{{ noi }}イメージ

月百姿つきのひゃくし

幕末・明治に活躍した浮世絵師、月岡芳年(1839-92)が月をテーマとして描いた100点の錦絵です。日本や中国の逸話、歴史上の出来事、神話をもとに、有名な武士や女性、鳥や動物、妖怪や幽霊など、さまざまな題材にまつわる月の様相が描かれています。

{{ count }} / {{ noi }}イメージ

公開日:   最終更新日:

関連人物

電子展示会「近代日本人の肖像」では、人物の肖像や略歴、関連する書籍などを紹介しています。