トップアジア諸国の情報をさがす刊行物>アジア資料―アジアの新聞―(関西館の資料紹介 13 ):国立国会図書館月報2007年1月号

アジア資料―アジアの新聞―(関西館の資料紹介 13 ):国立国会図書館月報2007年1月号

国立国会図書館月報 2007年1月号(no.550)
関西館資料部アジア情報課  辻 佑果

関西館の資料紹介の最終回は、 アジアの新聞を取り上げます。 新聞は現在の社会の動きを伝え、 それを後世に残すこともできる重要な情報源です。 アジア情報室には、 アジアの新聞に関する様々な問い合わせが寄せられており、 新聞に対する関心の高さがうかがえます。 アジア情報室ではアジア言語の新聞のほか、 アジア地域で発行された欧文紙・邦文紙を所蔵しています。

アジア情報室所蔵の総タイトル数は約600紙、 そのうち約230紙を継続して収集しています。 アジアの約60の国や地域について現地語、 欧文に関わらず各国1紙以上を所蔵することを目標として収集を続けており、 現在33か国の新聞を所蔵しています。 収集の方法は、 購入、 寄贈、 国際交換、 納本の4種類があります。

アジア情報室所蔵の新聞は、 基本的に一定の開架期間が過ぎると保存のために製本し書庫に納架します。 また、 原紙のほかにマイクロフィルムや影印本、 縮刷版などの形態のものも収集しています。

中国関係新聞

中国では、 全国紙、 地方紙、 分野・主題別の専門紙といった多様な種類の新聞が現在約2,000紙発行されており、 その刊行頻度も日刊、 隔日刊、 週刊など様々です。 アジア情報室では現在約350紙の中国語新聞を所蔵しており、 そのうち約100紙を継続して収集しています。

○全国紙

全国紙では、 『人民日報』 『光明日報』 などを所蔵しています。 『人民日報』 は中国共産党中央委員会の機関紙であり、 同党の政策、 方針、 路線を反映しています。 同紙の海外版や月刊で発行される縮刷版、 索引も所蔵しています。 『光明日報』 は、 創刊時は民主諸党派の連合機関紙でしたが、 現在は中国共産党中央委員会の指導下にあります。 同紙は、 学術や文芸に関して独自の視点に立った記事を掲載しています。 当館では同紙の索引の一部も所蔵しています。

○地方紙

中国の各省や直轄市レベルで発行されている地方紙は、 各地方1紙以上を収集しています。 上海の 『文匯報』 は、 政治分野だけでなく文芸、 教育、 体育、 衛生など、 多方面の記事が充実しています。 そのほか、 日常生活の話題が豊富で北京市民に人気のある 『北京晩報』 『北京青年報』 や、 広州で発行されている 『羊城晚报』 『南方都市報』 などの都市報も多数所蔵しています。

○専門紙等

共産党や政府の経済、 財政政策などを掲載している 『经济日报』、 新たに制定された法令の宣伝などを目的とした 『法制日报』、 文芸の全国的情報紙である 『文艺报』 など、 様々な分野の新聞を所蔵しています。 また、 中国人民解放軍の機関紙 『解放嘱烏』 の縮刷版や、 労働組合 (工会) の全国組織である中華全国総工会の機関紙 『工人日報』、 若者向けの 『中國青年報』 などもあります。 日本で発行されているものとしては、 『留学生新聞』 『中文導報』 などを所蔵しています。

○台湾、香港

台湾や香港の代表的な新聞も収集しています。 台湾経済の動向、 政府の経済や産業の政策を知るのに欠かせない情報源である 『經濟日報』、 台湾の2大新聞 『中國時報』 『聯合報』 など6紙が利用できます。 香港の新聞には、 中国民主同盟の機関紙である 『文匯報』 (上海の 『文匯報』 とは同名異紙) や、 中立系の 『明報』 など5紙があります。

○欧文紙

中国で発行されている欧文紙として、 大陸の "China Daily"のほか、 香港の "South China Morning Post"、 台湾の"The China Post" などの英字紙を所蔵しています。

○清末・民国時期の新聞

19世紀にさかのぼる新聞としては、 香港で発行されていた 『循環日報』 『香港華字日報』 などがあります。 後者は、 1894年の新聞社の火災によってバックナンバーが焼失してしまったこともあり、 所蔵している機関は少なく、 日本国内では当館のみが所蔵しているものと思われます。 また、 上海で発行されていた 『申報』 は、 近代中国の研究に不可欠な資料です。

1901年創刊の 『順天時報』、 1906年に奉天で創刊された 『盛京時報』 など日本人経営の新聞も所蔵しています。

民国時期の新聞には、 『益世報』 『華北日報』 『大公報』 『武漢日報』 などがあります。

なお、 これらは原紙の傷みが著しいため、 マイクロフィルムまたは影印版での閲覧となります。

韓国・北朝鮮関係新聞

アジア情報室では、 約120紙の朝鮮語新聞を所蔵しており、 そのうち36紙を継続して収集しています。 なお、 本稿で紹介している朝鮮語新聞のタイトルは日本語訳です。

○全国紙

韓国で最も歴史が長い 『朝鮮日報』 と 『東亜日報』 は、 三・一独立運動の翌年の1920年に創刊されました。 当館では、 最近のものはもちろんのこと、 マイクロフィルムや縮刷版の形態で日本の統治下の時期の紙面も一部利用することができます。 そのほか、 現在両紙と並び三大紙と称される 『中央日報』、 進歩的な論調といわれる 『ハンギョレ』 など全国紙8紙を継続して収集しています。

○地方紙

『大田日報』 『江原日報』 『済州日報』 など各道や広域市レベルの地方紙があります。 国外発行の朝鮮語新聞としては中国吉林省南部の延辺朝鮮族自治州で発行されている 『延辺日報』 などがあります。

○北朝鮮発行の新聞

アジア情報室では、 現在北朝鮮で発行されている新聞を4紙所蔵しています。 朝鮮労働党中央委員会の機関紙である 『労働新聞』 は、 党や政府の重要な発表が全文掲載されるため、 政策を知る上で重要な新聞です。 また、 政府機関紙の 『民主朝鮮』 には、 政務院総会 (日本の閣議に相当) での決定や法律の解説などの記事が掲載されることがあります。 その他には、 週刊の 『統一新報』 があります。 英字紙では、 週刊の "The Pyongyang Times" を所蔵しています。

○専門紙等

専門紙は、 『韓国経済』 『毎日経済』 などの経済紙や、 韓国史上初のスポーツ紙 『日刊スポーツ』 など、 幅広い分野の新聞を所蔵しています。 日本国内発行の新聞には、 『民族時報』 『朝鮮新報』 があります。

○欧文紙

韓国で発行されている英字紙では、 "The Korea Herald" "The Korea Times" を所蔵しています。

○複製版

朝鮮王朝末期から植民地時代までの新聞は、 影印版やマイクロフィルムの形態のものを所蔵しています。 『漢城旬報』 は、 1883年に韓国最初の新聞として創刊されました。 ほぼ同時期の新聞として、 『帝國新聞』 『京郷新聞』 などもあります。 植民地時代に発行された新聞としては、 朝鮮総督府系の 『毎日申報』 が代表的です。

諸地域関係新聞

中国、 韓国・北朝鮮以外の地域については、 約40紙のアジア諸言語で書かれた新聞と、 約40紙のアジア諸地域で発行されている欧文紙を継続して収集しています。 なお、 本稿で紹介している中国語、 朝鮮語以外のアジア諸言語で書かれた新聞のタイトルには、 ローマ字化したものを使用しています。

○東南アジア諸国

フィリピン発行の新聞としては、 タガログ語の "Balita"、 フィリピンで最も古い新聞 "Manila Bulletin" などを所蔵しています。

インドネシアの新聞では、 カトリック系のインドネシア語新聞 "Kompas"、 プロテスタント系の夕刊紙 "Suara Pembaruan"、 英字紙の "The Jakarta Post" などがあります。

マレーシアの新聞 "Utusan Malaysia" は、 マレーシア最大の政党である統一マレー国民組織 (UMNO) の主張を反映していると言われています。 マレーシア語以外では、 マレーシアを代表する英字紙 "New Straits Times" や、 中国語の 『星洲日報』 などを所蔵しています。

シンガポール発行の新聞としては、 マレー語新聞 "Berita Harian" や ASEAN の報道に力を入れている "The Straits Times"、 中国語の 『南洋・星洲联合早报』 などがあります。

タイの英字紙 "Bangkok Post" は政治面や経済、 ビジネスニュースが充実しており、 国際ニュースに強い新聞です。 同紙よりも進歩的とされる "The Nation" は、 国内、 海外ニュースの両方に力を入れています。 タイ語の新聞としては "Matichon" などがあり、 同紙は政治関係のニュースや論評を多く掲載しています。

また、 東南アジアでは邦文紙も発行されており、 アジア情報室ではタイの 『バンコク週報』、 フィリピンの 『まにら新聞』 を所蔵しています。

○南アジア諸国

インドを代表する英字経済紙 "The Economic Times" や、 南インドの代表的な英字紙 "The Hindu"、 ヒンディー語の "Nav Bharat Times" などを所蔵しています。 パキスタンの新聞には、 ウルドゥー語の有力紙 "The Daily Jang"、 政府系英字紙 "The Pakistan Times"、 非政府系の英字紙"Dawn"などがあります。 バングラデシュの新聞では、 政府系でイスラム原理主義の影響が強い "The Bangladesh Observer"、 民間によるベンガル語の "Dainika ittephaka" などを所蔵しています。 スリランカの代表的英字紙 "Daily News" や政府系シンハラ語新聞 "Dinamina" なども利用できます。 ネパールの "The Rising Nepal" は政府が発行していますが、 中立的な立場からネパール在住、 在外の外国人にネパールや世界の情報を伝えています。

○中央アジア、モンゴル

中央アジア発行の新聞には、 カザフスタンの "Казахстанская правда"、 タジキスタンの "Народная газета"、 ウズベキスタンの "Народное слово" などがあります。 モンゴル語のものでは、 モンゴル人民革命党の機関紙 "Unen"、 中国の内蒙古自治区で発行されている 『内蒙古日報』 などを所蔵しています。

○中東

イスラエルの "Ha'aretz" は、 イスラエルの日刊紙の中では最も歴史が古く、 代表的なヘブライ語の新聞です。 英字紙の代表的なものに "The International Jerusalem Post" があります。 イランの "Ittila't" は、 現在イランで発行されている新聞では最も古いペルシャ語新聞です。 アジア情報室では、 同紙を1941年から所蔵しています。 英字紙の "Tehran times" は、 国内ニュースとイスラムに関する記事が豊富です。 トルコ発行の新聞では、 トルコ語の大衆紙 "Hrriyet"、 英語の "Turkish Daily News" などを所蔵しています。

○北アフリカ

エジプトのアラビア語新聞 "al-Ahrm" は、 政府関係のニュース報道が早く、 国際ニュースも充実しているため、 中東や北アフリカにおける重要な新聞の一つです。 "The Egyptian Gazette" は、 1880年に創刊された英字紙です。

紙媒体の新聞のほかに、 当館閲覧室では、 世界各国の新聞を収録した電子ジャーナル "ProQuest" を提供しています。 "ProQuest" 収録のアジア地域の英字紙については、 アジア情報室ホームページの 「アジア情報室開架雑誌/新聞一覧」 (http://www.ndl.go.jp/jp/service/kansai/asia/openjournal/index.html) にリストを掲載しておりますのでご利用ください。 また、 中国語新聞のデータベース 中国重要报纸全文数据库」 (CCND) および CD-ROM 「人民日报图文数据库」 に関しては、 この連載の第10回に掲載されています。

それぞれの地域の新聞については、 当課編集の 『アジア情報室通報』 第1巻4号 (2003年12月)第2巻4号 (2004年12月)第3巻4号 (2005年12月) でも紹介しています。

検索の方法

アジア情報室所蔵の新聞を検索するには、 中国語、 朝鮮語の新聞はアジア言語 OPAC、 それ以外の言語で書かれた新聞は NDL-OPAC (国立国会図書館蔵書検索・申込システム) を使用します。

アジア言語 OPAC を使っての検索の方法は、 この連載の第10回および第11回に掲載している通りです。 なお、 中国語、 朝鮮語新聞の未製本のものはアジア言語 OPAC で所蔵を確認することができません。 最新の所蔵については、 直接アジア情報室にお問い合わせください。

○NDL-OPACでの検索方法

タイトルが分かっている場合で、 アルファベット以外の文字を使用する言語の時は、 ALA-LC 方式 (注) でローマ字化したものを 「タイトル」 の項目に入力して検索します。

国名から検索する場合、 「書誌拡張検索」 を利用します。 まず、 上部のチェックボックスの 「洋雑誌新聞」 にチェックを入れます。 「各種コード」 のプルダウンメニューから 「発行形態」 を選択し (図)、 その右にある 「リストから選択」 ボタンをクリックして 「0203 新聞」 を選びます。 「各種コード」 の 「追加」 ボタンをクリックして項目を増やし、 同様の手順で 「国名」 を選び、 「リストから選択」 で検索したい国名を選んで検索すると、 当該国で発行された当館所蔵の新聞が、 本文の言語に関わらずすべて表示されます。

(図)
NDL-OPACでの検索方法

言語から検索する場合、 上記と同様の方法で、 「発行形態」 を 「0203 新聞」 にし、 「各種コード」 の項目を増やして、 「本文の言語」 から検索したい言語を選んで検索すると、 当館所蔵の当該言語で書かれた新聞が、 日本国内で発行されたものを含めてすべて表示されます。

(注) ALA-LC romanization tables (http://www.loc.gov/catdir/cpso/roman.html外部サイトへのリンク)

  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡