沿岸海域地形図・土地条件図

沿岸海域地形図・同土地条件図は、沿岸海域(沿岸の陸域とそれに連続する水深おおむね50mまでの海域)を対象として、その管理・開発利用計画・環境保全対策等の基礎資料とするために、地形、地質、土地の利用状況などを示した地図です。国土地理院により実施された、「沿岸海域基礎調査」(昭和47年~平成18年)に基づいて作成されました。

目次

1.国立国会図書館の所蔵
1-1.沿岸海域地形図
1-2.沿岸海域土地条件図
2.資料の利用方法
3.関連サイト

1.国立国会図書館の所蔵

ほとんどの資料は「沿岸海域基礎調査報告書」(国土地理院)とセットになった折り図で、東京本館地図室では、国土地理院から刊行された76面全てを所蔵しています。(2015年1月現在)
「沿岸海域土地条件図」は、国土地理院が運営するサイト「地理院地図」外部サイトへのリンクでも閲覧可能です。
(https://maps.gsi.go.jp/)

1-1.沿岸海域地形図 1:25,000

陸域については既製の1:25,000地形図を用い、海域については、等深線や底質などの「自然条件」、海上保安施設や水産施設などの「各種施設」、港湾区域界港区・航路・開発保全航路の界などの「管理区分」を色分けして表示しています。

1-2.沿岸海域土地条件図 1:25,000

沿岸部の陸域、海域の土地条件を表す主題図です。
陸部の地形分類、海部の地形分類、底質、水深、各種施設等を表示しています。

2.資料の利用方法

国立国会図書館オンラインの簡易検索画面で、キーワード欄に図名を入力して検索します。図名は、日本地図センターの「国土地理院刊行地図一覧図」外部サイトへのリンクで確認できます。また、図名がわからない場合でも、国立国会図書館オンラインの簡易検索画面で、所蔵場所のプルダウンから「東京:地図室」を選択し、キーワード欄に「沿岸海域地形図」(「沿岸海域土地条件図」)と入力すると、一覧を表示することができます。

3.関連サイト

  • 沿岸海域基礎調査外部サイトへのリンク(国土地理院)(https://www.gsi.go.jp/bousaichiri/engan16.html)
    沿岸海域基礎調査の概要や沿岸海域土地条件図の閲覧ページへのリンクなどが掲載されています。