インターネット上で閲覧できる中国語新聞

 近年、インターネットで紙面を閲覧できる中国語新聞が増えてきました。多くの新聞社のサイトでは当日分の新聞を無料で公開しています。中には、過去数年分の新聞の紙面を公開しているサイトもあります。また、中国や台湾の図書館では、中華民国期や1950-1960年代に発行された新聞の紙面をデジタル化し、無料で公開しているものもあります。ここでは、インターネット上で閲覧できる中国語新聞の探し方や有用なサイトをご紹介します。

目次
1.中国
1.1.新聞社サイトを探す
1.2.主要な全国紙のサイト
2.香港
3.台湾
4.日本
5.新聞記事データベースとデジタル化新聞

1.中国

1.1.新聞社サイトを探す

中国で発行されている新聞の多くはニュースサイトを設置しており、当日のニュースや過去の記事を閲覧できます。そのようなサイトを探すには、当館で作成しているAsiaLinksのほか、上海図書館で提供する次のサイトも便利です。

  • 上海图书馆电子报纸导读外部サイトへのリンク(上海図書館)
    (http://newspaper.digilib.sh.cn/website/index.asp)
    中国で発行されている新聞のサイト約500を収録するリンク集です。無料で記事の本文や紙面のデジタルデータを閲覧できるサイトを収録しています。「地区列表」(地域別一覧)、「字母列表」(紙名ピンイン順一覧)、「报纸查询」(紙名検索)の3つの手段で探すことができます。

1.2.主要な全国紙のサイト

1.1.に収録されているサイトの多くは、当日分あるいは過去数日分程度の紙面を無料で公開していますが、過去数年分の紙面を無料で公開しているサイトもあります。そのようなサイトのうち、主要な全国紙のサイトを以下にご紹介します。

  • 人民网外部サイトへのリンク(人民日報社)(http://www.people.com.cn)
    『人民日报』は、中国共産党中央委員会の機関紙です。画面上部のメニュー「人民日报报系」>「人民日报」(http://paper.people.com.cn/rmrb/)から、前年1月以降の紙面や記事テキストを閲覧できます。また、人民日報社は『市场报』『环球时报』『京华时报』など多くの新聞・雑誌を発行していますが、一部の新聞については、「人民日报报系」からプルダウンで紙名を選択して、記事を閲覧することができます。日本語ページ(人民網日本語版)外部サイトへのリンクもあります。なお、国立国会図書館内で利用できる「人民数据(人民日報オンライン版)」データベースでは、1946年以降の記事を検索、閲覧できます。
  • 人民日报海外版外部サイトへのリンク(人民日報社)(http://paper.people.com.cn/rmrbhwb/)
    『人民日报海外版』の前年1月以降の記事を閲覧できます。
  • 光明日报报业集团数字报外部サイトへのリンク(光明日報報業集団)(http://epaper.gmw.cn/)
    『光明日报』は、中国共産党中央宣伝部の指導下にある新聞で、学術や文芸に関して独自の視点に立った記事を掲載しています。このサイトでは『光明日报』(2008年1月以降)や『中华读书报』(2010年9月以降)などの記事を閲覧できます。
  • 中国青年报外部サイトへのリンク(中国共産主義青年団)(http://zqb.cyol.com/)
    中国共産主義青年団の機関紙です。2005年以降の記事を閲覧できます。
  • 经济日报外部サイトへのリンク(経済日報社)(http://paper.ce.cn/)
    中国共産党中央宣伝部の管理下にある経済紙です。2008年以降の記事を閲覧・検索できます。

2.香港

香港の新聞社サイトで、無料で新聞記事全文を公開しているものは多くありません。代表的な新聞のうち、当日分のニュースを公開しているサイトを紹介します。

  • 星島日報外部サイトへのリンク(http://www.singtao.com/)
    画面右上の検索窓から、1年間を上限として全文検索することができます。
  • 明報外部サイトへのリンク(世界華文媒体)(http://www.mingpao.com/)
    過去3ヶ月分の記事を検索できますが、記事によっては閲覧に有料契約が必要です。
  • 東方日報外部サイトへのリンク(東方報業集団)(http://orientaldaily.on.cc/)
    当館未所蔵。「昔日東方」で2002年6月以降の記事を閲覧できます。全文検索も可能です。
  • 文匯報外部サイトへのリンク(http://paper.wenweipo.com/)
    「新聞回顧」から2013年1月以降の記事を閲覧できます。全文検索も可能です。

3.台湾

台湾では長い間、『聯合報』と『中國時報』が二大紙とされてきました。近年は、『自由時報』『蘋果日報』も部数を伸ばし、四大紙と呼ばれるようになっています。

  • 聯合新聞網外部サイトへのリンク(聯合線上)(http://udn.com/)
    『聯合報』などを刊行する聯合線上が運営するサイトです。当日のニュースが見られるほか、「全文報紙資料庫」外部サイトへのリンクから、『聯合報』や『經濟日報』など数タイトルの新聞について、過去10年分の記事を全文検索できます。本文閲覧には有料の会員登録が必要です。
  • 中時電子報(中國時報)外部サイトへのリンク(http://www.chinatimes.com/)
  • 自由時報外部サイトへのリンク(http://www.ltn.com.tw/)
    トップページ検索窓から、直近3ヵ月分の記事の全文検索ができます。検索結果から日付を設定することで、直近以外の3ヵ月を選ぶことも可能です。
  • 蘋果日報外部サイトへのリンク(台湾蘋果日報)(http://www.appledaily.com.tw/)
    当館未所蔵。芸能・娯楽記事が多い大衆紙です。トップページ検索窓から2003年5月以降の記事を検索・閲覧できます。

4.日本

日本国内でも、在日または訪日中国人のために中国語新聞が発行されています。代表的な新聞のウェブサイトを紹介します。

  • 中文導報外部サイトへのリンク(中文産業)(http://www.chubun.com/)
    週刊新聞。「中文导报周报电子版」から2008年5月以降の紙面を見ることができます。
  • 陽光導報外部サイトへのリンク(陽光新聞社)(http://www.sunshine-news.co.jp/)
    週刊新聞。「电子报」から2011年3月以降の紙面を見ることができます。姉妹紙として『玩轉東京』があります。
  • 日本新華僑報外部サイトへのリンク(日本新華僑通信社)(http://newspaper.jnocnews.jp/)
    隔週刊の新聞。紙面の一部が『人民日報海外版日本専刊』となっています。直近3ヵ月の紙面が見られます。

5.新聞記事データベースとデジタル化新聞

特定のことがらについて書かれた記事を探したい場合は、複数の新聞をまとめて検索できる新聞記事データベースが便利です。当館では次のデータベースを利用できます。

  • 中国重要报纸全文数据库 (CCND)外部サイトへのリンク(中国知網)(https://chn.oversea.cnki.net/kns/brief/result.aspx?dbPrefix=CCND)
    中国(大陸)で発行された重要新聞約600紙について、2000年以降の記事を検索できます。学術性、資料性の高い記事を選択的に収録しています。検索は 無料ですが、本文の閲覧は有料です。国立国会図書館内で本文テキストの閲覧・複写ができます。(写真などの画像は収録されていません。)

中国の省や直轄市の図書館では、その地方で発行された新聞のバックナンバーをデジタル化し、公開している場合があります。また、台湾の図書館等でも新聞のデジタル化が進んでいます。そのようなサイトを紹介します。

  • 青海文旅资源共享平台外部サイトへのリンク(青海省图书馆)(中国)
    (http://crrs.renrentong.cn/qhfz/index.html)
    「本地报纸」から、過去の青海日报、西宁晚报、海东时报、柴达木日报、西海都市报が閲覧できます。一定の時期以前の記事の閲覧には、WeChatの登録が必要です。
  • 江苏地区老报纸数据库外部サイトへのリンク(南京图书馆)(中国)
    (http://www2.jslib.org.cn/was5/web/lbz.htm)
    1949年の建国から60年代中期までに、江蘇省の県級以上の地区で発行された新聞65タイトルが閲覧できます。
  • 數位典藏服務網外部サイトへのリンク(国立公共資訊図書館)(台湾)
    (https://das.nlpi.edu.tw/)
    「主題瀏覽」内の「舊報紙」には、1945年から1960年代に台湾で発行された新聞20紙の画像データを収録しています。日本で発行された華僑向けの新聞も含みます。「進階查詢」でキーワード、刊行年、紙名等での掛け合わせ検索ができます。

関連する「調べ方案内」

関連するAsiaLinks