「リサーチ・ナビ」に関するアンケートを実施しています。皆さまのご意見をお聞かせください。アンケートに答える

トップアジア諸国の情報をさがす刊行物>『김정은체제의 권력엘리트 연구』:アジア情報室の社会科学分野の資料紹介(4):アジア情報室通報 13巻1号

『김정은체제의 권력엘리트 연구』:アジア情報室の社会科学分野の資料紹介(4):アジア情報室通報 13巻1号

2.5. 이교덕(李敎悳), 임순희(林順姬), 조정아(曺淨雅), 송정호(宋政澔) 『김정은체제의 권력엘리트 연구(金正恩体制の権力エリート研究)』ソウル, 통일연구원(統一研究院), 2012.12, xvi, 316p. 【GE138-K104】

統一研究院は、朝鮮半島の統一に関する事項を専門的・体系的に研究・分析して政府の統一政策樹立を支援することを目的とする、政府出えんの研究機関[6]である。著者のうち、宋政澔以外は統一研究院の研究委員、宋政澔は又石大学校行政学科助教授、人文社会科学研究所長である。

本書は、金正恩体制は短期間に構築されたが、今後安定して維持されるかどうかは、金正恩を取り巻く上層の権力エリートがどの程度結集・連携して支持するかにかかっているとして、金正恩体制の権力エリートの特徴と構造、相互ネットワークなどを分析する。

Ⅰ「序論」、Ⅱ「権力エリート理論と社会主義体制に対する適用」、Ⅲ「人口社会学的変数で見た権力エリートネットワーク」、Ⅳ「相互接触で見たエリートネットワーク」、Ⅴ「新進権力エリート」、Ⅵ「結論」の6章で構成されている。

Ⅲ章では、統一部の『북한 주요인사 인물정보(北韓主要人士人物情報) 』【Z41-AK721】などの資料を基に実施した、人口社会学的分布調査の分析結果を収録する。対象は、2010年9月28日の第3次朝鮮労働党代表者会で選出された中央委員会委員及び候補委員200名余りである。男性が圧倒的多数を占めること、年齢は70代が最も多く高齢化が顕著であること、出身地域は平安道、出身学校は金日成総合大学がそれぞれ最も多いこと、などを明らかにする。

また、60代の権力エリートのうち、キム・ギョンヒ(金慶喜[7])、チェ・リョンヘ(崔龍海)、チャン・ソンテク(張成沢[8])に権力が集中していること、彼らはいわゆる「白頭血統」[9]、「抗日パルチザン血統」などの縁故で権力の集中性を高めていることも指摘している。

Ⅳ章では、金正日・金正恩の現地指導に随行した回数の分析から、権力エリートネットワークの構造を明らかにしている。

金正恩への本格的な権力移譲が始まった時期は、金正恩だけでなく、張成沢をはじめとして、金慶喜、キム・ヨンチュン(金永春)、崔龍海、パク・ドチュン(朴道春)などの人物からなる特定エリート集団も、個別に求心力を保っていたものと評価している。

また、金正日死後2012年7月までに金正恩の現地指導に随行した主要エリート30人の平均年齢は、金正日存命中の2006年ごろと比較すると5歳程度低くなっており、これは金正恩が政権を掌握する過程で世代交代が進行していることを示唆するとしている。

さらに、所属別では、軍や国家機関と比較して、党の所属人物の求心力が高く、特に金正日の健康悪化が明らかになった時期から金正恩体制の構築期にかけては、党所属人物の役割が重要であったと指摘する。一方、金正日の死後、金正恩体制の初期には、軍関連の現地指導を通して軍の系統を掌握することが重要課題であったことにも言及している。

Ⅴ章では、権力継承期間が短かったため、金正恩体制では新たな権力エリートは現れていないと述べる。ただし、世代交代は絶えず進行しているとして、主なものとして前・現職幹部の息子・婿への世襲と、保安関係機関幹部の世代交代を挙げる。前者については崔龍海が代表例で、このような傾向は以前からあったが金正恩への世襲過程でより顕著になったこと、後者については40代、50代の幹部が新たに任命されており、これは金正恩が保安関係機関を権力基盤として掌握する過程で現れた現象であること、などを指摘している。

なお、本書は、統一研究院のウェブサイトで閲覧することができる[10]。

(アジア情報課 阿部 健太郎 )

[6]통일연구원
http://www.kinu.or.kr/

[7]キム・ギョンヒの漢字表記は「金敬姫」「金慶喜」などがあるが、ここでは日本の外務省及び『朝鮮新報』の表記にならい「金慶喜」とする。

[8]張成沢は、本書刊行後、2013年12月に処刑された。以下、本書刊行後の各人の死亡・失脚・解任等については注記していない。なお、本章の分析自体も、2010年9月の第3次党代表者会以後の各人の死亡等は考慮していない。

[9]白頭山を根拠地として抗日ゲリラ活動を展開したとされる金日成の血統である。

[10]『金正恩体制の権力エリート研究』
http://www.kinu.or.kr/report/report_01_01.jsp?page=1&num=1593&mode=view&field=subject%20&text=%B1%E8%C1%A4%C0%BA&order=&dir=&bid=DATA02&ses=&category=6

  • 国立国会図書館
  • 国立国会図書館オンライン
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡
  • 参考書誌研究