「リサーチ・ナビ」に関するアンケートを実施しています。皆さまのご意見をお聞かせください。アンケートに答える
                  

トップ憲政資料室の所蔵資料憲政資料> 岩倉具視関係文書(MF1:内閣文庫)

岩倉具視関係文書(MF1:内閣文庫)

岩倉具視関係文書(MF1:内閣文庫)

受入事項  複製

資料形態  マイクロフィルム

数量  11巻

旧蔵者  岩倉具視 (いわくらともみ)

旧蔵者生没年  1825 – 1883

旧蔵者履歴  文政8(1825).9.15京都生まれ。岩倉具慶の養嗣子。天保9(1838).12元服昇殿、嘉永7(1854).3侍従、安政4(1857).12侍従兼近衆、万延元(1860).12右近衛権少将、文久2(1862).5左近衛権中将、文久2.7近衆を辞す、文久2.8辞官落飾、慶応3(1867).12復飾、参与、議定、慶応4(1868).1副総裁、海陸軍務会計事務総督、慶応4.2右兵衛督、慶応4.閏4議定兼輔相、明治2(1869).1権大納言、明治2.4議定、明治2.7大納言、明治4(1871).7外務卿、明治4.10~1883.7右大臣、明治4.11特命全権大使、欧米諸国歴訪、1876.5~82.11華族督部長、1882.12内規取調局総裁、1883.7.20死去。没後、贈太政大臣。

受入公開  『岩倉具視関係文書:国立公文書館内閣文庫所蔵』(マイクロフィルム版)北泉社、1990.11刊行

主な内容  明治以降の資料が主なものであり、華族会館、華族銀行等の華族関係の資料が多い。

検索手段  『岩倉具視関係文書(内閣文庫)』小西四郎監修、北泉社、1990

原資料の所在  国立公文書館蔵

関連資料の所在
「岩倉具視関係文書(所蔵)」(当室所蔵)
「岩倉具視関係文書(MF2:対岳文庫蔵)」(当室所蔵)
「岩倉使節団文書(MF:国立公文書館蔵)」(当室所蔵)
「川上直之助収集文書」(当室所蔵)(岩倉宛・発信書簡、日記、覚書が含まれている)
「岩倉具視関係史料」(海の見える杜美術館所蔵、『岩倉具視関係史料』全2巻、佐々木克・藤井讓治・三澤純・谷川穣編、思文閣、2013で復刻)

関連文献

【資料紹介】
広瀬順晧「内閣文庫所蔵「岩倉具視関係文書」の編修にあたって」『岩倉具視関係文書(内閣文庫)』小西四郎監修、北泉社、1990
広瀬順晧「岩倉具視関係文書」『日本近代思想大系』別巻(近代史料解説・総目次・索引)、加藤周一他編、岩波書店、1992
梶田明宏「岩倉具視」『近現代日本人物史料情報辞典』吉川弘文館、2004(同書第4巻に追加情報あり)

【伝記】
『岩倉公実記』全2巻、多田好問編、宮内省皇后宮職蔵版、1906(書肆沢井復刻、1995)
『岩倉公実記』全3巻、多田好問編、岩倉公旧蹟保存会、1927(宮内省皇后宮職蔵版の再版、若干の削除、改訂あり)(『明治百年史叢書』原書房復刻、1968[大久保利謙解題])

  • 国立国会図書館
  • 国立国会図書館オンライン
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡
  • 参考書誌研究