「リサーチ・ナビ」に関するアンケートを実施しています。皆さまのご意見をお聞かせください。アンケートに答える
                  

トップ憲政資料室の所蔵資料憲政資料> 児玉源太郎関係文書

児玉源太郎関係文書

児玉源太郎関係文書

受入事項  所蔵

資料形態  原資料

数量  362点

書架延長  0.5m

旧蔵者  児玉源太郎(こだまげんたろう)

旧蔵者生没年  1848 – 1906

旧蔵者履歴  1848.2.25山口生まれ。1868.4戊辰戦争に参戦、1869.2大阪兵学寮入学、1871.8陸軍少尉、1874.2佐賀の乱・1876.10神風連の乱・1877.2西南戦争に出戦、1885.7参謀本部第1局長、1891.12欧州差遣、1892.8陸軍次官・陸軍省軍務局長、1894.10広島差遣、1895.3大本営陸軍参謀、1898.2~1906.4台湾総督、1900.12~1902.3第4次伊藤内閣兼陸軍大臣、1903.7~10兼内務大臣、1903.9~10兼文部大臣、1903.10参謀本部次長、1904.6陸軍大将・満洲軍総司令部参謀長、1906.4参謀総長、1906.7南満洲鉄道創立委員長。1906.7.23死去。

受入公開  2017年11月、個人より寄贈、2017年11月1日公開。

主な内容  書簡と書類に分かれる。書簡は児玉と親交のあった伊藤博文ら政治家、後藤新平ら官僚、大山巌・桂太郎・寺内正毅・山県有朋ら陸軍軍人のものを含む。書類は児玉が携行していた手帳、児玉の意見書、業務上取得した文書からなる。なお本文書の約7割は、『児玉源太郎関係文書』(尚友叢書16、同成社、2014年)に翻刻が採録されている。

検索手段  児玉源太郎関係文書目録(PDF 720KB)

関連文献

【資料集(翻刻)】
『児玉源太郎関係文書』尚友叢書16、同成社、2014

【伝記】
『児玉源太郎』宿利重一、マツノ書房、1993
『児玉源太郎 そこから旅順港は見えるか』小林道彦、ミネルヴァ書房、2012

注記(その他)
デジタル化作業のため、下記の予定で一部資料の利用を停止します。
ご不便をおかけしますが、ご理解とご協力を御願いいたします。
児玉源太郎関係文書 資料番号116~120
利用休止期間 2019年9月21日~2020年3月末日(予定)

  • 国立国会図書館
  • 国立国会図書館オンライン
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡
  • 参考書誌研究