トップ調べ方案内科学技術・医学自然科学地球科学・地学>地震について調べる

地震について調べる

地震について調べるための資料には、以下のようなものがあります。
【 】内は当館請求記号です。請求記号が記載されていないものは、版や巻号によって請求記号が異なります。NDL-OPACでタイトルを入力して検索してください。
(目次)は当館作成目次データベースへのリンクです。

目次

1. 参考図書
2. インターネット情報源

 

1. 参考図書

  • 『地震の事典』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(第2版 朝倉書店 2001.7 【ME2-G25】)(目次)
    地震に関する基礎知識のほか、観測方法、発生機構、予測・予知なども解説しています。付録として、外国と日本におけるおもな地震の記録をまとめた表を掲載しています。巻末に索引があります。
  • 『自然災害と防災の事典』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(丸善出版 2011.12 【M2-J58】)(目次)
    地震・火山災害、地盤・土砂災害、気象・水災害、火災・環境災害(原子力災害や原油流出など)・複合災害(地震による津波の発生や林野火災による煙害など)について、発生のメカニズムや過去の被害例、防止対策などを解説しています。また、国の防災・減災対策、都市・社会の防災などの情報をまとめています。付録として日本および世界の災害史年表、防災便利帳を掲載しており、巻末には索引があります。
  • 『地震防災の事典』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(朝倉書店 2000.9 【EG77-G655】)(目次)
    火災や津波などの地震災害の概要、都市の震災対策、地震災害の軽減策などの地震防災に関する情報をまとめています。付録として、「被害の観点からみた日本有史以来の破壊的大地震と明治以降の大地震一覧」などを掲載しています。巻末に索引があります。
  • 『地震活動総説』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(東京大学出版会 1999.12 【ME71-G83】)(目次)
    震源、震度、余震、地震予知などの地震活動に関する情報をまとめています。また、過去に日本で発生した地震について、震央の緯度・経度、マグニチュード、死傷者数、被害の程度、津波の記録、震源地などを掲載しています。巻末に人名索引と事項索引があります。
  • 『地震・火山の事典』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(東京堂出版 1993.9 【ME2-E16】)
    地震と火山に関する用語を解説しています。付録として、各種の震度階級をまとめた表や日本と世界で発生した地震災害の記録一覧、火山災害と噴火の記録一覧などを掲載しています。巻末に索引があります。
  • 『火山の事典』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(第2版 朝倉書店 2008.6 【ME2-J5】)(目次)
    火山活動、噴火現象、火山観測、防災対応などの火山に関する情報をまとめています。また、付録として日本と海外のおもな火山活動を解説しているほか、過去の噴火災害の記録を火山別にまとめた表などを掲載しています。巻末に索引があります。
  • 『津波の事典』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(朝倉書店 2007.11 【ME75-J3】)
    過去の地震によって生じた津波被害の記録、津波発生のメカニズム、津波の被害の概要、津波の予測方法や対策などを解説しています。付表として、日本およびその周辺で発生した主要な津波の一覧、海外の沿岸で発生し日本およびその周辺の沿岸に影響を与えた津波の一覧があります。巻末に津波・地震等索引と事項索引があります。
  • 『地震調査委員会報告集』(地震調査研究推進本部地震調査委員会)
    平成7(1995)年8月以降、地震調査研究推進本部地震調査委員会は毎月(顕著な地震活動があった場合には臨時に)、地震活動の現状を評価、公表しています。この資料は評価結果の報告書を1年ごとにまとめたものです。なお、評価結果の報告書は地震調査研究推進本部のホームページ外部サイトへのリンクで公開されています(http://www.jishin.go.jp/evaluation/seismicity_monthly/)。
  • 『全国地震動予測地図 : 地図を見て私の街の揺れを知る』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(地震調査研究推進本部地震調査委員会 2010.3 【YU7-J1993】)
    「全国地震動予測地図」は、地震が発生した際に揺れに見舞われる確率やその強さを地図上に示したものです。ある特定の地震が発生した際の各地点の揺れをまとめた「震源断層を特定した地震動予測地図」、起こりうるすべての地震について、各地点がどれくらいの確率でどれくらい揺れるかをまとめた「確率論的地震動予測地図」の2種類があります。この資料は平成21(2009)年7月に公表された「全国地震動予測地図」を冊子体とCD-ROMに収録しています。なお、「全国地震動予測地図」は地震調査研究推進本部のホームページ外部サイトへのリンクで公開されています(http://www.jishin.go.jp/evaluation/seismic_hazard_map/shm_report/)。
  • 『日本の地震地図 : 南海トラフ・首都直下地震対応版』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(東京書籍 2014.8 【ME75-L37】)
    南海トラフ地震および首都直下地震の概要や各地の被害予想などを解説しています。また、北海道、東北・新潟、関東・伊豆、東海・中部・北陸、近畿、中国・四国、九州・沖縄の各地域について、地震活動の概要、存在する活断層、過去の地震被害の特徴、過去に発生したおもな地震、地震予測などに関する情報などをまとめています。
  • 『日本の地震活動 : 被害地震から見た地域別の特徴』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(第2版 地震予知総合研究振興会地震調査研究センター 2009.3 【ME75-J33】)
    北海道、東北、関東、中部、近畿、中国・四国、九州・沖縄の各地方の地震活動の特徴や過去に発生した地震の被害などを解説しています。また都道府県別に、現在までの地震活動の記録と将来的に影響を与えうる地震の予測をまとめています。なお、この資料は地震調査研究推進本部のホームページ外部サイトへのリンクで公開されています(http://www.jishin.go.jp/resource/seismicity_japan/)。
  • 『被害地震と活断層の都道府県別一覧』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(損害保険料率算定会 1999.8 【ME75-G98】)
    都道府県別に、主要な被害地震の震央や規模をプロットした地図、主要な内陸の被害地震の情報(発生年月日、震央の位置、規模、地震名・震央地域など)をまとめた表、主要な活断層をプロットした地図とその情報(断層の長さ、規模、平均活動間隔、最新活動期と地震規模など)をまとめた表を掲載しています。
  • 『日本の地震断層パラメター・ハンドブック』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(鹿島出版会 1989.3 【ME75-E8】)
    「断層パラメター」(断層の長さ、幅、食い違い量などの値)について扱っています。断層パラメターの概説および総論ののち、明応7(1498)年から昭和62(1987)年までに日本で発生したおもな地震について、断層パラメターの数値やその決定手順、断層モデルの平面図と見取り図などを掲載しています。巻末に参考文献リストがあります。
  • 『新編日本の活断層 : 分布図と資料』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(東京大学出版会 1991.3 【YQ19-423】)(目次)
    日本とその周辺海底に存在する活断層の分布を地図上にプロットし、その特徴や性質などを解説しています。一部の活断層については、空中写真や現地調査の記録写真(海底の活断層については音波探査記録)を掲載しています。

 

2. インターネット情報源

  • 地震本部 政府 地震調査研究推進本部外部サイトへのリンク(http://www.jishin.go.jp/)
    地震調査研究推進本部は地震に関する調査研究を一元的に推進し、その成果を公表しています。
    「地震・津波の知識」外部サイトへのリンクのページでは、地震・津波に関する基礎知識をまとめたパンフレットや用語集などを提供しています。
    「地震に関する評価」外部サイトへのリンクのページでは、地震、活断層、津波などに関する評価、予測結果を公表しています。
    「データベース」外部サイトへのリンクのページでは、事業報告書や関係機関が提供している地震に関するデータベースへのリンクなどを掲載しています。
  • 防災情報のページ外部サイトへのリンク(内閣府)(http://www.bousai.go.jp/)
    「地震・津波対策」外部サイトへのリンクのページにて日本の地震対策の概要を解説しているほか、東海地震、南海トラフ地震、首都直下地震などの将来的な発生が予想される地震の防災対策をまとめています。
  • 国土地理院外部サイトへのリンク(http://www.gsi.go.jp/)
    「防災関連」外部サイトへのリンクのページにて、国土地理院が携わる防災業務を紹介しています。また、過去に国内で発生した地震に対する国土地理院の対応を解説しており、観測データや現地調査の調査結果などを公開しています。
  • 気象庁外部サイトへのリンク(http://www.jma.go.jp/)
    地震、津波、火山などの各種災害に関する情報を提供しています。
    「防災情報」外部サイトへのリンクのページでは、最新の地震情報や噴火警報・予報などを公開しています。
    「各種データ・資料」外部サイトへのリンクのページでは、地震の震源リスト、過去の国内外の地震の解析結果などをまとめています。
    「知識・解説」外部サイトへのリンクのページでは、地震発生の仕組みや将来的な発生が予想される東海地震に関する情報などをまとめています。
  • 防災地震Web外部サイトへのリンク(防災科学技術研究所)(http://www.seis.bosai.go.jp/)
    国立研究開発法人 防災科学技術研究所外部サイトへのリンク(http://www.bosai.go.jp/)が観測した、最新24時間以内に日本国内で発生した地震の震源地を地図上にプロットし公開しています。また、日本列島の揺れの様子をリアルタイムで知ることができます。
  • 活断層データベース外部サイトへのリンク(産業技術総合研究所)(https://gbank.gsj.jp/activefault/index_gmap.html)
    日本全国の長さ10km以上の活断層のデータを収録しています。また、活断層に関する文献を検索することができます。

 

関連する「調べ方案内」

  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡