戦前の日本特許の調べ方

戦前の日本特許を調べる方法を紹介します。【 】内は当館請求記号です。

目次

1. 特許情報プラットフォーム(J-PlatPat)

特許情報プラットフォーム(J-PlatPat)外部サイトへのリンクは、独立行政法人 工業所有権情報・研修館外部サイトへのリンクが運営する特許情報提供サービスです。明治以降に発行された、日本の特許・実用新案・意匠・商標の公報などを公開しています。「簡易検索」外部サイトへのリンク「特許・実用新案番号照会/OPD」外部サイトへのリンクおよび「特許・実用新案検索」外部サイトへのリンクから、戦前の特許を検索できます。

 

2. 戦前の特許索引

当館で所蔵している戦前の特許索引には、以下があります。

  • 『特許分類別総目録. 明治18年8月-昭和31年12月』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(特許庁 編 技報堂 1958 【507.23-To414t3】) (国立国会図書館デジタルコレクション:図書館・個人送信限定)国立国会図書館デジタルコレクションへのリンク
    発明と実用新案に関する種目、全1万4993種目のもとに特許番号を番号順に記載した資料で、収載件数は77万8508件です。ただし、特許番号しか掲載されていないため、この資料だけで発明の名称や発明者・権利者を知ることはできません。より詳細な情報を知るためには、J-PlatPatを検索し、特許情報を確認する必要があります。特許番号は、特許の取得順に付されるため、調べたい特許の年代がある程度限定されている場合は、調査対象となる特許番号を絞り込むことができます。年別特許番号表(p.5)で、その年に付与された特許の最終番号が一覧となっています。

  • 『帝国発明家名鑑』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(日刊工業新聞出版部 昭12 【722-63】) (国立国会図書館デジタルコレクション)国立国会図書館デジタルコレクションへのリンク
    明治から昭和9年に至るまでの、著名な発明家の発明を調べることができます。「特許篇」と「実用新案篇」から成り、「特許篇」では特許分類順に特許番号、発明人、発明の概要が掲載されています。「特許篇」の巻頭に発明者索引があります。

  • 『専売特許発明全書』(石川利之編 明治27 【9-280】)(上巻国立国会図書館デジタルコレクションへのリンク下巻国立国会図書館デジタルコレクションへのリンク:国立国会図書館デジタルコレクション)
    特許第1号(明治18年)から特許第2184号(明治27年3月末)までの特許について、目次から発明名称を一覧できます。各項目に、特許番号、発明人、発明の概要が掲載されています。
これらの資料から特許番号を特定し、J-PlatPatの簡易検索外部サイトへのリンクから、「特明〇〇(〇〇は特許番号1-6桁までの数字 例:特明1)」などと検索することで、特許原文献を閲覧できます。

 

3. 検索例:池田菊苗のグルタミン酸ソーダに関する特許を探す

戦前の日本の特許の検索例として、池田菊苗のグルタミン酸ソーダを主成分とした調味料に関する特許を、J-PlatPatの「特許・実用新案番号照会/OPD」外部サイトへのリンクおよび「特許・実用新案検索」外部サイトへのリンクから検索する方法を紹介します。なお、戦前の特許原文献はJ-PlatPatでテキスト化されていないため、簡易検索でキーワードから検索することはできません。

3.1. J-PlatPatの「特許・実用新案番号照会/OPD」から検索する

J-PlatPatの「特許・実用新案番号照会/OPD」から特許を検索する際には、その特許の特許番号を調べる必要があります。特許番号が不明な場合は、『特許分類別総目録. 明治18年8月-昭和31年12月』を主題(分類)から検索します。この資料の分類では「調味料」は以下のような体系となっています。右側カッコ内は掲載されている特許の件数です。

第34類 飲食品、栄養剤
 34K0 調味料、香辛料、着色料(28件)
 34K1 調味料(88件)
  34K11 アミノ酸調味料(95件)
   34K111 薬品により分解するもの(112件)
   34K112 酵素により分解するもの(45件)

年代が限定できない場合は、上記の合計368件の特許番号すべてについて、J-PlatPatの「特許・実用新案番号照会」から検索し、詳細な情報を確認することになります。
今回の池田菊苗の特許の場合は、「34K111 薬品により分解するもの」の「14805」が特許番号となるので、この番号を用いて検索を行います。

(1) 「特許・実用新案番号照会/OPD」外部サイトへのリンクにて、「番号種別:特許番号(B)・特許発明明細書番号(C)」を選択し、「番号:14805」と入力し、照会ボタンを押します。
(2) 「特明14805」のリンクをクリックすると、特許原文献(特許発明明細書)である、「第一四八〇五號 第七十七類 「グルタミン」酸鹽ヲ主要成分トセル調味料製造法」が閲覧できます。

 

3.2. J-PlatPatの「特許・実用新案検索」から検索する

J-PlatPatの「特許・実用新案検索」から特許を検索する際には、その特許が該当する分類を調べ、その分類で検索する必要があります。分類が分からない場合は、「特許・実用新案分類照会(PMGS)」外部サイトへのリンクのページから調べることができます。

「特許・実用新案分類照会(PMGS)」の「キーワード検索」外部サイトへのリンクを「検索対象:FI/ファセット」「表示画面:FIハンドブック」、「キーワード:FI/ファセット単位:グルタミン酸」として検索します。検索結果のうち、FI/ファセット:「A23L27/22」、説明:「・・・グルタミン酸を含有するもの[2016.01]」が調味料のカテゴリのFIです。この分類を用いて検索を行います。

(1) 「特許・実用新案検索」外部サイトへのリンクにて、文献種別を「特許発明明細書(C)」、「検索項目:FI」を選択し、キーワード欄に「A23L27/22」と入力の上、検索します。
(2) 検索結果を1件ずつクリックし、該当する特許であるか確認します。

 

関連記事