「リサーチ・ナビ」に関するアンケートを実施しています。皆さまのご意見をお聞かせください。アンケートに答える
                  

トップ憲政資料室の所蔵資料憲政資料> 江藤新平関係文書(MF:佐賀県立図書館蔵ほか)

江藤新平関係文書(MF:佐賀県立図書館蔵ほか)

江藤新平関係文書(MF:佐賀県立図書館蔵ほか)

受入事項  複製

資料形態  マイクロフィルム

数量  17巻

旧蔵者  江藤新平 (えとうしんぺい)

旧蔵者生没年  1834 – 1874

旧蔵者履歴  天保5(1834)2.9佐賀生まれ。明治2(1869).9朝命により上京、明治2.11中弁、明治4(1871).7制度局兼務、文部大輔、明治4.8左院1等議員、左院副議長、明治5(1872).3教部省御用掛兼務、明治5.4司法卿、1873.4参議、1873.10辞職、1874.1愛国公党を結成し、民選議院設立の建白を左院に提出、1874.2佐賀の乱をおこす、1874.4.13斬首。号は南白。

受入公開  『江藤新平関係文書』(マイクロフィルム版)、北泉社、1989.12刊行

主な内容  全体の半数近くを占める江藤宛書簡の他、佐賀藩藩政改革関係、左院、司法関係、伝記資料など。

整理の方法  当資料群の原本は、個人蔵(リール1~3収録)、佐賀県立図書館所蔵(リール4~17収録)に分かれる。当資料群(マイクロフィルム版)の目録は、(1)個人蔵部分に関しては新たに整理を行ったが、(2)佐賀県立図書館所蔵分に関しては、既存の目録(『佐賀県明治行政資料目録 江藤家資料目録』佐賀県立図書館、1983、十進法分類(佐賀県歴史資料分類表)による分類)における分類・配列を踏襲している。マイクロフィルム版目録の末尾には(1)(2)両方の主要史料を、江藤の履歴に添った形で配列しなおした「主要史料一覧」が付されている。

検索手段  『江藤新平関係文書』マイクロフィルム版、広瀬順晧編修、杉谷昭・毛利敏彦監修、北泉社、1989

原資料の所在  個人蔵・佐賀県立図書館蔵

関連文献

【資料紹介】
杉谷昭「肥前佐賀藩・維新期における江藤新平」、毛利敏彦「明治初期政治史における江藤新平」(ともに『江藤新平関係文書』(マイクロフィルム版、広瀬順晧編修、杉谷昭・毛利敏彦監修、北泉社、1989)に収録)
毛利敏彦「明治初期政治・法制史における江藤新平--『江藤新平関係文書』解説--」『明治維新政治外交史研究』吉川弘文館、2002(上記目録の毛利による解説の加筆)
毛利敏彦「江藤新平」『近現代日本人物史料情報辞典』吉川弘文館、2004(同書第3巻に追加情報あり)
『江藤新平関係文書の総合調査』(文部科学省科学研究費補助金研究成果報告書、研究代表者島善高)、2007(江藤発信書簡を含め、江藤関係資料の所在・内容をまとめた「江藤新平関係文書所在目録」等を収録)

【資料集(翻刻)】
江藤新作編『南白遺稿』博文館、1892
『南白江藤新平遺稿 前集・後集』吉川半七、1900
江藤新平関係文書研究会(代表 島善高)「江藤新平関係文書 書翰の部」(1)『早稲田社会科学総合研究』4(1)(2003.7)より順次掲載
島善高・星原大輔「史料翻刻 江藤兵部氏所蔵 江藤新平関係文書」『早稲田社会科学総合研究』5(3), 2005.3
島善高「真木なお子氏所蔵 江藤新平関係文書」『早稲田社会科学総合研究』7(2), 2006.12
「史料翻刻 佐賀県立佐賀城本丸歴史館所蔵 江藤新平関係文書--書翰の部」(1) (2)『佐賀県立佐賀城本丸歴史館研究紀要』5号(2010)、6号(2011)

【伝記】
『江藤南白』上・下巻、的野半介、南白顕彰会、1914(原書房復刻・1968、江藤家所蔵資料を多数利用)

【関連サイト】
佐賀県立図書館データベース(古文書・古記録・古典籍データベース)外部サイトへのリンクにて江藤家資料(江藤新平に関する資料約1400件)について、検索及びデジタル画像の閲覧可。

  • 国立国会図書館
  • 国立国会図書館オンライン
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡
  • 参考書誌研究