IFAD(国際農業開発基金/International Fund for Agricultural Development)

設立及び目的

1977年設立(日本は原加盟国) 本部:ローマ (イタリア)
目的:開発途上国の農業開発のために、緩和的な条件で資金供与を行うこと(国際農業開発基金設立協定 第2条)。
IFADの業務開始は1978年。

日本語パンフレット「IFADの概要」
外部サイトへのリンク
外務省「国際農業開発基金(IFAD)の概要」外部サイトへのリンク

組織構成

総務会(Governing Council)、理事会(Executive Board)、総裁(President)及び事務局(Secretariat)で構成されています。加盟国は、先進国グループ(Primarily OECD Members)、産油国グループ(Primarily OPEC Members)、開発途上国グループ(Developing Countries)の3つのカテゴリーに分類され、それに応じて各国の拠出額や投票権の配分が決定されます。
IFADのホームページ外部サイトへのリンク

検索ツール

最近の主要な出版物はKnowledge外部サイトへのリンクで公開されています。

公式記録、ドキュメント

基本文書はCorporate Documents外部サイトへのリンクで、最近の総務会、理事会等の資料はGoverning Body documents外部サイトへのリンクで公開されています。

基本資料

Annual report
所蔵:(DE64-113)1979-1983/(Z61-B485)1984-2014
IFADが刊行している年次レポートです。IFADのウェブサイト外部サイトへのリンクで2001年版以降の号が公開されています。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する情報

IFADでは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する特設ページ外部サイトへのリンクを設け、声明、ニュース、関連情報等を掲載しています。