トップアジア諸国の情報をさがすアジア情報機関ダイレクトリー>早稲田大学中央図書館(東京都) / Central Library, Waseda University (Tokyo)

早稲田大学中央図書館(東京都) / Central Library, Waseda University (Tokyo)

名称

早稲田大学中央図書館

英語名

Central Library, Waseda University

住所

〒169-8050 東京都新宿区西早稲田1-6-1

URL

https://www.waseda.jp/library/libraries/central/外部サイトへのリンク

所蔵資料

主に人文・社会科学分野の学術資料。ほとんどの資料はOPAC (WINE)(http://wine.wul.waseda.ac.jp/外部サイトへのリンク)で検索可能。

貴重資料は「特殊コレクション(文庫)」(http://www.wul.waseda.ac.jp/Collections/special-collections.html外部サイトへのリンク)を参照。うち、漢籍、碑文、古文書については、「古典籍総合データベース」(http://www.wul.waseda.ac.jp/kotenseki/外部サイトへのリンク)に書誌情報や全文画像を収録する。また、マイクロ資料の中には、敦煌文書、満鉄調査部資料およびアジア関係の米国国務省文書などがある。詳細は「早稲田大学中央図書館所蔵 主要マイクロ資料所蔵目録」(http://www.wul.waseda.ac.jp/CLIB/MICRO/catalog.html外部サイトへのリンク)を参照。

主なアジア関係コレクションは以下のとおり。

(1)中国語・ハングル資料コレクション

約16万冊。地方志と族譜の収集を軸に、人文・社会科学、芸術等の分野にわたりコレクションを構築している。年間受入冊数は約2,000冊、現在までの所蔵冊数は約15万冊。書架における配架も「中国語図書コーナー」、「ハングル図書コーナー」として、他の洋書、日本語図書から独立させ、利用にも配慮をしている。OPAC(WINE)(http://wine.wul.waseda.ac.jp/外部サイトへのリンク)での検索可。

(2)漢籍資料

約8,300部91,000冊。明治15年、東京専門学校図書室として開室以来、多種多様な中国古籍が収蔵されている。さらに準漢籍(和刻本中国書)820部3,679冊、朝鮮古籍412部2,376冊が収蔵されている。『早稲田大学図書館所蔵漢籍分類目録』(平成3年刊行)での検索可。

(3)風陵文庫

3,540部8,400冊。澤田瑞穂元文学部教授の蔵書。年画や中国前近代の通俗文学、民間宗教および社会史に関するコレクション。『風陵文庫目録』(平成11年刊行)での検索可。

(4)中国文化大革命時期の資料

323種1,187枚。文革中、さまざまな組織、機関から発行された新聞、中共中央から発布された通知等のコレクション。『中国文化大革命期間報刊・中共中央通知所蔵目録』(2005年刊行)での検索可。

(5)岡松参太郎文書

約8,500点。岡松参太郎自身、また父・甕谷の収集・保管した資料。マイクロフィルムでの利用が可能で、冊子目録『岡松参太郎文書目録』(2008年刊行)での検索可。

  • 国立国会図書館
  • 国立国会図書館オンライン
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡
  • 参考書誌研究

カテゴリ一覧