{{ noi }}イメージ

小林清親の光線画

小林清親の「光線画」は、明治9(1876)年8月、松木平吉(版元)から出版した「東京名所図」シリーズの中で登場した新しい画風です。「東京銀座街日報社」「東京橋場渡黄昏景」「二重橋前乗馬図」等の版画は、夜の光と影がかもす情趣を自然な描写で表現しています。

「光線画」は木版画で、スケッチをもとに制作した錦絵に水性顔料で彩色し、明澄な色調を失わずに明快な線と面を生みました。さらに従来の平面的な表現を超えるべく、ぼかしや陰影との微妙な調和が独自の新しさを生み出しました。

{{ count }} / {{ noi }}イメージ

公開日:   最終更新日: