トップ調べ方案内科学技術・医学医学・薬学・心理学薬学>漢方薬、生薬について調べる

漢方薬、生薬について調べる

漢方薬、生薬について調べるための資料には以下のようなものがあります。
【 】内は当館請求記号です。

目次

1. 漢方薬に関する参考図書
2. 生薬に関する参考図書
3. 副作用被害に関する参考図書
4. 国立国会図書館オンラインで検索するには
5. インターネット情報源

1. 漢方薬に関する参考図書

  • 『JAPIC漢方医薬品集. 2014』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク (日本医薬情報センター 2014.1 【SD2-L30】)
    医療用漢方製剤(148処方)および一般用漢方製剤(294処方およびその他の漢方製剤)についての情報をまとめた資料です。巻末には効能効果対応標準病名一覧、製薬会社住所録、五十音索引、製品番号索引があります。
  • 『新一般用漢方処方の手引き』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク (じほう 2013.9 【SD131-L12】)
    一般用漢方として厚生労働省に承認されている294処方についての情報をまとめた資料です。巻末に索引があり、主要な効能・効果から検索ができます。
  • 『漢方処方大成』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク (自然社 1988.4 【SD131-E34】)
    漢方薬の処方の解説書であり、約4,500種の処方を収録しています。巻頭には総画索引が、巻末には附録として出典の一覧および漢方薬物別名一覧があります。

 

2. 生薬に関する参考図書

  • 『生薬大事典 : 歴代日本薬局方収載』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク (ガイアブックス 2015.4 【SD2-L74】)
    歴代日本薬局方(1886年の初版から2014年の第16改正版第2追補まで)に収載された約300種の生薬についてまとめた資料です。付録として、収載されている歴代日本薬局方・国民医薬品集を表にまとめた生薬・漢方処方エキス剤一覧、画数順・漢名(万葉仮名)読みがな一覧、欧文(学名)索引、和文索引などがあります。
  • 『漢方のくすりの事典 : 生ぐすり・ハーブ・民間薬 : カラー版』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク (第2版 医歯薬出版 2011.6 【SD2-J107】) (目次)
    漢方薬、家庭薬などに配合されている生薬(植物性生薬、動物性生薬、鉱物性生薬)約780種類について解説した資料です。巻末には薬剤名から基原・効能などが調べられる一覧の他、効能用語解説、生薬英名対照リスト、主要参考文献、生薬名索引、事項索引、和名索引などがあります。
  • 『生薬写真集』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク (アルプス薬品工業 1997.11 【SD121-G42】)
    166種の生薬(937検体)およびそれらの基源である植物、約160種の写真を掲載した資料です。また、主要な約30種の生薬について、液体クロマトグラフィー(HPLC)によるクロマトグラムのデータを収録しています。巻末に生薬、植物、成分索引(和文)があります。
  • 『中国本草図録』 (中央公論社 1992.11-1993.12 【SD2-E50】) (目次:第1巻 第2巻 第3巻 第4巻 第5巻 第6巻 第7巻 第8巻 第9巻 第10巻
    植物、動物、鉱物由来の中国生薬、約5,000種を収載した、全10巻と別巻1巻から成る資料です。各生薬のカラー写真を掲載しています。各巻末にその巻の学名索引があります。また、別巻は総索引となっており、生薬漢名・基原中国名索引(五十音引きおよび画引き)、基原学名索引、基原植物和名索引、基原動物和名索引、鉱物生薬索引があります。
  • 『中薬大辞典』 (小学館 1990.6 【SD2-E25】)
    中薬とは中国の伝統医学(中医学)で用いる生薬のことを意味します。本書は、植物薬4,773点、動物薬740点、鉱物薬82点、古くから単独で薬として用いられてきた加工製造品172点の計5,767点の中薬に関する情報を掲載した、全5巻(本編4巻と別巻1巻)の資料です。「原植物」についてはイラストも掲載しています。別巻は索引となっており、総画索引、薬用植物・動物・鉱物学名索引、薬用植物・動物和名索引、化学成分索引、薬理作用索引、病名索引で構成されています。この他、参考文献一覧があります。
  • 『原色中国本草図鑑』 (雄渾社 1982-1986 【SD2-55】)
    生薬の基源となる植物(一部、動物を含む)について、約1,600点の手描き原色図を収録した、全9巻(本編8巻と総索引1巻)の資料です。薬用となる箇所については、拡大図も描かれています。各巻末に、中国名索引(筆画順)、日本名および日本読み索引、学名索引(アルファベット順)があります。また、総索引には同様の索引をすべて収録するほか、正誤表も掲載しています。
  • "The cross name index to medicinal plants"国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(CRC Press c1996-c1999 【SD2-A35】)
    世界の薬用植物について3万件に及ぶ一般名(common names)と学術名(Latin scientific names)の相互索引です。学術名は4,000件以上に達します。一般名の起源採取国は41か国、対象言語は日本語も含め26言語です。アフリカ・フィリピンについては方言も採取対象としています(ex.Africa:Zulu,Swahili等)。第4巻は、インド医学(アーユルヴェーダ)に限定して1,935種の植物、1万2600件の一般名を取り扱っています。

 

3. 副作用被害に関する参考図書

  • 『健康食品・中毒百科』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク (丸善 2007.1 【PC25-H159】) (目次
    痩せ薬、健康食品、漢方薬・生薬が原因の健康被害についてまとめた資料です。巻頭に五十音順とアルファベット順の索引があります。

 

4. 国立国会図書館オンラインで検索するには

ここに紹介する以外の資料は、国立国会図書館オンラインで検索できます。タイトルや編者・出版者名に含まれるキーワードから探してください。
科学技術振興機構が提供するJ-GLOBAL外部サイトへのリンクにて別名や同義語を調べ、キーワードを広げることも有用です。

ここでは、国立国会図書館分類表(NDLC)による分類や国立国会図書館件名標目表(NDLSH)による件名から検索する代表的な方法を紹介します。

  • 分類
    下記のような分類記号に、キーワードとして「漢方」、「生薬」などを掛け合わせて検索します。
     漢方医学 SC851
     生薬学・薬用動植物学 SD121
     家庭薬・民間薬 SD131
  • 件名
    「漢方薬」、「薬用植物」、「漢方医学」などが普通件名として挙げられます。

    また、Web NDL Authorities(国立国会図書館典拠データ検索・提供サービス)の分類記号検索において「NDLC」を選択し、「SC851」や「SD121」などで検索すると、漢方薬や生薬に関連するそのほかの普通件名を探すことができます。

 

5. インターネット情報源

 

関連する「調べ方案内」

  • 国立国会図書館
  • 国立国会図書館オンライン
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡
  • 参考書誌研究