トップアジア諸国の情報をさがすアジア情報室の活動新着資料紹介><中国語>『インターネット利用に関する世代間差異:1970年代生まれ、80年代生まれ、90年代生まれの比較』:アジア情報室の社会科学分野の新着資料紹介(2021年4月公開)

<中国語>『インターネット利用に関する世代間差異:1970年代生まれ、80年代生まれ、90年代生まれの比較』:アジア情報室の社会科学分野の新着資料紹介(2021年4月公開)

赵联飞 著『网络参与的代际差异 : 70后、80后、90后群体的比较 = Intergenerational differences in network participation : a comparative study on people born in 1970s, 1980s and 1990s(インターネット利用に関する世代間差異:1970年代生まれ、80年代生まれ、90年代生まれの比較)』 (当代中国社会变迁研究文库(当代中国社会変遷研究文庫)) 北京 : 社会科学文献出版社, 2020.2, 9, 10, 291 p【DK411-C155

【キーワード】

中国、インターネット、情報行動、世代間格差

【編集者・著者】

趙聯飛は中国社会科学院社会学研究所の副研究員であり、インターネットと社会の関係、社会統計学、青年研究等を研究領域としている[1]

【出版の背景・目的】

中国のインターネット利用者数は、2006年頃から急激に増加を続けており[2]、現在は10億人近くとなっている[3]。本書は、こうした利用増大の結果として生じる、世代ごとのインターネット利用実態の差異に対し関心を持つ著者が、実施した標本調査の結果や「中国インターネット発展状況統計報告」[4]のデータ等を元にまとめた研究書である。

【本書のポイント】

世代別のインターネットやSNS利用状況は、総務省の情報通信白書でも紹介されており[5]、状況に差はあるものの、各国共通で関心を持たれている問題と思われる。本書の第5章から第7章では、世代別のオンラインコミュニケーションの傾向、オンラインコミュニティへの参加状況、学歴やインターネットスキルとインターネット利用状況との相関関係等について分析が行われており、中国のインターネット利用の実情を具体的に窺い知ることができる。

【目次】

第一章 インターネットとインターネット利用
第二章 インターネット利用行為と世代間の差異
第三章 ライフコースと世代間の文化的差異
第四章 インターネット利用の光景のミクロ的視点の探索
第五章 オンラインコミュニケーションの世代間の差異
第六章 インターネット上の市民参加に関する世代間の差異
第七章 インターネット利用に関する世代内・世代間のギャップ
おわりに

(アジア情報課 丹治 美玲)



[1] 赵联飞(社会科学文献出版社「国内人文社科领域的人名标识与文献服务系统」)
https://id.ssap.com.cn/Z-3898-0391

[2] 本書pp.5-6による。

[3] 第47次《中国互联网络发展状况统计报告》(中华人民共和国国家互联网信息办公室ウェブサイト)
http://www.cac.gov.cn/gzzt/ztzl/zt/cnic/A0920010802index_1.htm

[4] 脚注3を参照。

[5] 情報通信白書 令和2年度版 第2部 第5章 第2節 インターネットの利用状況(総務省ウェブサイト)
https://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/r02/html/nd252120.html

  • 国立国会図書館
  • 国立国会図書館オンライン
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡
  • 参考書誌研究
  • Research Navi(English)