美術市場について調べるには

美術品の取引される「美術市場」(アート市場、アートマーケット; art market)について調べるための資料を、当館所蔵資料やインターネット上の情報源を中心に紹介します。

書誌事項末尾の【 】内は当館請求記号です。

1. 概況を知る

1-1. 日本

全般

  • 日本のアート産業に関する市場調査 外部サイトへのリンク(文化庁/一般社団法人アート東京)
    (https://artmarket.report/)
    日本における美術品取引に関する各種の調査データを掲載しています。2016年以降の調査結果を閲覧できます。
  • 金融財政事情研究会 編『業種別審査事典 第9巻 第14次』 国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(金融財政事情研究会 2020 【D2-M40】)
    業種ごとに業界動向や市場規模などを分析しており、本巻には「美術商」の項目が掲載されています。なお過去の版では「画廊」の項目も掲載されています。

専門誌・専門紙

以下の美術専門誌・紙に関係する記事が掲載されていることがあります。

  • 『新美術新聞』 国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(美術年鑑社 旬刊 【Z86-115】)
  • 『月刊美術』 国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(サン・アート 月刊 【Z11-717】)
  • 『美術手帖』 国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(カルチュア・コンビニエンス・クラブ 隔月刊 【Z11-44】)
    「アートの価値の解剖学」(2021年10月号)「「NFTアート」ってなんなんだ?!」(2021年12月号)など関連する特集が組まれている号もあります。

公的統計

公的統計で美術市場に関連したデータは少ないですが以下のものがあります。

  • 財務省貿易統計 外部サイトへのリンク(財務省)
    (https://www.customs.go.jp/toukei/info/)
    輸出統計品目表・実行関税率表には第97類として「美術品、収集品及びこつとう」があり、貿易統計検索ページ 外部サイトへのリンクで品目を指定して輸出入の統計データを検索することができます。

1-2. 世界

  • Iain Robertson 著"Understanding art markets : inside the world of art and business" 国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(Routledge 2016 【K251-B296】)
    世界の美術市場についての概説書です。
  • The Reports by Artprice.com 外部サイトへのリンク(Artprice)
    (https://www.artprice.com/artmarketinsight/reports)
    2002年以降毎年の世界の美術市場の動向を調査したレポート類を掲載しています。
  • The Art Basel and UBS Global Art Market Report 外部サイトへのリンク(Art Basel・UBS)
    (https://www.artbasel.com/about/initiatives/the-art-market)
    UBSと国際的な現代アートフェアのArt Baselの発行する調査レポートを過去のものを含めて閲覧できます。
  • Art Market Report 外部サイトへのリンク(The European Fine Art Foundation(TEFAF))
    (https://www.tefaf.com/initiatives/art-market-report)
    ヨーロッパのアートフェアであるTEFAFの発行する美術市場に関するレポート類が掲載されています。
  • "Worldwide Art Dealers Industry Report" 国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(Barnes Reports)(当館契約データベース)
    各国の美術商の数や売上高などの統計データを掲載しています。当館で閲覧できるのは2009年版のみです。
  • "United States Art Dealers Industry Report" 国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(Barnes Reports)(当館契約データベース)
    2009年以降のアメリカにおける美術商に関する統計データを掲載しています。

2. 歴史的な動向を調べる

1.のほか、近現代の美術市場の動向や歴史を知るための資料として以下のものがあります。

3. 法的側面について知る

4. 取引価格を調べる

調べ方案内「美術品の価格を調べる」を参照してください。

5. 美術商について調べる

5-1. 日本

国内の美術商・画廊等を全て網羅する名簿はありません。下記のウェブサイトや年鑑類、事典などにその一部が掲載されていることがあります。

美術商によっては社史を刊行している例があります。詳しくは調べ方案内「社史について調べる」を参照してください。

5-2. 世界

  • "International directory of arts" 国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(De Gruyter Saur 【Z62-A565】)
    第2巻に美術商の名簿を掲載しています。なお、第1巻は美術館や関係団体の名簿、第3巻は総索引です。

5-3. オークションハウス

6. 調査・研究

6-1. 全般

このほか、美術関連の文献・資料を探す場合は調べ方案内「美術・建築に関する文献を探すには(主題書誌)」や国立西洋美術館の「学術情報案内」 外部サイトへのリンク、東京国立近代美術館の「美術文献ガイド」 外部サイトへのリンクなども参照してください。

6-2. 国立国会図書館オンラインで文献を探す

関連するキーワードで検索する一般的な方法のほか、以下のように分類や件名を利用して検索することが可能です。

美術市場に関する文献はNDLC(国立国会図書館分類表)のK251(美術品の収集)に分類されていることが多く、国立国会図書館オンラインでは詳細検索画面の分類欄で「NDLC」を選択して「K251*」(*は前方一致検索)を入力して検索します。

また、件名として「美術商」や「文化経済学」が付与されている資料にも関連するものがあります。詳細検索画面の件名欄に「美術商」や「文化経済学」と入力して検索します。