トップ調べ方案内歴史・地理歴史>「宗家文書」について調べる

「宗家文書」について調べる

ここでは、江戸時代に朝鮮国との外交・貿易実務を担当していた対馬藩宗家の記録類(このページでは「宗家文書」と総称します)の概要を示します。
国立国会図書館では、この記録類の一部を所蔵しています。

文中の【 】内は、当館請求記号です。

目次

1. 宗家の記録類
2. 当館所蔵の「宗家文書」
3. 当館以外の機関所蔵の「宗家文書」

 

1. 宗家の記録類

全体で十数万点あるとされ、主に(1)対馬藩庁(府中=現在の長崎県対馬市巌原)、(2)倭館(朝鮮国にあった使者の応接・貿易・外交交渉を行う日本人居留地域、朝鮮国釜山)、(3)江戸藩邸の3か所で保管されていました。現在は当館のほか、長崎県立対馬歴史民俗資料館、九州国立博物館、東京大学史料編纂所、慶應義塾図書館、東京国立博物館、大韓民国国史編纂委員会で所蔵しています。
それぞれの文書群の特徴と現在の所蔵場所の概要は次の通りです。

[1]対馬藩庁

内容 大部分は対馬の領内治世に関するもの。その他江戸・朝鮮への連絡通達や各地で作られた書類の写し。
所蔵先の変遷 宗家の菩提寺萬松院の宗家文庫、朝鮮総督府など
現在の所蔵機関 長崎県立対馬歴史民俗資料館(約8万点)、韓国国史編纂委員会(約2万8000点)、九州国立博物館(約1万4000点)

[2]倭館

内容 対朝鮮外交文書、貿易関係書類。
所蔵先の変遷 明治6年(1873)外務省記録課 → 明治27年(1894)東京図書館、一部萬松院の宗家文庫に移されたものもあり
現在の所蔵機関 国立国会図書館(約1,600点 [3]江戸藩邸由来分と合わせた数)

[3]江戸藩邸

内容 幕府や諸大名との関係記録及び朝鮮通信使関係記録。
所蔵先の変遷 南葵文庫、慶応義塾大学、朝鮮総督府など
現在の所蔵機関 東京大学史料編纂所(約3000点)、慶應義塾大学三田メディアセンター(約1000点)、東京国立博物館(約160点)、国立国会図書館([2]を参照)

 

2. 当館所蔵の「宗家文書」

当館では1,593点を所蔵しています。これらの資料は平成19年6月に重要文化財に指定されました(重要文化財としての指定名称は『対馬宗家倭館関係資料』)。
詳しくは、調べ方案内「国立国会図書館所蔵「宗家文書」」をご覧ください。

 

3. 当館以外の機関所蔵の「宗家文書」

当館以外の機関が所蔵する「宗家文書」については、以下の目録があります。

●長崎県立対馬歴史民俗資料館

●大韓民国国史編纂委員会

●九州国立博物館

●東京大学史料編纂所

●慶応義塾大学

●東京国立博物館

 

参考

  • 『対馬宗家文庫史料 絵図類等目録』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(長崎県立対馬歴史民俗資料館 編 長崎県教育委員会 2012 【GB5-J144】)
    人文総合情報室、関西館書庫
    pp.307-315 田代和生「総説 対馬宗家文庫の調査を振り返って」
    ※宗家文書の概要について、所蔵機関の変遷図を示して説明されています。
  • 「重要文化財指定資料紹介 『宗家文書』(『対馬宗家倭館関係資料』)」
    『国立国会図書館月報』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク (559) 2007.10 pp.6-7 【Z21-
  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡