一般用医薬品(市販薬)について調べる

医師の処方箋がなくても薬局などで購入できる一般用医薬品(要指導医薬品も含む)、いわゆる市販薬、OTC薬について調べるための資料には、以下のようなものがあります。
【 】内は当館請求記号です。請求記号が記載されていない資料は、版、巻によって請求記号が異なります。国立国会図書館オンラインでタイトルによる検索を行ってください。

目次

1. 参考図書

  • 『JAPIC一般用医薬品集』 (日本医薬情報センター 年刊)(目次例:2019

    日本医薬情報センター(JAPIC)が入手した資料(使用上の注意や効能、副作用などを記載している"添付文書"など)を基に、一般用医薬品・要指導医薬品の医薬品名(商品名・欧文名、局方名などの一般名)、組成、添加物、適応、用法などを掲載しています。巻頭に五十音索引、会社別製品索引があります。また、巻末に「ブランド名別成分比較表」、「製薬会社住所録」など付録があります。

  • 『OTC医薬品事典』 (日本OTC医薬品情報研究会編 じほう 隔年刊)(目次例:2020-21

    OTC医薬品と指定医薬部外品について、製品名、会社名、特長、リスク区分、成分名・剤形、効能、用法・用量、製品特有の注意、色調・形状などの製剤情報、包装・価格などを掲載しています。巻末に、成分索引、症状別索引、製品名索引、会社名別索引があります。また、巻頭に「知っておきたいクスリの知識」とカラー写真付きの「製品紹介」があります。なお、最新版に続く新製品情報は、日本OTC医薬品協会の「新製品・おくすり情報ニュース」外部サイトへのリンクから入手できます。

  • 『今日のOTC薬 : 解説と便覧』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク (改訂第5版 南江堂 2021.2 【SD131-M41】)(目次

    OTC薬について、成分名、成分量、会社名、OTC薬リスク区分、禁忌、併用禁忌などを記載しています。巻末に薬剤・成分索引、用語索引があります。

  • 『JAPIC日本医薬品名事典: 医療薬・一般薬』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク (日本医薬情報センター 2007.11 【SD2-H116】)

    2007年7月1日時点で医療現場で用いられていた約17,800品目の医療用医薬品と国内で流通している約11,300品目の一般用医薬品について、製品名、製造(輸入)販売会社/発売会社名、薬価、薬価収載日、一般名、薬効分類などを掲載しています。

2. インターネット情報源