紹介しています。インターネット上で公開されている統計は、ここからアクセスできます。

 

3. 国立国会図書館の所蔵を探す

  • NDL-OPAC
    国立国会図書館に来館して統計を調査する場合は、NDL-OPACを使って所蔵を確認しましょう。上記の方法で調べた統計名や作成機関名をキーワードに入れて検索をしてください。詳しい使い方はリサーチ・ナビ「統計の調べ方:応用編」で紹介しています。

 

関連する「調べ方案内」へのリンク

  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡