トップ調べ方案内歴史・地理地図日本の地図>植生図

植生図

植生図は、植物群落の分布を地図上に示したもので、主題図の一種です。環境省の「自然環境保全基礎調査」の成果物として発行された植生図が代表的なものです。

目次

1. 国立国会図書館の所蔵
1-1. 1:200,000現存植生図・1:200,000植生自然度図
1-2. 1:50,000現存植生図
1-3. 1:50,000植生改変図
1-4. 1:25,000現存植生図
1-5. その他
2. 資料の利用方法
3. 関連サイト

 

1.国立国会図書館の所蔵

1-1. 1:200,000現存植生図・1:200,000植生自然度図

第1回植生調査(1973年度)で、都道府県毎に作成されました。(各53面)。
東京本館地図室では、各53面すべてを所蔵しています。

1:200,000植生自然度図は、環境省が運営するサイト「生物多様性情報システム」でデジタル化された地図の画像(白黒)を閲覧することができます。

1-2. 1:50,000現存植生図

第2回・第3回植生調査(1978-1987年度)で、全1,293面が作成されました。
国土全体をカバーしています。 東京本館地図室でほとんどを所蔵しています。

環境省が運営するサイト「生物多様性情報システム」でデジタル化された地図の画像を閲覧することができます。

1-3. 1:50,000植生改変図

第4回・第5回植生調査(1989-1998年度)で作成されました。各回の経年変化を効率的に把握するため、現存植生図のうち、植生が変化した部分を修正したものです。全1,293面が作成され、国土全体をカバーしています。東京本館地図室でそのほとんどを所蔵していますが、うち1270面は青写真(青焼)で色は判別できません。

1-4. 1:25,000現存植生図

2000年度以降作成されている全国を対象とする植生図で、完成すると4,342面になります。そのうち、現時点では全国の約4割が作成されています。この植生図は、刊行や販売はされていないため、東京本館地図室でも所蔵はありません。

環境省が運営するサイト「生物多様性情報システム」でデジタル化された地図の画像を閲覧することができます。

1-5. その他

その他に、地方公共団体等から発行された植生図もあります。
なお、図書や雑誌の付図として整理されている場合がありますが、これらを網羅的に検索する方法はありません。

【例】
『日本の植生: 第4回自然環境保全基礎調査植生調査報告書(全国版)』 1997 【RA255-G67国立国会図書館の所蔵情報へのリンク】(東京本館所蔵)
『植生調査報告書. 自然環境保全基礎調査. 第4回 全国版』1994 【RA255-206国立国会図書館の所蔵情報へのリンク】(東京本館所蔵)

この2冊には、付図が各2枚(「1:2,500,000現存植生図(平成6年)」と「1:2,500,000植生自然度図(平成6年)」)がついています。

 

2. 資料の利用方法

NDL-OPAC詳細検索画面国立国会図書館の所蔵情報へのリンクで所蔵場所のプルダウンから「東京:地図室」を選択し、以下のとおり検索してください。

  • 1:200,000図の場合、「タイトル」欄に都道府県名、「請求記号」欄に「YG3-Z*」を入力して検索する。
  • 1:50,000図の場合、「タイトル」欄に国土地理院発行の1:50,000地形図の図名、「請求記号」欄に「YG3-Z*」を入力して検索してください。
    (図名については国土地理院HPの図歴リスト外部サイトへのリンクを参照してください)

【例】「タイトル」欄: 「東京西南部」、「請求記号」欄:「YG3-Z*」

  • 調査報告書(解説書)については、「タイトル」欄に「植生調査報告書」や「自然環境保全基礎調査報告書」などを入力して検索する。

 

3. 関連サイト

  • 生物多様性情報システム外部サイトへのリンク(環境省自然環境局生物多様性センター)(http://www.biodic.go.jp/J-IBIS.html)
    「自然環境調査」の「植生図」>「植生調査」をクリックすると、「1:50,000現存植生図」や「1:25,000現存植生図」等の地図画像を閲覧することができます。
  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡