トップアジア諸国の情報をさがす刊行物>中国の雑誌記事の探し方(レファレンス事例・ツール紹介 18):アジア情報室通報 18巻2号

中国の雑誌記事の探し方(レファレンス事例・ツール紹介 18):アジア情報室通報 18巻2号

丹治 美玲(国立国会図書館関西館アジア情報課)

 関西館アジア情報課でよく受けるレファレンスに、中国の雑誌記事を探している、というものがあります。本稿では、①「日本流传中国古籍之大概」という論文を読みたい、②1938年に発刊された『上海婦女』という雑誌の發刊詞(発刊のことば)を読みたい、という2つの事例をもとに、インターネット上で利用できるデータベースを中心とした、中国の雑誌記事の探し方をご紹介します。

 *ウェブサイトの最終アクセス日は2020年5月8日です。

1. 学術誌の雑誌記事を探す

1-1.書誌情報を調べる

 まずは掲載誌名や巻号等の書誌情報を確認します。中国の学術誌の書誌情報を探せるツールには、例えば次のものがあります。

中国知网(CNKI)

http://gb.oversea.cnki.net/Kns55/

 中国の総合的な学術情報データベースです。学術雑誌、新聞、年鑑、博士論文など様々なコンテンツを提供しており、 定期刊行の学術雑誌は約11,000タイトルを収録しています。 本文閲覧は有料です[1]が、無料で横断検索を行うことができます。昨年から新インターフェースへの移行の準備を進めており、2020年4月現在、新旧のインターフェースが併存しています。

新インターフェース(図1)の場合、検索画面の検索窓の左の項目が「主题(主題)」に設定されていますので、必要に応じ「篇名(記事名)」等に変更します[2]

図1 CNKI新インターフェース

(出典)http://new.gb.oversea.cnki.net/index/http://new.gb.oversea.cnki.net/index/

文津搜索

http://find.nlc.cn/

 中国国家図書館が提供する統合検索システムです。同館の所蔵資料のほか、一部の契約データベースで閲覧可能な雑誌記事のデータも検索することができ、CNKIには収録されていない雑誌記事の書誌事項がわかることがあります。トップページ(図2)の検索窓に記事名を入れて検索するのが一番シンプルな検索方法です。

図2 文津搜索トップページ

(出典)http://find.nlc.cn/

 事例①の記事名「日本流传中国古籍之大概」で検索してみると、CNKIでも文津搜索でも同じ記事がヒットし、探している記事の掲載誌は『新世纪图书馆』、掲載号は2005年1期、著者は高桥智であることがわかります。

1-2.本文が入手できないか調べる

 掲載誌等の書誌事項がわかると、CiNii Books(https://ci.nii.ac.jp/books/)などを利用して、所蔵館を調べ、閲覧、貸出、複写の可否を確認することが可能になります。それ以外に、以下のように、無料で見られる雑誌データベース、出版者のウェブサイトなど、インターネットで本文が公開されていないかを探す方法があります。

国家哲学社会科学学术期刊数据库(NSSD)

http://www.nssd.org/

 中国社会科学院が提供するデータベースで、2020年4月現在、約2,000タイトルの雑誌を収録しています。無料で雑誌記事の検索および本文画像の閲覧が可能です。トップページ(図3)の検索窓からは、「论文(記事名)」または「期刊(雑誌名)」で検索を行えます。

図3 NSSDトップページ

(出典)http://www.nssd.org/

事例①の記事名「日本流传中国古籍之大概」で検索すると、当該記事がヒットします。検索結果画面で「阅读全文(本文閲覧)」を押下すると、ブラウザ上で本文を読むことができます。「全文下载(本文ダウンロード)」を行うためには、無料の利用者登録が必要です[3]

出版者のウェブサイトを調べる

 学術誌の場合、編集者や出版者のウェブサイトでオープンアクセスになっていることがあります。CNKIの検索結果画面で掲載誌名をクリックすると、ISSNや編者名など、掲載誌に関するより詳細な情報を得られますので、それらを元に検索エンジンで検索します。

 事例①の場合、例えば、タイトル「新世纪图书馆」と編者「江苏省图书馆学会」をキーワードにしてGoogle検索すると、 公式ウェブサイト[4]が一番目にヒットします。検索窓に雑誌記事名を入力して検索すると、結果が表示され、「下载(ダウンロード)」から本文PDFをダウンロードできます。

2. 中華民国期の一般誌の雑誌記事を探す

2-1. 無料データベースで探す

 1で紹介したCNKI、NSSDの収録対象は、基本的に学術誌に限られており、事例②のような一般誌は収録されていません。一方、中華民国期(1912-1949年)の雑誌は、デジタル化されインターネット上で見られるようになっていることもあります。中華民国期の一般誌を含む次のデータベースで探してみます。

民国期刊

http://mylib.nlc.cn/web/guest/minguoqikan

中国国家図書館が提供するデータベースです。中華民国期の雑誌約4,300タイトルを収録しています。記事名では検索できません。 また、本文を閲覧するためには、無料の利用者登録が必要です[5]

図4 民国期刊トップページ

(出典)http://mylib.nlc.cn/web/guest/minguoqikan

抗日战争与近代中日关系文献数据平台

http://www.modernhistory.org.cn/

 中国社会科学院近代史研究所、国家図書館、国家档案館が主導した国家プロジェクトの成果物で、 主に1930-1940年代に出版された資料を収録したデータベースです。 雑誌は約3,000タイトルが収録されています[6]。 一部の雑誌は記事名の検索が可能ですが、すべてではありませんので、検索時は掲載誌名から探すのが確実です。 無料で本文閲覧が可能ですが、ダウンロードするためには、無料の利用者登録が必要です。

図5 抗日战争与近代中日关系文献数据平台トップページ

http://www.modernhistory.org.cn/

 事例②の記事の掲載誌名の簡体字「上海妇女」で検索してみます。「民国期刊」トップページ(図4)の「题名(タイトル)」の検索窓に掲載誌名を入力して検索しても、1938年刊行のものは見つかりません。一方、「抗日战争与近代中日关系文献数据平台」トップページ(図5)から「期刊(雑誌)」を選択し、検索窓に「上海妇女」と入れて検索すると、1938年4月から1940年6月まで刊行された資料がヒットします。1巻1期(1938.4)を確認すると、冒頭に「發刊詞」が収録されていることがわかり、ブラウザ上で本文を読むことができます。

2-2. 補足:有料データベースで探す

 事例②の場合は無料データベースで探していた記事が見つかりましたが、見つからない場合は、CiNii Books等を利用して、掲載誌の所蔵館を調べ、閲覧、貸出、複写の可否を確認する方法が一般的です。それ以外に、当館館内では、次の有料データベースで探すこともできます。

大成老旧期刊全文数据庫

 晩清から中華民国期にかけて中国で刊行された雑誌約6,800タイトルの本文画像を収録しています。 当館にご来館いただければ、検索、本文閲覧およびプリントアウトが可能です[7]。 記事名、掲載誌名、著者名から検索することができます。 また、このデータベースの収録誌リストを、日本の代理店である東方書店が公開しています[8]。 掲載誌名がわかっている場合は、その雑誌が収録されているかを確認することが可能です。

まとめ

今回の調査のポイントは次のとおりです。

・まずは正確な書誌情報を把握する

・無料で本文閲覧が可能なオンラインデータベースや出版者のウェブサイト等も活用する

・CiNii Books等ではヒットしない有料データベースの存在にも留意する

国立国会図書館リサーチ・ナビ「アジア諸国の情報をさがす」では、 中国以外のアジア各国、地域の雑誌記事等の検索に役立つデータベースなどもご紹介しています[9]。 アジア各国の雑誌記事の検索にお困りの際は、ぜひご覧ください。

(たんじ みれい)



[1] 国立国会図書館はCNKIの雑誌のコンテンツの中では「中国学術雑誌全文データベース(CAJ)」を契約しており、来館すれば本文を閲覧できるほか、遠隔複写サービスを申し込むことも可能です。国立国会図書館リサーチ・ナビ>調べ方案内「CNKI 中国学術雑誌全文データベース(CAJ)の使い方」もご参照ください。 https://rnavi.ndl.go.jp/research_guide/entry/theme-asia-63.php

[2] 簡体字が入力できない場合は、繁体字版に切り替えて旧漢字で入力するか、日本漢字と共通する文字をキーワードに指定します。CNKIは、単語の途中で区切って検索するとヒットしないことがありますので、注意が必要です。以降、個別のデータベースの検索の注意事項は省略しますが、ヘルプを見たり、キーワード、文字の種類(簡体字、繁体字)、文字の区切り等を少しずつ変えて何度か試してみることも大事です。

[3]利用方法については、以下もご参照ください。個人の利用者登録の方法も紹介しています。 国立国会図書館リサーチ・ナビ>調べ方案内「国家哲学社会科学学術期刊数据庫 (NSSD)の使い方」 https://rnavi.ndl.go.jp/research_guide/entry/theme-asia-149.php

[4]http://newcentury.jslib.org.cn/

[5]登録方法は、国立国会図書館リサーチ・ナビ内の資料「中国国家数字图书馆(中国国家デジタル図書館)のユーザ登録手順」をご参照ください。 https://rnavi.ndl.go.jp/asia/tmp/NLCDL_register_201906.pdf

[6]そのほかに、図書約43,000冊、新聞約1,000紙などが収録されています。

[7]記事名がわかっている場合、文書レファレンスで当館にお問い合わせいただければ、 お探しの記事が収録されているかを調査いたします。なお、2020年4月現在、遠隔複写サービスの対象にはなっていません。

[8]東方書店>電子商品>大成老旧期刊全文数拠庫> 収録書目 https://www.toho-shoten.co.jp/export/sites/default/er07/list/dacheng.xls

[9]国立国会図書館リサーチ・ナビ>AsiaLinks>雑誌記事・論文https://rnavi.ndl.go.jp/asia/asialinks/links-theme/article/index.php
国立国会図書館リサーチ・ナビ>アジア情報の調べ方案内>学術一般https://rnavi.ndl.go.jp/asia/entry/research-guide-asia.php#u

  • 国立国会図書館
  • 国立国会図書館オンライン
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡
  • 参考書誌研究
  • Research Navi(English)