江戸期の美術

【 】内は当館請求記号です。

「よく利用される国立国会図書館所蔵資料のデジタル画像素材集」全体の説明は、よく利用される国立国会図書館所蔵資料のデジタル画像素材集 使い方ガイドをご覧ください。

1.東海道五拾三次

※左上から右に「日本橋 朝之景」、「箱根 湖水図」、「蒲原 夜之雪」、「庄野 白雨」

本作は、江戸後期の浮世絵師である初代歌川広重(1797-1858)の代表作と言われています。

ただ、大変残念ながら、当館所蔵のものは、東海道13番目の宿場である原(現在の静岡県沼津市)を描いた「原 朝之富士」が欠けていますので、本来全55枚であるところ、見ることができるのは54枚です。

なお、「東海道五十三次」という名称は、この作品固有のタイトルではなく、東海道の53の宿場を指す言葉です。東海道五十三次を描いた作品としては、本作のほか、以下のような作品が挙げられます。

2.東海道分間絵図

表紙 序文

箱根 江戸・日本橋

※左上から右に表紙、序文、箱根、江戸・日本橋

江戸前期の浮世絵師である菱川師宣(1618-1694)が作画に関わったものです。東海道の旅行に利用する実用的な地図として作成されていますが、街道を旅する人々や田畑を耕す人々などが描かれ、見て楽しむこともできます。

3.東海道名所図会

表紙 京都・三条橋 江戸・日本橋 箱根

※左から表紙、京都・三条橋、江戸・日本橋、箱根

「名所図会」の代表的作者である秋里籬島(江戸後期)によるものです。

本書は、江戸から順に京都までを描くのではなく、京都から順に江戸までを描いていることに特徴があります。

4.東海道五十三次

表紙 序文 品川/日本橋 三島/箱根

※左から表紙、序文、「品川/日本橋」、「三島/箱根」

「富嶽三十六景」の作者として有名な葛飾北斎(1760-1849)の手による作品です。『絵本駅路鈴』とも称します。北斎は、東海道五十三次を題材にした作品を7種作成しているとされており、本書は1ページに1宿場を描いた絵を収録しています。

なお、本書の表紙に名古屋の貸本屋「大野屋惣八(大惣)」の蔵書印があり、もとは貸本であったことをうかがわせます。そのためでしょうか、以下の後年の復刻本と比較してサイズが小さくなっており、絵も端が少々切れているのが分かります。貸本として利用している間にページの端が破損し、それをカットすることによって補修していたのかもしれません。また、箱根の絵の上部には、落書らしき墨の書込みが見られます。

日本橋 品川 三島 箱根

※左から「日本橋」「品川」「三島」「箱根」

関連する当館ウェブページ