「リサーチ・ナビ」に関するアンケートを実施しています。皆さまのご意見をお聞かせください。アンケートに答える
                  

トップ憲政資料室の所蔵資料憲政資料> 加藤高明関係文書

加藤高明関係文書

加藤高明関係文書

受入事項  所蔵

資料形態  原資料

数量  97点

書架延長  0.2m

旧蔵者  加藤高明 (かとうたかあき)

旧蔵者生没年  1860 – 1926

旧蔵者履歴  万延元(1860).1.23愛知生まれ。岩崎弥太郎の女婿。1881.7東京大学法学部卒、三菱入社、1883.4ロンドン支社詰、陸奥宗光と知遇を得る。1885.8三菱本社副支配人、1885.10郵船会社入社、1887.1外務省入省、公使館書記官兼外務省参事官、1887.3取調局次長、1888.2大隈外務大臣秘書官兼政務課長、1888.5取調局長代理、1890.9大蔵省参事官、1891.7銀行局長、1891.8監査局長、1892.8主税局長、1894.7外務省政務局長、1894.11~1900.2特命全権公使・英国駐箚、1900.10~01.6第4次伊藤内閣外務大臣、1904.10東京日日新聞社長、1906.1~3第1次西園寺内閣外務大臣、1908.9特命全権大使・英国駐箚、1913.1~2第3次桂内閣外務大臣、1913.4立憲同志会入党、1914.4~15.8第2次大隈内閣外務大臣、1915.8貴族院議員、1916.10憲政会総裁、1924.6内閣総理大臣、1926.1.28死去、伯爵。

受入公開  1967年度、古書店より購入

主な内容  陸奥広吉宛の加藤高明書簡。発信時期は1901~24年で、全96通。この他に「同志講究会計画案」未定稿1点もある。

検索手段  加藤高明関係文書目録(PDF 180KB)

複製  マイクロフィルム(1巻)で閲覧

関連文献

【資料紹介】
季武嘉也「加藤高明」 『近現代日本人物史料情報辞典』第2巻、吉川弘文館、2005
奈良岡聰智「加藤高明と陸奥廣吉」『憲法改革の理念と展開 大石眞先生還暦記念』下巻、曽我部真裕・赤坂幸一 編、信山社、2012(本文書の資料紹介を含む)

【伝記】
『加藤高明』上下、加藤伯伝記編纂委員会、宝文館、1929(資料翻刻あり)

  • 国立国会図書館
  • 国立国会図書館オンライン
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡
  • 参考書誌研究