トップ憲政資料室の所蔵資料日本占領関係資料> Documents Presented as Evidence as Evidence by the Defense before the IMTFE, 1945-47

Documents Presented as Evidence as Evidence by the Defense before the IMTFE, 1945-47

Documents Presented as Evidence as Evidence by the Defense before the IMTFE, 1945-47

資料群名(日本語仮訳)

極東国際軍事裁判に弁護側により証拠として提出された文書

資料形態

マイクロフィルム

数量

19巻

請求記号

IPS-20

主な内容

弁護側が極東国際軍事裁判に提出するために準備した文書。却下されたもの、撤回したもの、未提出のもののほか、法廷証を含む。法廷に提出するための抄録、翻訳(原稿を含む)のほか、原本もある。弁護側文書の番号順リストは、朝日新聞社旧蔵 極東国際軍事裁判記録のBox No. 215 Folder No.1に"List of Defence Document"があるが、弁護側文書番号1から1000までの分のみである。

検索手段
  • List of GHQ/SCAP International Prosecution Section Records(憲政資料室備付冊子目録)マイクロフィルム冒頭の目録部分を印字したもの。
  • 米国国立公文書館では、このIPS文書のマイクロフィルムを販売しており、同館のサイトのマイクロフィルムのカタログ中に一部の文書についての簡略な内容細目のPDFファイルが掲載されている(米国国立公文書館のサイトのトップページ外部サイトへのリンク から Research Our Records >Search Online >Microfilm Catalogへ入り、Search & Browse NARA's Microfilm Catalogを"331"で検索)。
関連資料

「国際検察局文書」

  • 国立国会図書館
  • 国立国会図書館オンライン
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡
  • 参考書誌研究