ミニ展示・新着図書コーナー

関西館では、所蔵資料をもっと知っていただくためにミニ展示コーナーと新着図書コーナーを閲覧室入口近くに設置しています。ミニ展示は月に1回程度テーマを入れ替え、新着図書コーナーは週に2~3回資料を入れ替えています。資料は総合閲覧室開架資料と同様に閲覧、複写していただけます。

ミニ展示・新着図書コーナー

ミニ展示・新着図書コーナーの様子(写真奥が新着図書コーナー、写真手前がミニ展示)

ミニ展示

開催中のミニ展示

テーマ:『鉄道開業150年』

1872(明治5)年10月14日、新橋・横浜間に日本初の鉄道が開業してから、今年で150年を迎えます。

今回のミニ展示では、鉄道について書かれた本を集めました。

日本の鉄道の歴史や、鉄道を動かす仕組み・技術を紹介した資料のほか、鉄道と文化、関西の鉄道など、様々なテーマの資料約90点を展示します。ぜひお手にとってご覧ください。

開催期間:2022年8月18日(木)~

ミニ展示資料リスト(PDF形式:569KB)

過去のミニ展示

  • 過去のミニ展示資料リストはこちら

新着図書コーナー

関西館では、毎週数百点以上の資料を受け入れています。新着図書コーナーではその一部をカバー付でご紹介します。

現在、新着図書コーナーにある資料はこちら国立国会図書館の所蔵情報へのリンクからご確認いただけます。

新着図書は、展示終了後、数日のうちにカバーが外されて総合閲覧室や書庫で保存されます。気になる資料のタイトル、著者等を控えておくと、後日、国立国会図書館オンラインで排架場所を確認することができます。