トップアジア諸国の情報をさがす刊行物>『2019年中国未成年者インターネット利用報告』:アジア情報室の社会科学分野の資料紹介(28):アジア情報室通報 19巻1号

『2019年中国未成年者インターネット利用報告』:アジア情報室の社会科学分野の資料紹介(28):アジア情報室通報 19巻1号

1. 中国語

1.37. 季为民, 沈杰 主编『中国未成年人互联网运用报告 = Annual report on the internet use of Chinese : 2019(2019年中国未成年者インターネット利用報告)』(青少年蓝皮书(青少年白書))北京 : 社会科学文献出版社, 2019.6, 3, 3, 405p.【DK411-C139】

【キーワード】

中国、未成年者、インターネット利用、インターネットリテラシー

【編集者・著者】

筆頭主編の季為民は中国社会科学院新聞メディア研究所[1]副所長を務めている。専門分野はマルクス主義メディア理論[2]、放送倫理、青少年研究。

【出版の背景・目的】

本書は、中国社会科学院新聞メディア研究所と中国少年児童発展服務中心が主催する「中国未成年者[3]インターネット利用状況調査」プロジェクトの、出版時点において最新の成果をまとめたものである。中国のインターネットに関する法規制の現状分析、未成年者を取り巻くインターネット環境の現状、関連データの分析などが収録されている。

【本書のポイント】

青少年のインターネット利用に伴う様々な影響に関しては、日本でも対策が必要とされているところである。日本ほどではないにしてもインターネットの普及率が高い中国[4]における、法規制や利用の現状を知ることは、日本における政策検討の一助となると思われる。

【目次】

I 全体報告
 1 中国の特色ある未成年者インターネット利用保護規制システムの構築
II 保護規制と政策法規
 2 未成年者のインターネット利用に関する保護規制システム:グローバルな視野と国際比較
 3 未成年者のインターネット上の活動を保護する法律の比較分析
 4 未成年者のインターネット利用に関する政策の状況分析
 5 未成年者のインターネット利用に関する法令と事例の分析
 6 ミニ動画のライブ配信における未成年者のインターネットプライバシーの保護
III インターネットリテラシーとインターネット文化
 7 未成年者に対するインターネットリテラシー教育の現状
 8 未成年者に対するインターネットリテラシー教育の国外実践例
 9 ミニ動画が未成年者の知識・学習に与える影響
 10 未成年者のインターネット文化における現象の整理分析
 11 未成年者のインターネット文化における現象、特徴と問題
 12 モバイル・ソーシャルメディアにおける、未成年者のバーチャル・アイデンティティとインターネット上での不良行為との関係
IV 年度データの分析
 13 未成年者のインターネット上の安全に関する研究報告-中国初の、児童を参加させた調査研究[5]の報告-
 14 農村の留守児童[6]のインターネット利用状況
 15 広州の未成年者のインターネット利用状況
 16 マカオの未成年者の携帯電話の使用と携帯電話依存について
 17 未成年者のインターネット利用に関する研究のトピックと趨勢
 18 未成年者のオンライン読書の基本的な状況と特徴
 19 都市の未成年者のソーシャルメディア利用における動機、自己開示及び性に関する考えの拡散について
V 附録
 20 未成年者とインターネットに関する年表

(アジア情報課 新谷 扶美子)


[1] 中国社会科学院新闻传播研究所
http://xinwen.cssn.cn/
メディア学、コミュニケーション学の基礎理論研究と実用研究を担う政府系シンクタンク。

[2] 中国が標榜している、社会主義体制下におけるメディア理論。党の指導に拠ること、人民と社会に奉仕すること、真実を報道すること、正確に世論を導くこと、を実践原則としている。
周陶霖「以新闻实践推进马克思主义新闻观发展」『新闻战线』2018年24期, 2018.12

[3] 中国の「未成年者保護法」第2条によると、「未成年者」とは満18歳未満の公民(中華人民共和国の国籍を有する者)を指す。(公民の定義は、中華人民共和国憲法第33条による。)
中华人民共和国未成年人保护法(2012年修正本)
http://search.chinalaw.gov.cn/law/searchTitleDetail?LawID=333064&Query=%E6%9C%AA%E6%88%90%E5%B9%B4%E4%BA%BA%E4%BF%9D%E6%8A%A4%E6%B3%95&IsExact=
中华人民共和国宪法(2018年修正本)
http://search.chinalaw.gov.cn/law/detailSearchOne?LawID=398154&Query=宪æ³&IsExact=&PageIndex=7

[4] 統計によると、2018年時点のインターネット普及率は、日本が79.8%、中国が約59.6%である。
令和元年版情報通信白書 第3章第2節「ICTサービスの利用動向」1-2 インターネットの利用状況(総務省)
https://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/r01/pdf/n3200000.pdf
第43次《中国互联网络发展状况统计报告》第2章1(1)网民规模(中国互联网信息中心)
http://www.cac.gov.cn/wxb_pdf/0228043.pdf

[5] 全国10都市の、主に9-14歳を対象として、あらかじめ研修を行ったうえで、調査員として活動させるもの。

[6] 本書においては、下記の報告を基準として、父母の片方あるいは双方が半年以上出稼ぎに出ており、戸籍地にて片親あるいはその他の監護者の世話を受けているもしくは監護者がいない、18歳未満の児童を指す。
全国妇联课题组「全国农村留守儿童、城乡流动儿童状况研究报告」『中国妇运』2013年6期
なお、2016年に国務院から発布された「国务院关于加强农村留守儿童关爱保护工作的意见(農村部の留守児童の保護を強化することに関する意見)」においては、「父母の双方が出稼ぎに出ている、もしくは片方が出稼ぎに出、もう片方に監護能力がない16歳未満の未成年者」と定義されている。
国务院关于加强农村留守儿童关爱保护工作的意见(国务院公报2016年6号)
http://www.gov.cn/gongbao/content/2016/content_5045947.htm

  • 国立国会図書館
  • 国立国会図書館オンライン
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡
  • 参考書誌研究
  • Research Navi(English)