トップ関西館>所蔵資料の概要

所蔵資料の概要

国立国会図書館関西館で所蔵する資料についてご案内します。
お探しの資料の所蔵有無については関西館所蔵資料の検索方法をご覧ください。

所蔵資料の概要

図書図書
学術書を中心に100万冊以上を所蔵し、そのほとんどは書庫に収蔵されています。
一般に書店などでは手に入りにくい、国や地方公共団体の発行する報告書や計画などの国内官庁出版物も多数所蔵しています。一方で、納本制度により国内で発行される出版物を広く収集している東京本館とは異なり、小説や漫画などは、基本的に所蔵していません。

 

雑誌雑誌
和雑誌は、利用の多い雑誌記事索引採録誌を中心に所蔵しています。
洋雑誌については、国立国会図書館所蔵のほとんどを関西館で所蔵しています。
他にも、「国立国会図書館デジタルコレクション」や当館契約データベースを利用して、デジタル化した雑誌や、電子ジャーナルをご覧いただけます。
⇒国立国会図書館デジタルコレクション「雑誌タイトルリスト」(CSV形式、文字コードはShiftJIS)
当館で利用できる電子ジャーナル等

 

新聞
新聞は、全国紙・地方紙・業界紙・政党紙・国内刊行英字紙・外国紙・スポーツ紙などを所蔵しています。
他にも、当館契約データベースを利用して、新聞をご覧いただけます。
関西館所蔵新聞の一覧
当館で利用できる電子ジャーナル等

 

電子資料 (NDL-HPへリンク)
電子ジャーナルやデータベース、CD/DVD-ROM等の電子資料を利用することができます。

※なお、以下のような資料は関西館では所蔵していません。
古典籍資料、外国官庁資料・法令議会資料、電話帳のバックナンバー、住宅地図、一枚ものの地図(地形図・都市地図等)、児童書、楽譜、点字資料 等

 

 

関西館の特徴的な資料群

科学技術資料関西館では、一般的な図書館では所蔵の少ない、貴重な資料群を所蔵しています。

  • 科学技術関係資料
    海外博士論文、学協会ペーパー、欧文会議録、テクニカルリポート、規格などを所蔵しています。
  • 文部科学省科学研究費補助金による研究成果報告書(科研費報告書)
    人文・社会科学から自然科学まで、あらゆる分野において、文部科学省の補助金を受けてなされた研究の成果報告書で、関西館では1983(昭和58)年頃受入のものから所蔵しています(それ以前のものは東京本館で所蔵しています)。
  • 国内博士論文
    関東大震災以後の博士論文を50万人分所蔵しています。博士論文は、個別の大学の分については学位授与大学でも利用可能な場合がありますが、全国の大学の博士論文を総合的に閲覧することができるのは、関西館のみです。
  • アジア関係資料
    アジア言語の図書、雑誌、新聞やアジア関係の日本語・欧文資料を所蔵しています。

 

総合閲覧室の主な開架資料

関西館総合閲覧室では、辞書・事典・統計など、調べ物に役立つ参考図書や、国会会議録や法令全書などの日本の法令・議会資料、国内官庁出版物、図書館学関係資料など、約9万冊を総合閲覧室で開架しています。


関西館での調べもののヒントなどは、『関西館で調べよう!!』をご覧ください。

  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡