トップ調べ方案内科学技術関係資料 >UL規格

UL規格

(目次)
UL規格とは
UL規格の規格番号
国立国会図書館における所蔵範囲
所蔵資料の検索方法
国立国会図書館での利用
国立国会図書館以外での閲覧/入手手段

UL規格とは

UL規格は、製品の安全性に関する歴史ある規格で、非営利の民間団体である米国保険業者安全試験所(Underwriters Laboratories: UL)によって策定されています。ULは世界各地に試験所・事務所があり、電気分野を中心に、工業、商業、防火、医療、環境などの幅広い分野で、安全規格の開発や、製品試験・認証に関する活動などを行っています。
UL規格の多くは米国規格協会(ANSI)により国家規格(ANSI/UL規格)として認められているほか、州によってはULの認証を義務付けている場合もあります。特に米国内の電気製品については、大多数の製品がUL規格の認証を取得しており、電気製品の安全性の象徴としてUL規格が受け入れられているといえます。
また国際的な安全規格である、IEC規格との整合化についても積極的に進められています。

 

UL規格の規格番号

規格番号は「UL」で始まり、その後ろに番号、発行年が続く形が一般的です。(例:UL 1008:2008)。
また、ひとつの規格が複数のパートに分かれる場合は、番号に続けて、枝番が表示されます(例:UL 1004-3:2009)。

 

国立国会図書館における所蔵範囲

2012年7月の時点で入手可能な規格を約900件所蔵しています。また、安全問題研究会の邦訳版を部分的に所蔵しています。

※IECとの調和規格については、IEC規格をご利用ください。

 

所蔵資料の検索方法

▼検索方法(原語版、邦訳版)
NDL-OPACの〔規格・テクニカルリポート類検索〕の画面で検索できます。
「リポート番号/規格番号」欄に規格番号を入力して検索してください。「タイトル」や「著者」では、ほとんどの場合検索できません。

▼規格番号がわからない場合は
以下のウェブサイトで規格番号を調べることができます。

◆UL StandardsInfoNet http://ulstandardsinfonet.ul.com/外部サイトへのリンク
ULの規格についての各種情報を提供するサイトです。Catalog of Standardsから、UL規格を一覧することができます。

◆Comm2000 http://www.comm-2000.com/外部サイトへのリンク
主にUL規格を扱う販売サイトです。キーワードや規格番号で検索できます。

 

国立国会図書館での利用

▼閲覧
原語版、邦訳版とも関西館でご覧いただけます。原語版のみ、東京本館で関西館からの取寄せにより閲覧が可能です(所要日数:最短で3開館日)。取寄せには利用者登録が必要です。詳しくは登録利用者制度のご案内をご覧ください。

▼複写
著作権法の制約により、複写できる範囲は各規格の半分までです。郵送複写のお申込についての一般的なご案内は複写サービスについて(個人向け)をご覧ください。

▼図書館間貸出
図書館間貸出はできません。

 

国立国会図書館以外での閲覧/入手手段

・日本規格協会 http://www.jsa.or.jp/外部サイトへのリンク
日本規格協会ライブラリーにて規格の閲覧が可能です。
http://www.jsa.or.jp/standard/library.asp外部サイトへのリンク
また、JSA Web Storeでは、UL規格原本の購入や、邦訳版の購入が可能です。
http://www.webstore.jsa.or.jp/webstore/top/index.jsp外部サイトへのリンク

・安全問題研究会
邦訳版の購入が可能です。
http://www.anmon.gr.jp/list/#list_11外部サイトへのリンク

 

参考

『UL規格の基礎知識 新版(第3版)』 国立国会図書館の所蔵情報へのリンク
『世界の規格・基準・認証ガイドブック』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク
UL Japan外部サイトへのリンク
ULの日本法人、UL Japanのウェブサイトです。

  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡