「リサーチ・ナビ」に関するアンケートを実施しています。皆さまのご意見をお聞かせください。アンケートに答える

トップアジア諸国の情報をさがす刊行物>『中国人权事业发展报告』:アジア情報室の社会科学分野の資料紹介(4):アジア情報室通報 13巻1号

『中国人权事业发展报告』:アジア情報室の社会科学分野の資料紹介(4):アジア情報室通報 13巻1号

1.7. 李君如 主编 ; 中国人权研究会(中国人権研究会)编 『中国人权事业发展报告(中国の人権事業発展報告) = Annual report on China's human rights. No.3 (2013)』(人权蓝皮书(人権藍皮書) = Blue book of China's human rights) 北京 : 社会科学文献出版社, 2013.7, 3, 6, 506p. 【AC9-212-C72】

中国人权研究会(中国人権研究会) 编 ; 李君如 主编 ; 常健 执行主编 『中国人权事业发展报告(中国の人権事業発展報告)= Annual report on China's human rights. No.4 (2014)』(人权蓝皮书(人権藍皮書) = Blue book of China's human rights)北京 : 社会科学文献出版社, 2014.8, 2, 2, 446p. 【AC9-212-C72】

本書は、社会科学文献出版社が刊行する、中国の人権事業発展に関する藍皮書(白書)[1]の3冊目、4冊目にあたる。

主たる編者である李君如は、中国浦東幹部学院中国特色社会主義研究院院長である。中国人権研究会副会長、第11期全国政協常任委員などを歴任し、人権に関する著作も多数ある。

2013年版の本文は全25章で、総報告、テーマ別報告、調査報告、ケーススタディに分かれている[2]。総報告では、第十八回党大会(2012年11月)の報告で提示された人権に関連する事項などを分析し、テーマ報告では、総報告で挙げられた各分野について現状と課題を述べる。調査報告とケーススタディでは、公務員への人権研修などの事例を取り上げている。

2014年版も、2013年度版とほぼ同様の構成で、全27章からなる[3]。各年版から1章ずつ、興味深い内容を紹介する。

【2013年版】「20章 中国大衆の人権意識に関する調査報告(中国大众人权观念调查报告)」

西南政法大学人権教育及び研究センター(人权教育与研究中心)が行った調査[4]によれば、中国の一般大衆の人権意識には、次の4つの傾向があると指摘されている。

①大衆の人権意識はこの20年来向上している。
②人権意識は属性によって大きな差がある。若年者、高学歴・高収入であるほど意識が高い。
③平等権については認識不足である。老人や障害者に比べ、犯罪者や同性愛者の人権保護については冷淡である。
④公民的、政治的権利よりも、経済的、社会的権利を重視する傾向がある。

【2014年版】「20章 2003年から2013年までに中国大陸で出版された人権関連著作の分析報告(2003~2013年中国大陆出版的人权著作分析报告)」

2003年から2013年に出版された人権関連の著作487点について、テーマや領域、引用回数、研究手法を分析した結果、「法学領域の研究が最も進んでいるが、経済、社会、文化の領域は遅れている」等の特徴が見出されること、下記の課題があることを指摘している。

①経済、社会、文化領域の研究、特に、高齢者や農民工の権利保障、環境権、プライバシーに関する権利など、個別分野の研究を深める必要がある。
②研究の方法論を確立して実証的研究を進め、政策提案に科学的根拠を与える必要がある。

なお、中華人民共和国国務院新聞弁公室からは、2014年5月に『2013年中国の人権事業の進展(2013年中国人权事业的进展)』という白書が発表された[5]。本書よりもコンパクトではあるが、少数民族の権利や言論の自由にも言及がある。併せて参照されたい。

(アジア情報課 水流添 真紀 )

[1]社会科学文献出版社刊行の「皮書」シリーズについては、下記を参照。
前田直俊「皮書について―中国の社会科学報告書」『アジア情報室通報』5巻3号, 2007.9, pp.2-5.
https://rnavi.ndl.go.jp/asia/entry/bulletin5-3-1.php
(ウェブサイトの最終アクセス日は2015年2月17日。以下同じ。)

[2]皮書数据庫のサイトで、本書の目次および各報告の抄録(中英)、各報告の著者の経歴が閲覧できる。
皮书数据库「中国人权事业发展报告No.3(2013)」
http://www.pishu.com.cn/skwx_ps/bookdetail?SiteID=14&ID=591375
なお、本書の目次に記載されている付録は冊子体には収録されておらず、会員ページでのみ閲覧可能である。会員登録には、本書の末尾に記されたIDとパスワード、メールアドレスが必要である。

[3]皮书数据库「中国人权事业发展报告No.4(2014)」
http://www.pishu.com.cn/skwx_ps/bookdetail?SiteID=14&ID=3173479

[4]中国125都市の14歳から70歳の男女約15,000人を対象に、公民権などの各種権利への意識などを調査した。
西南政法大学人权教育与研究中心「中心《中国大众人权观念调查报告》发布 引发广泛关注」
http://202.202.80.26/RenQuan/News_View.asp?NewsID=3226

[5]中华人民共和国国务院新闻办公室「国新办发布《2013年中国人权事业的进展》白皮书(全文)」
http://www.scio.gov.cn/zxbd/wz/Document/1371237/1371237.htm
中华人民共和国国务院新闻办公室「国新办发表《2013年中国人权事业的进展》白皮书(英文)」
http://www.scio.gov.cn/zfbps/ndhf/2014/Document/1373161/1373161.htm

  • 国立国会図書館
  • 国立国会図書館オンライン
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡
  • 参考書誌研究