{{ noi }}イメージ

椿花

椿は日本に自生している常緑広葉樹の一種です。縄文時代から利用価値の高い樹木と認められ、農具として使われていました。『万葉集』では花が注目され、詠われ、『万葉集』で初めて「椿」という漢字が用いられました。奈良時代になると、椿は平城京で貴族や宮殿の庭園に植えられました。

江戸時代に入ると、初代から3代までの将軍が揃って花好きで、特に2代将軍徳川秀忠が椿を好みました。これにより「寛永の椿」と呼ばれるブームが江戸で起こり、椿の珍種、珍花がもてはやされ、椿園芸が盛んになりました。『百椿集』『百椿図』といった椿の花の絵を描いた図譜が作成されます。

参考文献

  • 有岡利幸『椿』法政大学出版局 2014(ものと人間の文化史;168)【RB197-L20】
  • 青木宏一郎「徳川三代は「花癖」将軍と呼ばれた」『歴史と旅』特集 江戸のガーデニング 28(3) 2001.3【Z8-990】

{{ count }} / {{ noi }}イメージ

公開日:   最終更新日: