「リサーチ・ナビ」に関するアンケートを実施しています。皆さまのご意見をお聞かせください。アンケートに答える
                  

トップ憲政資料室の所蔵資料日系移民関係資料> 楡木久一関係資料

楡木久一関係資料

楡木久一関係資料

資料形態  原資料

書架延長  1.55m、大型別置(新聞原紙)0.35m

憲政資料室における分類名  VE3

旧蔵者名  楡木久一(にれき ひさいち)

旧蔵者の履歴  1906年生まれ、栃木県出身、信濃海外移住組合の周旋で1931年10月ぶえのすあいれす丸でブラジル渡航、サンパウロに居住し、行商、飲食店、洋服の修繕などに従事した。ポルトガル語紙を購読していたが、日本の敗戦をデマ報道とみなし、信念派=カチ組に組みした。

受入  1981年1月に図書、雑誌のコレクションとともに本人から購入した(「朝日新聞」1981年12月8日に紹介記事あり)。

主な内容  主に日記と新聞切抜きから成る。日記は1938年11月分から1964年12月分を所蔵。昭和18年8月31日の日記に「昭和六年以来、昭和十二年十二月迄書きつづけた日誌をすてる」とある。1942年9月サンパウロ(コンデ街)から強制退去させられるまでの日記には、サンパウロ市内の日々の状況の記載がある。また、終戦後の日記には、信念派としての所見が記されている。
 新聞切抜きは、随時関心を持った記事をスクラップし、あるいはページごと切り取って綴じたもの。特に日系人関係というわけではなく、1960年代のブラジルの時事的な記事がその半数を占める。なお、切り抜かれた新聞記事の多くは紙名が記されていない。

主言語  日本語、ポルトガル語

検索手段  目録(PDFファイル 172KB)に掲載されている。

資料の構成

  • 日記
  • 書類
  • 新聞切り抜きノート
  • 雑誌切抜き
  • 新聞原紙の抜取り保存(大型)
  • 国立国会図書館
  • 国立国会図書館オンライン
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡
  • 参考書誌研究