海外の薬局方

薬局方(Pharmacopoeia)とは、一般的によく用いられる医薬品について、満たすべき品質や試験方法などを定めたものです。

ここでは海外の薬局方を紹介します。日本の薬局方については、リサーチ・ナビ「日本の薬局方」をご覧ください。

また、医薬品の成分や用法などの調べ方については、「一般用医薬品(市販薬)について調べる」および「医療用医薬品について調べる」をご覧ください。

【 】内は当館請求記号です。請求記号の記載がないものは、版や巻号によって請求記号が異なります。国立国会図書館オンラインでタイトルからお調べください。

目次

1. 海外の薬局方を調べるための情報源

海外の薬局方を調べるための情報源には、以下のようなものがあります。

 

2. 各国の薬局方

ここでは国立国会図書館が所蔵する各国の薬局方のうち、代表的なものを紹介します。

所蔵状況は令和4(2022)年12月時点のものです。一部の薬局方については最新版を所蔵していませんが、インターネット上で全文が閲覧できるものがあります。また、有料のオンライン版が提供されている場合があります。各種検索エンジンを薬局方の名称で検索してください。

アメリカ

  • "United States Pharmacopeia, the National Formulary"国立国会図書館の所蔵情報へのリンク (United States Pharmacopeial Convention 【Z63-C237】)(目次例:USP24USP23
  • "United States Pharmacopeia, the National Formulary. Supplement"国立国会図書館の所蔵情報へのリンク (United States Pharmacopeial Convention 【Z63-C253】)

    アメリカの薬局方(米国薬局方、USP)は本編と追補(Supplement)から構成されており、本編は年刊、追補は年2回の刊行です。国民医薬品集(The National Formulary:NF)と呼ばれる医薬品集との合冊になっています。本文は英語です。
    冊子体の刊行は2020年版(USP43-NF38)までです。

  • USP-NF Online(当館契約データベース:館内限定)

    上記USPおよびNFのデータベースです。2018年版(USP41-NF36)以降を収録しており、最新版も閲覧できます。
    東京本館の科学技術・経済情報室内でのみ利用可能です。カウンターでスタッフが代行検索をいたします。科学技術・経済情報室のカウンターでお申込ください。

イギリス

  • "British Pharmacopoeia"国立国会図書館の所蔵情報へのリンク (Stationery Office 【Z63-C357】)
  • "British Pharmacopoeia (Veterinary)"国立国会図書館の所蔵情報へのリンク (Stationery Office 【Z63-C756】)

    イギリスの薬局方(英国薬局方)は年刊の資料であり、本編(BP)のほかに獣医学版(Veterinary:BP(VET))が存在する点が特徴です。本文は英語です。
    令和4(2022)年12月時点での最新版は2023年版です。国立国会図書館では2022年版まで所蔵しています。

ドイツ

  • "Deutsches Arzneibuch" (Deutscher Apotheker Verlag)

    ドイツの薬局方(DAB)は年刊の資料であり、令和4(2022)年12月時点での最新版は2022年版です。本文はドイツ語です。
    国立国会図書館が所蔵する最も新しい版は2011年版国立国会図書館の所蔵情報へのリンク【SD115-B4】です。

フランス

  • "Pharmacopée française" (ANSM)

    令和4(2022)年12月時点での最新版は2012年に公表された第11版で、以降は毎年更新されています。フランスの国立医薬品・医療用品安全庁外部サイトへのリンク(Agence nationale de sécurité du médicament et des produits de santé:ANSM)ホームページ内の「La Pharmacopée française」外部サイトへのリンクのページで全文が閲覧できます。本文はフランス語です。
    国立国会図書館では、1965年公表の第8版国立国会図書館の所蔵情報へのリンク【SD115-3】および1976年公表の第9版国立国会図書館の所蔵情報へのリンク【SD115-A1】のみを所蔵しています。

中国

  • 『中华人民共和国药典』 (中国医药科技出版社)
  • "Pharmacopoeia of the People's Republic of China" (China Medical Science Press)
    中国の薬局方(中国药典、CIP)は5年ごとに刊行されており、中国語版と英語版が存在します。令和4(2022)年12月時点での最新版は2020年版です。
    国立国会図書館では2020年版について、中国語版【SD115-C1】を所蔵しています。英語版は、2015年版国立国会図書館の所蔵情報へのリンク【SD115-B6】を所蔵しています。

インド

  • "Indian pharmacopoeia" (Indian Pharmacopoeia Commission)

    インドの薬局方は近年は4年ごとに刊行されています。本編のほか、補遺(Addendum)が存在します。本文は英語です。令和4(2022)年12月時点での最新版は2022年刊行の第9版です。
    国立国会図書館では、2018年版の第8版国立国会図書館の所蔵情報へのリンク【YU111-B1618】を所蔵しています。

3. 国際的な薬局方

個々の国の薬局方のほかに、国際的な(複数の国で利用される)薬局方として、国際薬局方と欧州薬局方があります。

  • "European Pharmacopoeia"国立国会図書館の所蔵情報へのリンク (Council of Europe 【Z63-C574】)

    欧州薬局方(EP)は欧州評議会外部サイトへのリンクが作成しており、ヨーロッパ諸国のほか、世界130か国以上で用いられている国際的な薬局方です。欧州評議会の各加盟国が薬局方を作成する際、欧州薬局方に掲載された医薬品については、欧州薬局方の内容を採用することが義務付けられています。本編と追補(Supplement)から構成されており、本編は3年おき、追補は毎年刊行しています。
    令和4(2022)年12月時点での最新版は2022年に公表された第11版であり、国立国会図書館で所蔵しています。

  • "The International Pharmacopoeia" (World Health Organization)

    国際薬局方(IP)は世界保健機構が作成する薬局方です。刊行は不定期です。主に開発途上国における医薬品の品質管理に資することを目的とするほか、各国が薬局方を作成する際の参考となる情報を提供するという役割もあります。
    令和4(2022)年12月時点での最新版は2020年に公表された第10版です。世界保健機構ホームページ内の「The International Pharmacopoeia」外部サイトへのリンクのページで全文が閲覧できます。
    国立国会図書館が所蔵する最も新しい版は、2015年に公表された第5版国立国会図書館の所蔵情報へのリンク【YH245-B1480】です。

4. 国立国会図書館オンラインで検索するには

ここに紹介する以外の資料は、国立国会図書館オンラインで検索できます。タイトルや編者・出版者名に含まれるキーワードから探してください。版を指定する場合は、英語(例:first)とアラビア数字(例:1st)の両方から検索してください。

科学技術振興機構が提供するJ-GLOBAL外部サイトへのリンクにて別名や同義語を調べ、キーワードを広げることも有用です。

国立国会図書館オンラインの検索結果を所蔵場所「科学技術・経済情報室」で絞り込むと、科学技術・経済情報室で開架している参考図書類を検索できます。

ここでは、国立国会図書館分類表(NDLC)による分類から検索する代表的な方法を紹介します。

分類

下記のような分類記号に、キーワードとして「Pharmacopoeia」や「Formularies」のほか、探したい国の名前などを掛け合わせて検索します。

  • 公定書 SD111
  • 公定書(外国) SD115
    ※ここでの公定書は、薬局方や薬局方外公定書のことを指しています

5. インターネット情報源