音楽産業に関する基礎的知識を得るための資料

ここでは音楽産業に関する基礎的な知識を得るための概説書などを紹介します。【 】内は当館請求記号です。版により請求記号の異なる資料は、最新版のみ記載しています。 最新の所蔵状況については、国立国会図書館オンラインでご確認ください。

目次

1. 音楽産業とは

ここで音楽産業とは、おおむねレコード制作業を中心に、音楽配信、CD等の音楽ソフトの販売業、コンサート事業等の周辺産業を含めた言葉として使います。
日本標準産業分類(平成25年10月改訂)外部サイトへのリンクの情報通信業・分類4121「レコード制作業」においては「主としてレコードの企画・制作を行う事業所をいう。」とされており、レコード会社、著作権の管理等を行う音楽出版会社などが該当します。なお、製造業・分類3296「オーディオディスクレコード製造業」はここでは扱いません。

2. 音楽産業に関する基礎的知識が得られる資料

2.1 業界概況

  • 『Oriconエンタメ・マーケット白書』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(オリコン・リサーチ 【Z72-C126】)
    当館所蔵:2009~
    「マーケット動向詳細/音楽ソフト」に全体、月間、ジャンル別、メーカー別、販売チャネル別、エリア別のセールス動向およびマーケット動向トピック、「資料」に年間、週間ヒットランキングを掲載しています。2009年以前は下記の資料で業界動向やヒットチャート情報を参照することができます。
  • 『オリコン年鑑』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(オリコン・エンタテインメント 【Z42-100】ほか)
    当館所蔵:1980~2009年版
  • 電通総研編『情報メディア白書 』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(ダイヤモンド社 年刊 【Z43-B60】)
    当館所蔵:1994年版~
    「音楽」の項で産業の構造、動向を解説し、日本・世界の市場規模、レコード、配信、映像、カラオケ、イベント、ユーザーに関するデータが収録されています。
  • 『デジタルコンテンツ白書』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(デジタルコンテンツ協会 年刊 【Z43-B11】)
    当館所蔵:2001~
    前誌『マルチメディア白書』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(マルチメディアコンテンツ振興協会 年刊【Z43-B11】)
    当館所蔵:1993~2000
    音楽を含むデジタルコンテンツの市場・政策動向、ビジネス環境や海外動向を解説しています。
  • 『日本のレコード産業 = The recording industry in Japan : statistics trends』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(日本レコード協会 年刊 【Z4-889】)
    日本のレコード産業の概要について、レコード生産統計の基礎データや関連資料をまとめたアニュアルレポートが掲載されています。
    日本レコード協会のウェブサイトでも閲覧できます。(1999年版以降)
    日本のレコード産業外部サイトへのリンク(日本レコード協会)
  • 『ぴあライブ・エンタテインメント白書』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(ぴあ総合研究所 【Z71-M823】)
    当館所蔵:2004~2009(2008までは『エンタテインメント白書』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(ぴあ総合研究所 【Z71-M823】)
    音楽公演ビジネスの動向を解説し、公演回数、動員数、平均単価、市場規模などのデータを収録しています。
    後継の『ライブ・エンタテイメント白書』外部サイトへのリンク(当館未所蔵)の目次(2014年版~)と最新版サマリーを、ライブ・エンタテイメント白書(ライブ・エンタテインメント調査委員会)で確認・閲覧できます。

2.2 業界解説

音楽業界の構造、現況などの概要を解説しています。

2.3 歴史

日本レコード協会の60周年以降の記念誌は、日本レコード協会のウェブサイトでも閲覧できます。
記念誌外部サイトへのリンク(日本レコード協会)

[last access:2022.7.22]