トップ科学技術論文誌・会議録データベース>ヘルプページ

ヘルプページ

科学技術論文誌・会議録データベース(以下「会議録DB」)では、国内で活動する諸団体が発行する科学技術 関係の学術論文誌をキーワードで探すことができます。2005年以降に刊行された採録誌に収録された会議録を網羅的に収録していますので、会議名、 会議録名から掲載誌を探すことができます。そのほかにも、採録誌一覧を分類ごとに確認することで、当該分野の学術論文誌を一覧することもできます。

1.会議録DBで検索する

 検索窓

○キーワード検索では、会議録DBのすべてのデータ項目を対象とした全文検索を行います。詳しい検索条件を指定して検索される場合は、検索窓下のリンク「こちら」をクリックしてください。「追加条件を表示する」ボタンがありますので、これをクリックすると下の画面のように、様々な検索項目が表示されます。追加条件の説明は、リサーチ・ナビ「検索方法」のページをご覧ください。

会議録DB詳細検索画面

 
○検索結果は以下のような一覧で表示されます。会議名等で検索した場合も、当該会議録情報を含む資料のタイトルがまずは一覧表示されますので、ご覧になりたい資料のタイトルをクリックしてください。

 

検索結果一覧

 

 

2.資料を確認する

○一覧から資料のタイトルをクリックすると、資料の情報(書誌情報)が表示されます。
○会議録DB収録内容は、「科学技術論文誌・会議録データベース」へのリンクを 開くと表示されます。

資料の情報

 

3.会議録DBの情報を確認する

○「この本に含まれる情報」として表示されている「科学技術論文誌・会議録データベース」へのリンクを開き、会議録DBの情報をご確認ください。
○電子ジャーナルへのリンク、他のデータベースでの採録の状況など、当該タイトルの内容を確認できる情報もご紹介しています。
○会議録情報の並び順は、会議・会議録名の降順です。年代順ではないのでご注意ください。
○会議録情報は同一書誌にひもづく会議録情報すべてが表示されます。たくさんの情報が列挙される場合もありますので、検索でヒットした部分を探したい場合には、ブラウザの検索機能をご利用ください。

会議録DBの情報

 

4.分類一覧からさがす

分類一覧

○分類は国立国会図書館分類表(NDLC)を用いています。
○分類を選択すると、以下のような資料のタイトル一覧が表示されますので、ご覧になりたい資料のタイトルをクリックしてください。(→2.資料を確認する

分類一覧2

 

 5.会議録が見つからない場合には

5-1.会議録とは

学協会等が開催する学術会議に関する資料には、プログラム、講演要旨集、前刷り(プレプリント)、予稿集、会議録、会議報告などがあります。このうち、会議録(Proceedings)は、発表論文や質疑応答等を会議終了後に取りまとめて刊行したもので、科学技術分野ではよく参照される資料です。
会議録資料は、図書、雑誌(学会誌など)、CD-ROM、DVD、ウェブ上での配信など、多様な形態で刊行されています。また、配布方法も、会議参加者のみへの配布や市販など、様々であるため、会議録資料の探索は難しいものになっています。

会議録DBでは、会議録に限らず、講演要旨集、予稿集など、発表内容が掲載されている資料についても採録しています。また、図書や雑誌など冊子だけでなく、CD-ROMなど電子資料についても採録しています。

5-2.様々なデータベースで検索する

NDL-OPACや会議録DBで発見できない場合、国内外の他機関のデータベースを検索することにより、資料を発見できることもあります。代表的なデータベースとして、J-GLOBAL(http://jglobal.jst.go.jp/)、J-STAGE(https://www.jstage.jst.go.jp/browse/-char/ja/)、JDreamIII(当館契約データベース)、CiNii Books(http://ci.nii.ac.jp/books/)、IMIC学会情報データベース(http://www.imic.or.jp/library/gakkai/)、医中誌Web(当館契約データベース)、WorldCat(http://www.worldcat.org/)、Explore the British Library(http://explore.bl.uk/)、Federal Science Library Catalogue(http://cat.cisti-icist.nrc-cnrc.gc.ca/search)などが挙げられます。

5-3.主催団体をキーワードに検索する

多くの場合、主催団体のホームページで、会議のプログラム等が確認できます。
また、ある年だけ他機関と合同開催をして、違う会議名になっている可能性があります。主催団体名をキーワードに検索をすれば、合同開催等の会議録が見つかることがあります。

会議録DBでは、主催団体のホームページURLを掲載しています。また、合同開催などの情報も会議録情報として採録しています。

5-4.会議名の略称やフルネームをキーワードに検索する

会議名は長いことが多いのでしばしば略称化され、場合によっては略称が正式名になることもあります。手元にある情報が略称であっても、書誌データが正式名で採録されていると検索できないこともあります。略称で発見できない場合は正式名でも検索してみると、会議録が見つかることがあります。また、正式名で検索して発見できない場合は、略称での検索も試してみましょう。

会議録DBでは、会議名や会議録名の略称も採録しているため、略称での検索も可能です。

 

 

  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡