「リサーチ・ナビ」に関するアンケートを実施しています。皆さまのご意見をお聞かせください。アンケートに答える

トップアジア諸国の情報をさがす刊行物>平成19年度アジア情報研修「中国の学術情報を入手する」開催の案内 : アジア情報室通報第5巻第3号

平成19年度アジア情報研修「中国の学術情報を入手する」開催の案内 : アジア情報室通報第5巻第3号

アジア情報室通報 第5巻第3号(2007年9月)

平成19年度のアジア情報研修を実施いたします。日本国内の各図書館におけるアジア情報にかかるサービスの向上に資することを目的に実施するものです。第6回目の開催となる今回は中国の資料・情報に関する科目を中心に行います。ぜひご参加ください。

日時:平成19年11月21日(水)~22日(木)
会場:国立国会図書館関西館 第1研修室
対象:大学図書館、専門図書館および公共図書館等の職員で、原則として業務においてアジアに関連する情報を扱う方。(ただし、座席に余裕があれば、その他の方の受講も可能です)。
定員:50名。なお、申込み多数の場合は調整させていただきます。

内容・講師

11月21日(水)
13:00~13:10 開会の挨拶
13:10~15:10 中国の知的財産権及び中国文献データベース
独立行政法人科学技術振興機構中国総合研究センター長 馬場錬成氏
15:30~17:30 中国経済の調査研究及び資料収集
京都大学大学院経済学研究科教授・上海センター長   山本裕美氏

*第1日目終了後、18:00から19:00まで、懇親会を予定しています。

11月22日(木)
10:00~12:00 中国における電子ジャーナル出版
愛知大学文学部教授 時実象一氏
13:00~15:00 中国情報検索実習-中国の学術論文をさがす
関西館アジア情報課
15:00~15:10 閉会の挨拶

*第2日目終了後、15:20から17:20まで、平成19年度アジア情報関係機関懇談会を開催します。国内のアジア情報関係機関間の交流を図り、国全体としてのアジア情報資源の充実とアジア情報の流通促進に資することを目的に実施するものです。第7回目の開催となる今回は「人材育成と研修」をテーマに国内12機関の報告および懇談を行います。研修参加者のうち希望者が聴講できます。

申込方法: E-mailまたはFAX(0774-94-9115)にて、以下の事項を明記のうえお申し込みください。
① 氏名、ふりがな ②所属機関、所在地 ③所属部署・職名 ④連絡先電話番号、E-mailアドレス(またはFAX番号)⑤図書館勤務年数、現在の業務内容、これまで従事したアジア関係業務の内容 ⑥アジア情報関係機関懇談会の聴講希望の有無

申込締切:平成19年10月19日(金)必着
*受講の可否については10月24日(水)までにE-mail(またはFAX)でお知らせします。万一、通知がない場合は下記まで至急ご連絡ください。

○申込み・問合わせ先
国立国会図書館関西館アジア情報課 
FAX:0774-94-9115
TEL:0774-98-1371

*なお、11月6日(火)15:00から17:00まで、国立国会図書館関西館第1研修室において、特別講演「エジプトの文書館・図書館と文書研究(仮題)」を予定しています。講師はエジプト高等文化評議会エマード・アブー・ガーズィー博士(兼カイロ大学文学部図書館・文書学・情報学学科助教授)で、定員は50名程度です。詳細はアジア情報室ホームページをご覧ください。http://www.ndl.go.jp/jp/service/kansai/asia/

  • 国立国会図書館
  • 国立国会図書館オンライン
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡
  • 参考書誌研究