日本の過去の天気図

日本の過去の天気図を調べるための資料・インターネット情報源には、以下のようなものがあります。
【 】内は当館請求記号です。請求記号が記載されていないものは、版、巻によって請求記号が異なります。国立国会図書館オンラインでタイトルによる検索を行ってください。

目次

1. インターネット情報源
2. 電子資料・冊子体資料
3. 類縁機関

 

1. インターネット情報源

  • デジタル台風:100年天気図データベース外部サイトへのリンク (国立情報学研究所)
    内務省地理局東京気象台(現在の気象庁の前身)が日本で初めての天気図を作成した明治16(1883)年3月1日からの天気図を閲覧できます(戦時中を含みます)。

 

2. 電子資料・冊子体資料

  • 『気象庁天気図 JMA weather charts』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク (気象庁 月刊 【YH31-108】)
    上記デジタル台風:100年天気図データベース外部サイトへのリンク の原資料の1つで、平成元(1989)年3月1日以降の天気図を収録したCD-ROM資料です。刊行月号のCD-ROMにその月の天気図を収録しています(例:平成27年12月号には12月の天気図を収録)。ただし、台風に関する資料(台風経路図など)は発生の翌月号の資料に収録しています。なお、平成28(2016)年12月号までで廃刊しています。
  • 『天気図 = Weather maps』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク (気象庁 月刊 【Z15-437】)
    昭和37(1962)年11月 - 平成8(1996)年2月の、毎日の地上天気図および高層天気図などを掲載しています。以後廃刊となっており、内容は上掲のCD-ROM版『気象庁天気図』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(気象庁 月刊 【YH31-108】)に引き継がれています。上記期間以前の当館所蔵巻号である、大正14(1925)年2月、昭和23(1948)年6月、昭和24(1949)年11月 - 12月分には、日本付近の簡易な天気図を掲載しています。
  • 『天気図』 (中央気象台 月刊)
    『天気図』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク【10-208】には、明治18(1885)年11月12日 - 明治22(1889)年6月、明治27(1894)年7月、明治29(1896)年の天気図を掲載しています。また、『天気図. 大正5年2月1日 - 昭和12年12月31日』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク【14.6ニ-213】には、大正5(1916)年2月1日 - 昭和12(1937)年12月31日の天気図を掲載しています。
    これらの資料は、国立国会図書館デジタルコレクションでインターネット公開されています。公開されている資料を一覧するには、詳細検索画面で各当館請求記号による検索を行ってください。

このほか、当時の新聞が天気図を掲載している場合があります。新聞に掲載された天気図の一部については、「聞蔵Ⅱビジュアル」(当館契約データベース:館内限定)などの新聞データベースでも閲覧できます。当館で所蔵している新聞および新聞データベースの利用方法などについての詳細は、新聞資料室にお問い合わせください。

 

3. 類縁機関