トップ憲政資料室の所蔵資料憲政資料> 「憲政資料」の検索・複写申込ガイド

「憲政資料」の検索・複写申込ガイド

このページでは、憲政資料室所蔵の(1)憲政資料、(2)日本占領関係資料、(3)日系移民関係資料のうち、 憲政資料の閲覧・複写方法等について、ご案内します。

目次

  1. はじめて憲政資料室を利用される方へ
    • 所蔵資料について
  2. 憲政資料の検索方法
    • 目録
    • 検索補助ツール
  3. 複写申し込みについて
  4. 掲載/展示/放映等について

はじめて憲政資料室を利用される方へ

○所蔵資料について

憲政資料室で扱う資料は、幕末維新期から現代にいたるまでの日本近現代の政治家・軍人・官僚などの個人、あるいは政党(新自由クラブ他)など広く政治にかかわる個人や団体の資料です。

主に未刊行の資料で、旧蔵者の執務書類、日記、書簡、著作などの原稿、 履歴資料、写真、録音資料など、内容や形態は様々です。

憲政資料室の利用一般については憲政資料室の利用案内を御覧ください。

【御来室の前に】
憲政資料室の御利用に当たっては、予め下掲の検索方法等により、閲覧したい資料群または個々の資料を特定したうえで、御来室ください。

歴史研究に関わる論文や史料集、伝記等は当室では所蔵していません。

複写申し込みについて

憲政資料の複写は、対象資料によって手続きが異なります。該当する項目を御参照ください。

A. 必要書類
B. 複写の種類・料金

A. 必要書類

憲政資料の複写に当たっては、場合に応じて下記の書類が必要です。
資料複写申込書(必須)
特別複写許可申請書
資料複写承諾書

①資料複写申込書

来館して申し込む場合

資料を請求し、複写箇所を特定したうえ、カウンターまでお申し出ください。
(来館複写サービス(東京本館)の詳細)

遠隔複写サービス利用の場合

郵送用資料複写申込書を用い、下記項目に必要事項を記入のうえ、下掲の宛先まで送付してください。
(遠隔複写サービスの詳細および申込書様式)

○「論文名/記事名」・・・【文書名】【請求番号】【タイトル】【作成年月日】【作成者】等
○「ページ」・・・【リール番号】【コマ番号】(該当資料がマイクロフィルムの場合)
○「備考」・・・受け取る複写物の種類を指定してください(「B. 複写の種類・料金」参照)。

※「憲政資料室所蔵」と申込用紙に記載してください。
※「論文名/記事名」欄は資料同定のため、可能な限り詳細に記述してください。

②特別複写許可申請書(書式

対象資料の形態が「原資料」である場合、特別複写許可申請書が必要です。
対象資料の形態は、各文書群の概要ページで確認できます(「資料形態」項)。
※申請書は憲政資料室でもご用意しております。

③資料複写承諾書(書式

寄託資料等の一部の憲政資料は、複写手続きに先だって申込者自身によって所蔵者等から複写許諾を得る必要があります。
※資料複写承諾書の取得後は、速やかにご利用ください(原則として承認日から6ヵ月以内)。

許諾の要否は、各文書群の概要ページで確認できます。
(許諾が必要な文書に限り「複写のための注記」の項目および「複写要許諾」との記載あり)

詳細は憲政資料室までお問い合わせください。

【遠隔複写サービス利用の場合】
必要書類をご用意のうえ、下掲の送付先までそれぞれ郵送してください。

①・②:国立国会図書館関西館文献提供課複写貸出係宛
〒619-0287 京都府相楽郡精華町精華台8-1-3

③:国立国会図書館憲政資料室宛
〒100-8924 千代田区永田町1-10-1

※遠隔複写サービスをご利用いただけるのは、国立国会図書館の利用者登録をしていただいている方のみです。
※遠隔複写サービスによる複写申込みの場合、資料によっては事前に来館して複写箇所を特定する必要があります。
※基本的に憲政資料は国立国会図書館オンラインからの遠隔複写サービスの申込みができません。

B. 複写の種類・料金

憲政資料の複写は、対象資料の形態に応じて、複写の種類ならびに料金が異なります。
下記項目から該当するものを参照してください。

対象資料の形態は、各文書群の概要ページ「資料形態」項で確認できます。
また、「複製」「複写のための注記」の各項を併せて参照してください。

※「複写料金」のほかに「送料」等がかかります(詳細)。
※複写料金:遠隔複写サービスの料金 / 来館複写サービス(東京本館)の料金

資料形態 複写の種類
原資料

資料保存のため、原資料の複写に当たっては、原資料を撮影してマイクロフィルムを作製します。複写物の受け取り方法は次の2通りです。

①マイクロフィルムでの受け取り
原資料を撮影して作製したマイクロフィルム(ネガ)を受け取ることができます。

②普通紙にプリントして受け取り(A4/B4/A3)
作製したマイクロフィルムから、普通紙にプリントして受け取ることもできます。
※この場合、「撮影によるマイクロフィルム作成」の料金に加えて、「マイクロからの電子式引伸」の料金がかかります。

マイクロフィルム

一部の資料はマイクロ版が作製されています。複写物の受け取り方法は次の2通りです。

①普通紙にプリントして受け取り(A4/B4/A3)
マイクロフィルムから普通紙にプリントします。

②マイクロフィルムからマイクロフィルムへプリントして受け取り
マイクロフィルム(ロールフィルムまたはマイクロフィッシュ)を複製します。
※ロールフィルムの場合、白黒が反転します。

冊子複製版 一部の資料は冊子複製版が作製されており、通常の電子式複写を利用できます。

掲載/展示/放映等について

憲政資料を含む当館所蔵資料の複写物の掲載/展示/放映等には、手続きが必要です。
国立国会図書館所蔵資料の掲載/展示/放映/インターネット・ホームページ等への掲載を希望される方へを御覧ください。

デジタル画像の転載(画像、文書、記事、データ等の復刻、翻刻、掲載、放映、展示等)には事前に申込みが必要な場合があります。
国立国会図書館ウェブサイトからのコンテンツの転載を御覧ください。

また、寄託資料の場合、寄託者の許諾が別途必要です。
詳細は憲政資料室までお問い合わせください。

  • 国立国会図書館
  • 国立国会図書館オンライン
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡
  • 参考書誌研究