「リサーチ・ナビ」に関するアンケートを実施しています。皆さまのご意見をお聞かせください。アンケートに答える
                  

トップ憲政資料室の所蔵資料憲政資料> 木戸家文書(MF1:国立歴史民俗博物館蔵)

木戸家文書(MF1:国立歴史民俗博物館蔵)

木戸家文書(MF1:国立歴史民俗博物館蔵)

受入事項  複製

資料形態  マイクロフィルム

数量  73巻

旧蔵者  木戸孝允(きどたかよし)・木戸孝正(きどたかまさ)・木戸幸一(きどこういち)

旧蔵者生没年  1833 – 1877(孝允)、1857 – 1917(孝正)、1889 – 1977(幸一)

旧蔵者履歴
<木戸孝允>
天保4(1833).6.26山口生まれ。慶応4(1868).4 ~明治2(1869).7参与、明治3(1870).6~4(1871).6参議、1874.1~5文部卿、1874.2~4兼内務卿、1874.5宮内省出仕、1875.3~76.3参議。1877.5.26死去。

<木戸孝正>
安政4(1857).7.26山口生まれ。来原良蔵、治子(木戸孝允実妹)の長男、彦太郎。明治4(1871).1米国留学、1874.7帰国、1875.1開成学校入学、1878.9東京大学理学部入学、1879.12大阪専門学校入学、1881.11山口県師範学校兼山口中学校御雇訓導、1882.2両校3等教諭、1883.6逓信局万国郵便課御用係、1884.11侯爵木戸正二郎(来原良蔵次男、木戸孝允養子)死去後相続人となり、孝正に改名、1884.12農商務省御用掛、駅逓局事務取扱、1889.1主猟官、1890.2~1917.8貴族院議員、1890.3式部官、1902.5東宮侍従長兼式部官、1908宮中顧問官、1917.8.10死去。

<木戸幸一>
1889.7.18.東京生まれ。東宮侍従長木戸孝正の長男、1915.8農商務省入省、1917.8侯爵、貴族院議員、1921.5水産局北洋課長、1923.8水産局水産課長、1924.1工務局工務課長、1925.4商工省大臣官房会計課長、1928.7大臣官房文書課長、1930.6臨時産業合理局第一部長、1930.10 ~36.6内大臣秘書官長、1933.8~37.10 兼宗秩寮総裁、1937.10 ~39.1第1次近衛内閣文部大臣、1939.1~39.8平沼内閣内務大臣、1940.6~45.11 内大臣、1945.12.16A級戦犯容疑で巣鴨プリズンに収監、1946.9公職追放、1948.11終身刑判決を受ける、1955.12仮釈放、1977.4.6死去。

受入公開
(1)個人旧蔵資料(1984年に国立歴史民俗博物館に寄贈)より1984年、マイクロフィルム作成(69リール)。
(2)1987年、国立歴史民俗博物館所蔵資料より追加撮影(3リール)。
(3)1998年、個人所蔵資料(のち国立歴史民俗博物館へ寄贈)よりマイクロフィルム作成(1リール)。

主な内容  木戸家三代(孝允・孝正・幸一)の資料。三代のうちでは幸一関係が最も多く、孝正関係が少ない。
(1)孝允関係:書簡、伝記資料、岩倉使節団、西南戦争関係書類、地租関係書類、辞令類他。
(2)孝正関係:日記・手帳、メモ帳、書簡、辞令、「最重要書類」(1905年3月。裕仁、雍仁両皇孫養育掛を引き受ける際の条件を記した覚書)など。孝正の実父資料も「来原良蔵関係文書」として収録。
(3)幸一関係:日記(1902~1977、欠あり)、200名余からの来簡、昭和研究会関係、厚生大臣時代書類、貴族院改革問題、1938年文官制度改正問題など。他に400通以上の獄中書簡あり。

整理の方法  国立歴史民俗博物館所蔵分の全体を撮影しているわけではない。

複写のための注記  資料の復刻又は資料の複写物の出版物への掲載・展示・放映、ホームページ等への掲載は原資料所蔵者からも要許可。

検索手段
木戸家文書(MF1:国立歴史民俗博物館蔵)目録
1987年の追加撮影分(木戸幸一関係、末尾の3リール)については、目録なし
1998年の追加撮影分(木戸幸一:東京裁判期目録)は別冊

原資料の所在  国立歴史民俗博物館蔵

関連資料の所在
「木戸家文書(MF2:宮内庁書陵部蔵)」(当室所蔵)
「政治談話録音」(当室所蔵)(木戸幸一)
「木戸日記研究会研究会旧蔵資料」(当室所蔵)
山口県立山口博物館、山口大学附属図書館にも関係資料あり

関連文献

【資料紹介】
松尾正人「木戸孝允とその史料」『日本近代思想大系』別巻(近代史料解説・総目次・索引)加藤周一他編、岩波書店、1992
西川誠「木戸孝允」『近現代日本人物史料情報辞典』吉川弘文館、2004
岩壁義光「木戸孝正」『近現代日本人物史料情報辞典』第2巻、吉川弘文館、2006
西川誠「木戸幸一」『近現代日本人物史料情報辞典』吉川弘文館、2004

【資料集(翻刻)】
『木戸孝允文書』全8巻、日本史籍協会編・刊、1929~1931(東京大学出版会復刻・1971)
『木戸孝允日記』全3巻、1932~1933(東京大学出版会復刻・1967)
『木戸孝允遺文集』妻木忠太編、泰山房、1942(東京大学出版会復刻・1982)
『木戸孝允関係文書』第1巻~、木戸孝允関係文書研究会編、東京大学出版会、2005~(刊行中、宮内庁書陵部所蔵資料の木戸宛書簡)
岩壁義光・福井淳・梶田明宏ほか「昭和天皇御幼少期関係資料 「徳大寺実則日記」と「木戸孝正日記」」『書陵部紀要』53、2001年度(2002.3)
岩壁義光・福井淳・梶田明宏ほか「昭和天皇御幼少期関係資料(2)「木戸孝正日記」明治三八年一月~五月」 『書陵部紀要』54、2002年度(2003.3)
岩壁義光・福井淳・梶田明宏ほか「昭和天皇御幼少期関係資料(3)「木戸孝正日記」明治三八年六月~九月 附 木戸孝正関係文書「最重要書類」」 『書陵部紀要』55、2003年度(2004.3)
『木戸幸一日記』上・下巻、1966
『木戸幸一関係文書』東京大学出版会、1966
『木戸幸一日記 東京裁判期』東京大学出版会、1980
『東京裁判資料 木戸幸一尋問調書』粟屋憲太郎他編修、大月書店、1987

【伝記】
『松菊木戸公伝』上・下巻、木戸公伝記編纂所編、明治書院、1927

【関連サイト】
書陵部所蔵資料目録・画像公開システム外部サイトへのリンクで宮内庁書陵部蔵「木戸家文書」の一部(人の部。当室で閲覧できるマイクロフィルムの内R11~20の全てとR21の一部に相当)を閲覧可

  • 国立国会図書館
  • 国立国会図書館オンライン
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡
  • 参考書誌研究