{{ noi }}イメージ

新形三十六怪撰

幕末・明治を代表する浮世絵師である月岡芳年の手による、妖怪をテーマにした揃物「新形三十六怪撰」です。明治22(1889)年から25年にかけて制作されました。芳年はほかにも「和漢百物語」など妖怪や幽霊を扱った作品を多く残しています。

{{ count }} / {{ noi }}イメージ

公開日:   最終更新日: