トップ憲政資料室の所蔵資料憲政資料> 岸信介関係文書

岸信介関係文書

文書群名
岸信介関係文書
受入事項
所蔵
資料形態
原資料
数量
81点
書架延長
0.2m
旧蔵者
岸信介(きしのぶすけ)
旧蔵者生没年
1896-1987
旧蔵者履歴
1896.11.13山口生まれ。1920.7東京帝国大学法学部卒・農商務省入省、1933.12商工大臣官房文書課長、1936.10満洲国実業部総務司長、1937.7満洲国産業部次長、1939.3総務庁次長、1939.10商工次官、1941.10東条内閣商工大臣、1942.4衆議院議員(第21、26~34回総選挙当選)、1943.10~44.7国務大臣・軍需次官、1945.9戦犯として横浜の米第8軍司令部に出頭、1948.12巣鴨拘置所から釈放、1952.4追放解除、1953.8自由党入党、1954.11日本民主党幹事長、1955.11自民党幹事長、1956.12石橋内閣外相、1957.2~60.7内閣総理大臣、兼外務大臣(~57.7)、1987.8.7死去。
受入公開
2001年3月、個人より寄託、同月公開。2015年2月、個人より寄贈
主な内容
48人の発信者からの書簡73通と小冊子1冊からなる。書簡は1950年代後半~80年代のものが大半を占め、張群(7通)、蒋介石(4通)らの中国国民党関係者や、ドワイト・アイゼンハワー(8通)、リチャード・ニクソン(2通)など、各国要人からのものが多い。
検索手段
岸信介関係文書目録(PDF 135KB)
複製
次の資料はマイクロフィルムで利用。
資料番号1~3, 7~9
関連文献
【資料紹介】
梶田明宏「岸信介」伊藤隆・季武嘉也編『近現代日本人物史料情報辞典』吉川弘文館、2004
【その他・論文】
『岸信介の回想』岸信介・矢次一夫・伊藤隆、文芸春秋社、1991(インタビュー・巣鴨獄中時代の手記・日記も収録)
『岸信介証言録』原彬久編 、毎日新聞社、2003
  • 国立国会図書館
  • 国立国会図書館オンライン
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡
  • 参考書誌研究