トップ調べ方案内科学技術・医学技術・工学情報・通信・電子工学>電子部品・半導体技術に関する主要専門雑誌

電子部品・半導体技術に関する主要専門雑誌

電子部品・半導体に関する主要専門雑誌には、以下のようなものがあります。
【 】内は当館請求記号です。請求記号が記載されていないものは、版によって請求記号が異なります。国立国会図書館オンラインでタイトルからお調べください。

 

  • 『Electronic journal』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク (電子ジャーナル 1994-2015 月刊 【Z16-B188】)
    エレクトロニクス分野の技術、装置、材料、産業情報などを扱った月刊誌です。半導体やFPD(フラットパネルディスプレイ)の情報を扱うことが多く、技術情報やマーケティング情報などの特集記事や連載記事、メーカートップへのインタビューなどを掲載しています。なお、この雑誌は2015年3月号をもって刊行終了となっています。
    出版者のホームページでは、2001年1月号から2015年3月までの目次外部サイトへのリンクを見ることができます(http://www.electronicjournal.co.jp/ej/)。
  • 『Semiconductor FPD world』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク (プレスジャーナル 2000-2010 月刊 【Z16-1239】)
    半導体・FPDに関する総合情報誌です。システム、デバイス、製造装置・材料などの技術情報や、企業の事業戦略や市場データなどの産業情報を特集記事にして掲載しています。特集記事は、主に「Special Issue」と「Equipment & Material Focus」から成り、「Special Issue」の例には、「半導体・FPDの今の主要メーカーの戦略」(2007.6月号)や「拡大する太陽電池市場 激化する競争の裏側」などがあり、「Equipment & Materials Focus」の例としては、「転換期を迎えるリソグラフィ技術」(2007.4月号)などがあげられます。なお、この雑誌は2010年3月号をもって刊行終了となっています。
  • 『Material stage』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク (技術情報協会 2001- 月刊  【Z74-C308】)
    材料科学の専門誌です。対象とする材料は、エレクトロニクス材料に限定されませんが、半導体が取り上げられる機会も多くなっています。毎号、2~4件の特集記事と技術トピックなどで構成されます。特集記事の例としては、「大容量次世代光記録材料」(2007.2月号)、「エレクトロニクス機器関連法規制」(2006.12月号)などがあり、技術トピックの例としては、「歪みに弱い超伝導線材の繰り返し曲げによる特性向上」(2007.4月号)、「ダイヤモンドによる高効率紫外線発光ダイオード」(2007.2月号)などがあります。
    技術情報協会外部サイトへのリンク(http://www.gijutu.co.jp/)のMATERIAL STAGEのページ外部サイトへのリンク(http://www.gijutu.co.jp/doc/magazine_material%20stage.htm)では、バックナンバーの目次を見ることができます。
  • 『日経ナノビジネス』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク (日本経済新聞社 2004-2006 半月刊 【Z74-E294】)
    ナノテクノロジービジネスの専門情報誌です。R&D(研究・開発)情報からビジネス情報までを扱っています。「R&Dトピックス」や「リサーチフラッシュ」のコーナーで主に技術情報を掲載しています。なお、この雑誌は、2006年末をもって休刊となっています。
  • 『日経エレクトロニクス』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク (日経BP社 1971- 隔週刊 【Z16-751】)
    電子・情報・通信などエレクトロニクス分野の技術情報を扱う専門誌です。開発・設計者をターゲットにしています。
  • 『Nikkei microdevices』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク (日経BP社 2003-2010 月刊 【Z14-1088】)
    マイクロデバイスを扱った専門誌です。特にその中核をなす半導体技術、MEMS(Micro Electro Mechanical Systems)、FPD(Flat Display Panel)に関する記事が豊富です。技術情報に加え、産業動向、ビジネス動向についても記載されています。なお、この雑誌は、2010年1月号をもって休刊となっています。
  • 『工業材料』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク (日刊工業新聞社 月刊 【Z14-121】)
    工業材料としての高分子、無機、金属およびそれらの複合材料に関する専門誌です。市場動向などの狭い意味でのビジネス情報はあまり掲載されておらず、技術そのものや技術動向の解説が中心となっています。エレクトロニクス材料以外の材料に関する情報も含まれています。
    出版者のホームページでは、バックナンバーの目次外部サイトへのリンクを見ることができます(http://pub.nikkan.co.jp/magazine_series/detail/0006)。
  • 『機能材料』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク (シーエムシー出版 1981- 月刊 【Z14-909】)
    工業材料の研究・開発に携わる人を対象とした新素材・新材料技術に関する専門誌です。エレクトロニクス材料以外に、高分子材料、金属材料、複合材料を対象としています。技術そのものや技術動向に関する記事がほとんどですが、一部、市場動向などの記事も含まれています。
    出版者のホームページでは、バックナンバーの目次外部サイトへのリンクを見ることができます(https://www.cmcbooks.co.jp/user_data/index_magazine.php#fm)。
  • 『電子材料』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク (工業調査会 1962-2010 月刊 【Z16-225】)
    半導体デバイス、部品、材料、実装技術に関する専門誌です。市場動向等のビジネス情報に関する記事は少なく、技術・材料・装置に関する記事がほとんどです。装置に関する記事が豊富なのが特徴のようです。なお、年1回別冊として刊行される『超LSI製造・試験装置ガイドブック』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(工業調査会 1982年版-2010年版 【Z74-E698】)は、半導体製造・試験装置を中心に、最先端技術や周辺設備・機器、関連製品などを重点的に解説した資料です。
  • 『テクノロジーマネジメント : 技術経営』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク (フュージョンアンドイノベーション 2004-2008 隔月刊 【Z71-N75】)
    知的財産権など技術情報の積極的活用により企業、研究機関、大学の価値を高めていくテクノロジーマネージメントの考え方に立脚した専門誌です。毎号、「R&D戦略」として1企業を取り上げ、技術情報を生かす試みを解説しています。取り上げる企業は、エレクトロニクス産業に該当する企業だけではありませんが、他の連載記事や講座記事でもエレクトロニクス分野の情報が扱われています。なお、この雑誌は、2008年8月号をもって刊行終了となっています。
  • 『科学技術動向 = Science & technology trends』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク (文部科学省科学技術政策研究所科学技術動向研究センター 2001-[2015] 月刊 【Z74-C649】)
    平成13年1月に内閣府総合科学技術会議が設置された際に、総合科学技術会議や文部科学省の政策立案に資する情報を提供するための機関として設けられた科学技術政策研究所科学技術動向研究センターが刊行する月刊誌です。国内の産学官の研究者を専門調査員に委嘱して、注目すべき研究成果や動向に関する情報を収集し、センター独自の研究・調査結果を加えて雑誌の形にまとめています。「科学技術動向」と「トピックス」から成り、トピックスでは国の第3期科学技術基本計画外部サイトへのリンク(http://www8.cao.go.jp/cstp/kihonkeikaku/kihon3.html)に示される重点推進四分野及び推進四分野にあげられているライフサイエンス、情報通信、ナノテク・材料、環境、エネルギーなどの各分野の情報を掲載しています。なお、この雑誌は、2015年7/8月号をもって刊行終了となっています。
    本書は、科学技術・学術政策研究所外部サイトへのリンク(http://www.nistep.go.jp/)のホームページで全文外部サイトへのリンクが閲覧できます(http://data.nistep.go.jp/dspace/handle/11035/1203)。
  • 『学術月報』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク (日本学術振興会 1948-2008 月刊 【Z21-50】)
    我が国の学術施策、研究の動向や最新研究成果を特集として取り上げるほか、諸外国の学術事情や日本学術振興会、文部科学省などのニュースを掲載した、1948年創刊の長い歴史を持つ月刊誌です。電子部品・半導体技術に関する記事が掲載されている場合があります。なお、この雑誌は2008年3月号をもって刊行終了となっています。

 

関連する「調べ方案内」

  • 国立国会図書館
  • 国立国会図書館オンライン
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡
  • 参考書誌研究