トップアジア諸国の情報をさがすアジア情報室の活動新着資料紹介><インドネシア語>Transformasi ekonomi berbasis digital di Indonesia: lahirnya tren baru teknologi, bisnis, ekonomi, dan kebijakan di Indonesia:アジア情報室の社会科学分野の新着資料紹介(2021年3月公開)

<インドネシア語>Transformasi ekonomi berbasis digital di Indonesia: lahirnya tren baru teknologi, bisnis, ekonomi, dan kebijakan di Indonesia:アジア情報室の社会科学分野の新着資料紹介(2021年3月公開)

インドネシア語

Sri Adiningsih [and five others], Transformasi ekonomi berbasis digital di Indonesia: lahirnya tren baru teknologi, bisnis, ekonomi, dan kebijakan di Indonesia(インドネシアにおけるデジタルベースの経済変革:インドネシアにおけるテクノロジー、ビジネス、経済、政策の新しいトレンドの誕生), Jakarta: PT Gramedia Pustaka Utama, 2019, xvi, 209 pages.Y735-TS-4934

【キーワード】

インドネシア、デジタル経済、アジアDX

【著者情報】

 筆頭執筆者のSri Adiningsihは、ガジャマダ大学経済ビジネス学部教授を務め、金融経済学、国際経済学等を関心分野とする。これまでに大統領諮問委員会委員長(2015~2019年)、インドネシア銀行監督委員会委員(2013~2015年)等を歴任した。

【出版の背景・目的】

 近年、インドネシアでは、有力なスタートアップ企業の出現を特徴として、デジタル経済が急速に発展している。 同国のデジタル経済の規模は、成長著しい東南アジア主要6か国の中でも最大となっており、 コロナ禍の影響を受けつつも、2025年には1,240億ドル(約13兆円)規模にまで成長するとの予測もある[1]

 本書は、今後も発展が期待されるインドネシアのデジタル経済についての研究を包括的にまとめたものである。

【本書のポイント】

 本書には、インドネシア政府によるデジタル経済関連政策の概要、電子商取引・ フィンテック等の各分野における同国の市場概況、都市・地方間の格差や人材育成面における課題等がまとめられており、 同国のデジタル経済の全体像を知るのに役立つ。

 日本でも、インドネシアをはじめとするアジア諸国のデジタル経済に対する関心は高まっており、 「成長戦略実行計画」(令和2年7月17日閣議決定)に「アジアDXプロジェクトの推進」の項目が盛り込まれる[2]など、関連する日本政府の取組も見られる。そうした取組を考えるうえでも、本書は参考になるものと思われる。

【目次】※( )内は執筆者仮訳

第1章 Pendahuluan(はじめに)
1.1 Perkembangan Revolusi Industri(産業革命の発展)
1.2 Transformasi Digital di Dunia(世界のデジタル変革)
1.3 Transformasi Digital di Indonesia(インドネシアのデジタル変革)
1.4 Sistematika Penulisan Buku(本書の執筆構成)

第2章 Transformasi Ekonomi Berbasis Digital di Berbagai Negara(様々な国でのデジタルベースの経済変革)
2.1 Australia(オーストラリア)
2.1.1 Peran Pemerintah dalam Transformasi Digital(デジタル変革における政府の役割)
2.1.2 Kesiapan Digital(デジタルの準備)
2.1.3 Kontribusi Ekonomi Berbasis Digital(デジタルベースの経済の貢献)
2.1.4 Kebijakan Pemerintah(政府の方針)
2.2 Republik Rakyat Tiongkok (RRT)(中華人民共和国)
2.2.1 Peran Pemerintah dalam Transformasi Digital(デジタル変革における政府の役割)
2.2.2 Kesiapan Digital(デジタルの準備)
2.2.3 Kontribusi Ekonomi Berbasis Digital(デジタルベースの経済の貢献)
2.2.4 Kebijakan Pemerintah(政府の方針)
2.3 Amerika Serikat (AS) (米国)
2.3.2 Kesiapan Digital(デジタルの準備)
2.3.3 Kontribusi Ekonomi Berbasis Digital(デジタルベースの経済の貢献)
2.3.4 Kebijakan Pemerintah(政府の方針)
2.4 Uni Emirat Arab (UAE) (アラブ首長国連邦(UAE))
2.4.1 Peran Pemerintah dalam Transformasi Digital(デジタル変革における政府の役割)
2.4.2 Kesiapan Digital(デジタルの準備)
2.4.3 Kontribusi Ekonomi Berbasis Digital(デジタルベースの経済の貢献)
2.4.4 Kebijakan Pemerintah(政府の方針)
2.5 India(インド)
2.5.1 Peran Pemerintah dalam Transformasi Digital(デジタル変革における政府の役割)
2.5.2 Kesiapan Digital(デジタルの準備)
2.5.3 Kontribusi Ekonomi Berbasis Digital(デジタルベースの経済の貢献)
2.5.4 Kebijakan Pemerintah(政府の方針)

第3章 Perkembangan Ekonomi Berbasis Digital di Indonesia(インドネシアでのデジタルベースの経済発展)
3.1 Kesiapan Transformasi Digital(デジタル変革の準備)
3.1.1 Infrastruktur(インフラストラクチャ)
3.1.2 Sumber Daya Manusia (SDM) (人的資源)
3.1.3 Peran Otoritas(当局の役割)
3.2 Perkembangan Ekonomi Berbasis Digital(デジタルベースの経済発展)
3.2.1 Startup Digital(デジタルのスタートアップ)
3.2.2 E-Commerce(電子商取引)
3.2.2.1 Perkembangan E-Commerce(電子商取引の発展)
3.2.2.2 Manfaat dan Masalah E-Commerce(電子商取引の利点と問題点)
3.2.2.3 Prospek E-Commerce(電子商取引の展望)
3.2.3 Financial Technology(フィンテック)
3.2.3.1 Perkembangan Startup Financial Technology(フィンテックのスタートアップの発展)
3.2.3.2 Manfaat dan Masalah Fintech di Indonesia(インドネシアにおけるフィンテックの利点と問題点)
3.2.3.3 Prospek Financial Technology di Indonesia(インドネシアにおけるフィンテックの展望)
3.2.4 On-Demand Services (ODS)(オンデマンドサービス)
3.2.4.1 Kurir dan Logistik(配送とロジスティクス)
3.2.4.2 Transportasi(輸送)
3.2.4.3 Akomodasi(宿泊施設)
3.2.4.4 Kuliner(食)
3.2.4.5 Turisme(観光)
3.2.4.6 Jasa Lain(その他のサービス)
3.3 Ancaman dan Tantangan(脅威と挑戦)

第4章 Peran Otoritas Pusat dan Daerah(中央及び地方当局の役割)
4.1 Regulasi(規制)
4.2 Digitalisasi vs Keamanan Data(デジタル化vsデータセキュリティ)
4.3 Kasus Ojek Online(オンラインバイクタクシーのケース)
4.4 'Fine Tuning' Aturan Ekonomi Berbasis Digital(デジタルベースの経済における規則の「微調整」)

第5章 Perkembangan Ekonomi Berbasis Digital Pada Masa Depan(将来のデジタルベースの経済の発展)
5.1 Arah Perkembangan Teknologi Berbasis Digital(デジタルベースの技術発展の方向性)
5.1.1 Kecerdasan Buatan Artificial Intelligence (AI)(人工知能(AI))
5.1.2 Cloud Computing dan Big Data(クラウドコンピューティングとビッグデータ)
5.1.3 Internet of Things (IoT)(モノのインターネット(IoT))
5.1.4 Blockchain(ブロックチェーン)
5.1.5 Advanced Robotics dan 3D Printing(高度ロボティクスと3Dプリンター)
5.2 Arah Perkembangan Ekonomi Berbasis Digital(デジタルベースの経済発展の方向性)
5.2.1 E-Commerce(電子商取引)
5.2.2 Financial Technology (Fintech)(フィンテック)
5.2.3 Logistik(ロジスティクス)
5.2.4 Industri Pengolahan(製造業)
5.2.5 Kesehatan(健康)
5.2.6 Pendidikan(教育)
5.2.7 Pekerjaan pada Masa Depan(将来の仕事)

第6章 Penutup(おわりに)

(アジア情報課 伊勢田 梨名)


[1]e-Conomy SEA 2020, Google, Temasek and Bain, 2020, p.99. Google e-Conomy SEA 2020 website https://storage.googleapis.com/gweb-economy-sea.appspot.com/assets/pdf/e-Conomy_SEA_2020_Report.pdf

 ここでのデジタル経済の規模とは、デジタル経済の4つの分野(電子商取引、輸送・食、オンライン旅行、オンラインメディア)の流通取引総額(GMV)を指す。"e-Conomy SEA"は、Google等が東南アジア主要6カ国を対象として行っている共同調査で、2016年から毎年調査結果が発表されている。

[2]アジアDX(デジタルトランスフォーメーション)関連政策の概要について、 宮本香織「新興国デジタル産業との共創―アジア・デジタルトランスフォーメーション―」『毎日アジアビジネスレポート』2020.2, pp.3-7. 毎日アジアビジネス研究所ウェブサイト https://mainichi.asia/wp-content/uploads/2020/02/unnamed-file.pdf等。

  • 国立国会図書館
  • 国立国会図書館オンライン
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡
  • 参考書誌研究
  • Research Navi(English)