トップ憲政資料室の所蔵資料憲政資料> 児玉如忠関係文書

児玉如忠関係文書

文書群名
児玉如忠関係文書
受入事項
所蔵
資料形態
原資料
数量
90点
書架延長
0.4m
旧蔵者
児玉如忠(こだまじょちゅう)
旧蔵者生没年
1849-1923
旧蔵者履歴
嘉永2(1849).7.5.東京生まれ、1896.10歩兵第2・3連隊長、1898.2大佐、1898.3.近衛歩兵第2連隊長、1903.7歩兵第17旅団長、少将、日露戦争で遼陽会戦・奉天会戦に参戦、1907.7後備役、陸軍中将、1923.11.29死去。
受入公開
1970年、古書店より購入
主な内容
明治後期の書類が中心であり、特に新兵教育や近衛歩兵第2連隊の教育方法など、軍教育に関する資料が多い。他に歩兵17旅団第1種起動演習や近衛歩兵第2連隊などの演習計画に関する資料、1907年の児玉の訓示、地図、児玉宛書簡などがある。
検索手段
児玉如忠関係文書目録(PDF 185KB)
  • 国立国会図書館
  • 国立国会図書館オンライン
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡
  • 参考書誌研究