トップアジア諸国の情報をさがす刊行物アジア情報室通報>英語の情報源で中国のビジネス情報を調べる(レファレンスツール紹介28): アジア情報室通報 第10巻第4号

英語の情報源で中国のビジネス情報を調べる(レファレンスツール紹介28): アジア情報室通報 第10巻第4号

アジア情報室通報 第10巻4号(2012年12月)
齊藤まや(国立国会図書館関西館アジア情報課)

中国のビジネス情報はアジア情報の中でも比較的需要が高い分野の1つで、アジア情報室でもしばしば質問を受けます。ビジネス情報については、日本語や中国語だけでなく、英語のマーケティング資料やデータベースなども充実しています。このような英語の情報源は中国語が読めない利用者に案内する場合にも有効です。ここでは、中国のビジネス情報を調べる際に役立つ英語の情報源をご紹介します。
【 】内は当館請求記号です。インターネットの最終アクセス日は2012年11月20日です。

1 マーケティング情報を調べる

Asian marketing data and statistics (Euromonitor International 年刊)【Z61-H647】

中国を含むアジア各国の基本情報とマーケティング関連情報を収録しています。生鮮食品、化粧品・トイレタリーなど品目ごとの市場規模のほか、物価や労働に関する統計などを調べることができます。

Consumer Asia Pacific and Australasia (Euromonitor International 年刊) 【Z61-G227】

中国を含むアジアおよびオセアニアの主要国における消費者マーケティング情報を収録しています。「Socio-Economic Parameters」はアジア・オセアニア地域全体の貿易、国民の収入、消費、小売業などのデータ、「Consumer Markets」は生鮮食品、飲料、ヘルスケア用品などの家庭用品113品目の売上高、「Country Snapshots」は国別の貿易、人口などの基礎データおよび食品、飲料など商品群ごとの売上高過去5年分のデータと今後5年間の予測値を収録しています。

Retail trade international (Euromonitor 年刊) 【Z61-H775】

中国を含む世界の主要52カ国の小売業について各国30ページ程度の詳細なレポートを収録しています。各レポートは売業に関する政府の政策、法規の概要、店舗形態別の小売業売上高、主要企業のシェア、小売業界の展望予測などを収録しています。

2 企業情報を調べる

Kompass. China (Kompass (China) International Information Service Co. 年刊) 【Z61-J81】

中国語と英語併記の企業名鑑です。中国の企業約47,000社を収録しています。2冊セットで刊行され、Vol.1は業種や商品群ごとの企業名と取扱い品目リスト、Vol.2は企業ダイレクトリーで連絡先、代表者、従業員数、創立年などを収録しています。

Major companies of Asia and Australasia (Graham & Whiteside 年刊) 【Z61-C379】

アジアおよびオーストラリアの主要企業約20,000社を収録しています。中国については、Vol.2に約3,000社を収録しています。収録内容は住所や電話番号などの連絡先、役員名、主要事業、主要ブランド・商標、主要株主、主要取引銀行、過去2年の利益、利益率、資本金などです。

Hoover's : Company Search (http://www.hoovers.com/company-information/company-search.html)

世界の主要企業について売上高、役員名、企業概要などの情報を掲載しています。中国に本社または支社を置く企業については約220万社を収録しています。「Location」で企業の所在地(本社、支社を含む)による絞り込み検索ができます。

Alibaba Manufacturer Directory (http://www.alibaba.com/)

企業が取引企業や委託先を探すためのサイトです。世界のメーカー、卸業者、貿易業者などの情報(従業員数、売上規模、主要顧客、取扱い製品など)を収録しています。製品カテゴリーごとに「Regions Search」で中国に絞り込んで探すことができます。また、企業名での検索や、取り扱い製品から絞り込んで探すこともできます。中国については約350万社の企業を収録しています。

3 企業ランキング・市場シェアを調べる

Global market share planner (Euromonitor International Plc c2008) 【DT363-B3】

主要産業の市場シェアと主要企業の概要を調べることができます。Vol.5の「Major market share companies : Asia-Pacific」に、アジア、オセアニア地域各国の主要企業のデータを収録しており、中国企業130社、香港企業85社を取り上げています。各企業について取扱品目・ブランドごとの市場シェアとランキングを収録しています。

The World's Biggest Companies (http://www.forbes.com/global2000/)

世界的な経済誌"Forbes"を発行し、長者番付など様々なランキングを発表することで知られるフォーブス社のサイトです。売上げ、利益、資産、時価総額などをもとに世界企業ランキング上位2,000社を掲載しています。「Filter By Country」で「China」を選択すると、中国の企業のみを抽出することができます。企業名をクリックすると企業の従業員数、売上高、プロフィール、最新ニュースなどを閲覧できます。

Global 500 (http://money.cnn.com/magazines/fortune/global500/2011/index.html)

売上高順の企業ランキング上位500社を掲載しています。2005年から2011年の各年のランキングを閲覧できます。「By locations」で「China」を選択すると中国の企業のみを抽出することができます。2011年のランキングでは中国の企業が61社ランクインしていることが分かります。企業名をクリックすると、CEOの名前、従業員数、企業の財務状況などのデータを閲覧できます。

4 ウェブサイト情報を活用する

中国の政府機関や業界団体などが作成しているウェブサイトはビジネス情報を調べるのに有用です。多くのサイトには英語版のページが併設されており、中国語が分からない場合でも活用できます。ここでは、政府機関作成の有用なサイトをご紹介します。

Invest in China (中国投资指南) (http://www.fdi.gov.cn/pub/FDI_EN/default.htm)

商務部投資促進事務局が提供するサイトの英語版のページです。中国進出を考える外国企業向けに、経済関係のニュース、法規、統計などを閲覧できます。

National Bureau of Statistics of China (中华人民共和国国家统计局) (http://www.stats.gov.cn/english/)

中国の統計業務を管轄する国家統計局の英語版のページです。投資、物価、産業、貿易などビジネス情報として活用できる統計データを公開しています。『中国统计年鉴』(中国统计出版社 年刊)【Z41-AC65】のオンライン英語版『China Statistical yearbook』も公開しており、2011年版(http://www.stats.gov.cn/tjsj/ndsj/2011/indexeh.htm)まで閲覧できます。

Shanghai Stock Exchange (上海证券交易所) (http://www.sse.com.cn/sseportal/en/home/home.shtml)
Shenzhen Stock Exchange (深圳证券交易所) (http://www.szse.cn/main/en/)

上海証券取引所と深圳証券取引所の英語版のページです。最新の株価情報や上場企業の一覧、過去の取引価格データなどの情報を閲覧できます。

Laws & regulations database (http://www.npc.gov.cn/englishnpc/Law/Integrated_index.html)

全国人民代表大会が提供する中国の法律データベースです。会社法、特許法、投資や貿易に関連する法律など法律や法規の条文の英訳を閲覧できます。

以上は代表的なサイトです。その他のビジネス情報を調べるのに有用なサイトを探すには当館ホームページ内のAsiaLinks-アジア関係リンク集-(https://rnavi.ndl.go.jp/asia/entry/asialinks.php)が便利です。AsiaLinksはアジア情報を調べるのに有用なウェブサイトを収録したリンク集で、「中国」などの国別、「ビジネス・企業情報」などのテーマ別に探すことができます。ぜひご活用ください。

5 館内提供有料データベースを活用する

当館で契約している英語の有料データベースの中には、欧米だけでなく中国のビジネス情報を調べる際にも有用なデータベースがあります。これらのデータベースの利用は当館館内に限定されますが、無料のインターネット情報よりも詳細な情報を得ることができます。ここでは中国語のビジネス情報を調べるのに有用なデータベースをご紹介します。

Business Source Premier (EBSCOhost)

EBSCOhostに含まれるデータベースの1つで、経済、経営、ビジネス関連の雑誌やレポートを収録しています。記事タイトル、誌名などを検索して記事を探す事ができます。このデータベースに収録される「Industry Profile」は各種産業について世界全体または国ごとの動向をまとめたレポートで、市場規模や主要企業のシェアなどを掲載しています。中国についても、「New Cars Industry Profile: China」など、有用なレポートを多く収録しています。

ProQuest Central

世界の主要な英文新聞や雑誌を収録する総合的な全文データベースです。"Chinese Business News"(N.Y. China Economy Online, Inc. 週5回刊)や"China Business Guide"(SinoMedia 年刊)などの中国関係の経済紙やビジネス雑誌も収録しており、最新の号を閲覧できます。また、「business 」カテゴリーの「data & reports」では、世界の企業の概要を記述する「Company report」や業界動向を示す「Industry report」を閲覧できます。

Mergent Web Reports

「Company Search」で世界主要国の上場企業について財務情報、年次報告書(一部の中国企業については中国語による記述)を閲覧できます。企業名から検索することができます。また、「Industry Report Search」では自動車やバイオテクノロジーなど、24の産業について産業レポートを閲覧できます。中国単独のレポートはありませんが、アジアやオセアニア主要国の動向を記述する「Asia Pacific」のレポートがあり、中国の動向についてこの中で紹介しています。

LexisNexis lexis.com

主に法律情報を収録しているデータベースですが、ビジネス情報も充実しています。「News & Business」のタブで中国を含む世界の企業情報や主要なビジネス関連ニュースを検索・閲覧できます。

これらのデータベースの詳細な検索方法については「海外の業界動向について館内提供電子ジャーナル・オンラインデータベースで調べる」(https://rnavi.ndl.go.jp/research_guide/entry/theme-honbun-102225.php)で紹介していますのでご参照ください。また、一部のデータベースについては遠隔複写サービスもご利用いただけます。遠隔複写サービスについては「来館せずに電子ジャーナルの複写を申し込むには」(http://www.ndl.go.jp/jp/data/journal_list/journal_copy.html)をご参照ください。

  • 国立国会図書館
  • 国立国会図書館オンライン
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡
  • 参考書誌研究