番付(番附):芝居番付

芝居番付は、歌舞伎・人形浄瑠璃の役付(顔見世番付)、演目・配役(辻番付、役割番付)、演目の内容(絵本番付)を示す興行の宣伝用刷物です。

ここでは主に、江戸時代~明治時代に発行された芝居番付の調べ方について紹介します。

書誌事項末尾の【 】内は当館請求記号です。各専門室などで開架している資料は、請求記号に続けて以下の略号を付しています。
 人文:東京本館人文総合情報室
 音楽:東京本館音楽・映像資料室
 関西:関西館総合閲覧室

1. 総合目録

2. 当館の所蔵資料

2-1. 芝居の外題で検索する

2-2. 当館所蔵の番付集、貼交帖を検索する場合

上記のツールでヒットしない番付の所蔵調査は、各番付集、貼交(はりまぜ)帖の中身を個別に確認する必要があります。ただし、当館所蔵の番付集や貼交帖をすべて把握できる目録、リストはないため、以下を参考に検索してください。

  • 国立国会図書館オンライン
    詳細検索画面で、タイトル:「番付」、「番付集」、「芝居 番付」、「役者付」、件名(「選択してください」から選ぶ):「歌舞伎 番付」、「絵本番付」(個別の絵本番付も含む)、「演劇」、「歌舞伎」(番付以外も含む)などで検索してください。また、以下のような名称の番付もあります。
    例)「江戸大芝居新役者附」、「大鎧海老洞篠塚」

3. 他機関の所蔵資料

関連する調べ方案内