コメニウス『世界図絵』

1658年にドイツでラテン語とドイツ語で出版され、世界最初の子ども向け絵入り本とされるコメニウス(Comenius, Johann Amos 1592-1670)の『世界図絵(Orbis sensualium pictus)』と、その関連資料についてご紹介します(【 】内は当館請求記号です)。

目次

1. 国際子ども図書館所蔵の『世界図絵』(令和2年12月現在)
2. 『世界図絵』に関する参考図書
3. 関連情報

1. 国際子ども図書館所蔵の『世界図絵』(令和2年12月現在)

国立国会図書館オンラインの詳細検索で、著者・編者に「Comenius」と入れて検索すると以下の資料がヒットします。所蔵場所を「国際子ども図書館」に絞り込んで検索できます。

著者・編者に「コメニウス」、またはタイトルに「世界図絵」と入れて検索すると以下の資料がヒットします。

日本語訳には以下の資料があります。

  • 『世界図絵』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(J.A.コメニウス著 井ノ口淳三訳 ミネルヴァ書房 1988.5 【FA5-E8】)
  • 『世界図絵』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(J.A.コメニウス著 井ノ口淳三訳 平凡社 1995.12 【FA5-G5】)

2. 『世界図絵』に関する参考図書

日本語で書かれた参考図書をご紹介します。

3. 関連情報

海外の図書館等で公開されているデジタル化資料の一部をご紹介します。