トップアジア諸国の情報をさがすアジア情報機関ダイレクトリー>東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所文献資料室(東京都) / Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa, Tokyo University of Foreign Studies (Tokyo)

東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所文献資料室(東京都) / Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa, Tokyo University of Foreign Studies (Tokyo)

名称

東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所文献資料室

英語名

Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa, Tokyo University of Foreign Studies.

住所

〒183-8534 東京都府中市朝日町3-11-1 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所1階

URL

http://www.aa.tufs.ac.jp/ja/projects/library外部サイトへのリンク

所蔵資料

アジア・アフリカ諸地域の言語・文化研究のための重要資料。図書約13万冊、雑誌約1,600タイトル等。内、一般図書約7万冊は、東京外国語大学附属図書館AA研コーナーに配架。雑誌、新聞、貴重図書、一部の参考図書・大型本、マイクロ資料等は、研究所1階の文献資料室に配架している。アジア関係コレクションは以下のとおり。

(1)バハーイ教関係図書(ペルシア語)

(2)C. Banerjee Collection(ベンガル語)

(3)ビルマ語図書(UCL. Rgn)

1980年代後半にヤンゴン大学中央図書館から合計1,950冊のビルマ語文献(一部英語)の寄贈を受け、コレクションとして所蔵。分野は歴史、宗教(仏教)、民族文化、文学、評論の広きにわたる。

(4)山本文庫

言語学者で、おもに満洲語を研究した山本謙吾氏(跡見女子大元教授、購入時にすでに故人)の蔵書。内容は、一般的言語学文献が中心だが満洲語の辞書などもふくむ。

(5)小林文庫

歴史学者で、モンゴル帝国史・元朝史を研究した、小林高四郎氏(横浜国立大学教授などを歴任、購入時は生存)の蔵書。内容は東洋史関係で、内陸アジアに関するものが多い。

(6)王文庫

王育徳氏(1924-1985)は、中国語の方言-特に閩南語-研究の権威であると同時に、台湾独立運動の指導的立場にあった。AA研では、1994年に王育徳文庫を設立した。収蔵された書籍を大別すると、以下のとおり。
1)歌仔冊(歌仔戯の豆本) 2)閩南語関係書籍-韻書、辞書、会話書、教会ローマ字による聖書、賛美歌 3)雑誌-特に『台湾青年』(王氏が台湾人留学生とともに始めた雑誌。台湾独立運動の啓蒙雑誌)、党外雑誌(台湾独立運動関係の雑誌) 4)戦前に出版された台湾関係の日本語書籍 5)文学書 6)手稿。

(7)前島文庫

前嶋信次氏(慶應義塾大学名誉教授)より受け継いだ、イスラーム・西アジア研究の資料。

(8)浅井文庫

浅井恵倫氏(1895--1969,言語学者・台北帝国大学教授・金沢大学教授・南山大学教授を歴任,元研究所運営委員)が、自らの調査・研究成果及び小川尚義(1869--1947、言語学者、元台湾帝国大学教授)より受け継いだ、台湾の言語・民族に関する1,000種を越える文書・資料 (フィールドノート、手稿・原稿、パンフレット、孔版文書、地図、語彙カード等)、22,000枚を越える写真、40程の録音、映画数本からなるコレクション。既に絶滅した平埔族のシラヤ語文書やその言語の録音、貴重な歴史的原文書である「新港文書」等も含まれる。

  • 国立国会図書館
  • 国立国会図書館オンライン
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡
  • 参考書誌研究

カテゴリ一覧